なぜミニ財布がこんなに人気?その3つの理由を現ミニ財布ユーザーが教えます

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,Saint Laurent,タイニー




最近メンズでも人気のミニ財布。僕も長財布からミニ財布に買い替えて、今は快適なミニ財布ライフを送っています。

ただなぜこれほど急にミニ財布がトレンドとして流行し始めたのか、正直自分でも疑問に思っていました。今ではハイブランド含め、様々なブランドから様々なデザインのミニ財布が続々と販売されていますし。

なので今回は、現ミニ財布ユーザーの僕が、ミニ財布が流行り始めた理由・支持される理由について、端的に綴ってみたいと思います。

ミニ財布への買い替えを検討中の方々のご参考になれば幸いです。



ミニ財布が人気の理由

あくまで僕個人の私見にはなってしまいますが、ミニ財布がレディース・メンズともに人気になってきた理由は、以下の点にあるのではないかと考えています。

①キャッシュレス化の急進

まず最も大きな理由と考えているのは「キャッシュレス化」が急速に進んできたということ。最近ではどんどんとキャッシュレス決済サービスが出てきています。例えばスマホ決済であれば以下のようなもの。

  • PayPay(運営:PayPay株式会社)
  • Apple Pay(運営:Apple)
  • LINE Pay(運営:LINE Pay株式会社)
  • d払い(運営:株式会社NTTドコモ)
  • 楽天ペイ(運営:楽天ペイメント株式会社)

あまりに数が多くてどれを使ったらいいかわからなくなってしまうほど。
スマホ決済以外にもクレジットカード決済もキャッシュレス決済サービスの一部ですが、これらを含めて様々な決済サービスが出てきたことで、キャッシュレス化が急速に進みましたよね。

それによって以前のように現金をたくさん持ち歩く必要がなくなってきている。ということは、収納力の高い大きな財布・長財布などがいらなくなり、逆にコンパクトなミニ財布の需要が高まったのではないかと思います。

ミニ財布,メンズ,小さい,軽い,おすすめ,人気,プレッソ
引用:Amazon

②ポイントカードの“アプリ化”

また、これまで財布の中に入れていて、意外とかさばることの多かった「店舗のポイントカード」も、どんどんとスマホアプリ化されてきているので、たくさん持ち歩く必要もなくなってきています。

簡単なポイントや割引クーポンくらいであれば、LINEで友達登録すると配信されるようなものも多い。スマホの普及によって、現金だけでなくこれらポイントカードを持ち歩かなくてよくなってきたのも、ミニ財布の流行・支持を後押ししているでしょう。

キャッシュレス決済,キャッシュレス化,理由,ミニ財布,PayPay


③お洒落なデザインのものが増えた

あと、シンプルにお洒落なデザインのミニ財布が増えてきたということも要因として挙げられるのではないでしょうか。

以前まではミニ財布を製造・販売しているメーカーやブランドも限られていましたし、デザイン性もあまりないモノが多かったのですが、近年ではハイブランドからも続々とスタイリッシュなミニ財布がリリースされてきています。特にメンズ・ユニセックスのミニ財布は、急激にデザインの幅が広がった印象。

今まであまりお洒落なものがなかったから敬遠していた人やビジネスマンもきっと多くいたと思うので、デザイン性の向上はミニ財布がファッショントレンドとしても流れを生み出した大きな理由と言えるでしょう。

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,ミニ財布

まとめ:今後もミニ財布が流行るのは確実。でも自分に合ったものを選ぶのが大事。

ミニ財布が流行している・人気の理由を、現ユーザーである僕なりにつらつらと綴ってみましたが、この理由が正しいとすれば(たぶん間違ってないと思います)、今後ミニ財布の人気はさらに高まっていくのではないでしょうか。

特にキャッシュレス化の波はどんどんと大きくなってきているので、むしろ財布というアイテムの存在意義が問われる時代になるかも。さすがにいきなり財布不要!なんてことにはならないにせよ、やはりコンパクト化の流れは止まらないはず。

ただミニ財布はコンパクトである反面、使い勝手という利点を意図的に削ぎ落としているので、購入・利用する際は自分の現在のライフスタイルに合わせて選ぶのが大切です。

現在ミニ財布の買い替えを考えている人は、下の記事も参考にしていただきながら、自分に合った財布を選んでみてくださいね。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪