現ミニ財布ユーザーである僕が、本当におすすめしたいミニ財布7選

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,ミニ財布




ミニ財布、かなり人気が出てきていますね。

僕は今年の5月から実際にミニ財布を使い始めたので、この人気ぶりをより感じます。明らかにトレンドとして注目され始めている。

その理由もよくわかるんですよね、確かに使っていてすごく便利だし、見た目もスマートでお洒落。そして何より最近は「PayPay」などのキャッシュレス決済サービスの普及もあって“キャッシュレス化”が進んできているので、財布にたくさんの現金を入れて持ち運ぶ必要性も薄れてきていますから。

なので今後さらに流行していくであろうミニ財布について、今回は現利用者である僕がその魅力やメリット・デメリットをお伝えしながら、おすすめのミニ財布を皆さんと共有したいと思います。


ミニ財布って、どんな財布のこと?

そもそも「ミニ財布」とはどんな財布のことを言うかというと、「小さい財布」のことです。言葉通りの回答ですみません。

実のところ僕自身も「ミニ財布」の定義をよくわかっていなかったので今回調べてみたのですが、「こういう条件に当てはまっていると、ミニ財布と言って良い」というような明確な定義はないみたいなんですよね。なのでとにかく「小さい財布」のことをミニ財布と呼ぶ、そうしておきたいと思います。

ただ実際にミニ財布を使っている僕からすると、ある程度“ミニ財布としての特徴”はあるんじゃないかなと思っています。

ミニ財布の特徴

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,Saint Laurent,タイニー

ミニ財布の現利用者である僕が考える“ミニ財布の特徴”は、以下になります。

  • サイズ:小さい(手のひらにおさまるくらい)
  • 重量:軽い(持っているのを忘れるくらい)
  • 収納力:低い(お札数枚、小銭少し、カード数枚程度)
  • 機能性:低い(お金も少し取り出しづらい)
  • 決して“小銭入れ”ではない(最低限、お札・小銭・数枚のカードは入る)

とにかく大前提としてコンパクトであるということ、これが一番の特徴と言えます。それゆえに非常に軽く、持ち運びやすい。

ただその利点を得ようとするがために、長財布などが持つ収納力や機能性といった特徴が意図的に削ぎ落とされている。これが僕が考えるミニ財布の特徴です。

ミニ財布の別の呼び方

財布,ミニ財布,メンズ,栃木レザー,本革,小さい,薄い,大人

あとミニ財布には別の呼び方もあるみたい。いろいろ調べてみたところ、以下の呼称を見つけました。

  • ミニウォレット
  • ミニマムウォレット
  • コンパクトウォレット
  • コンパクト財布
  • 小さい財布(←これは呼称と言っていいのだろうか)

いろいろと呼び名・表記の揺れはあるようですが、どれも同じミニ財布を指していると思われます(mono-tone調べ)。Webでアイテムを検索するときは参考にしてみてください。呼称を変えて検索するだけで、検索結果も変わるかも。

なぜミニ財布が流行っている?

そんなミニ財布が、なぜ流行っているのか。元々ミニ財布はレディースのファッショントレンドとして流行り始めましたが、最近ではメンズでも流行の兆しが見えてきていますよね。

この明らかな理由として1つあげられるのは「キャッシュレス化の急進」でしょう。最近ではどんどんとキャッシュレス決済サービスが出てきていますよね。「PayPay」「Apple Pay」「LINE Pay」などなど、あまりに数が多くてどれを使ったらいいかわからなくなってしまうほど。

でもこれら決済サービスが出てきたことでキャッシュレス化は確実に進んでおり、それによって以前のように現金を持ち歩く必要がなくなってきています。

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,Saint Laurent,ミニ

ということは、長財布のように大きな財布を使う必要もなくなってくる。時々使う必要最低限の現金さえ持っていれば十分。そういった背景が社会的に表出したことで、ミニ財布がトレンドとしても広がってきていると思います。

僕も長財布からミニ財布に買い換えた理由は、完全にこれ。もうPayPayかクレジットカードで日頃のほとんどの支払いが済んでしまいますからね。であればミニ財布を使って、少しでも身軽になりたい。そう思ったわけです。

その他ミニ財布が人気を集める理由については、以下の記事でも綴っていますので、気になる方はこちらもご覧ください。


ミニ財布のメリット・デメリット

そんなこんなでミニ財布を持つ人が多くなってきたわけですが、長財布ユーザーからすると「ミニ財布が自分に向いているのかわからない!」と感じている人も多いはず。そこでミニ財布への買い替えを考えている方のために、僕が考えるミニ財布のメリット・デメリットを下に整理してみました。

ミニ財布のメリット

  • とにかくコンパクト。持ち物がかさばらない
  • めちゃくちゃ軽いので疲れにくい
  • パンツのポケットにもすっぽり入る。
ミニ財布のデメリット

  • 収納力が低い(お札・小銭・カードが少量しか入らない)
  • お札を必ず折って入れなければいけない
  • 小銭が取り出しにくい(ことが多い)

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,おすすめ

メリットとしてはやはり一番大きいのは「小さい」ということに尽きます。小さいことにより、持ち物がかさばらなくなりますし、持っていても疲れないので、ストレスを軽減できる。

その分収納力に関して大きな犠牲を払うことに。お札・小銭はあまり入らないですし、カードも数枚しか収納できないことが多いので、この辺りがミニ財布のデメリットになります。

ただ財布って普段ほとんど使わないようなもの(特にカード系)までたくさん入っていたりするんですよね。なので財布の中身を整理してみると、意外とミニ財布でも収まってしまうことも多いので、上記のメリット・デメリットは個々人のライフスタイルによって変わってくるのではないでしょうか。

さらに詳しいミニ財布のメリット・デメリットは、下の記事でまとめていますので、こちらも併せてご覧ください。

ミニ財布の選び方

実際にミニ財布を購入する・長財布から買い換える場合、どのような点を意識して選べば良いのか。現・ミニ財布ユーザーである僕が意識したポイントは以下になります。

①サイズ

まずはサイズの違い。一口にミニ財布と言っても、実はサイズは色々とバリエーションがあり、ちょうど手のひらと同じくらいのものもあれば、もっと小さい超コンパクトなサイズなものもあったりします。

なので“どれだけコンパクトなものが良いのか”をあらかじめ考えた上で、どのミニ財布にするか決めると良いのではないでしょうか。

例えば「財布と携帯だけパンツのポケットに入れて、手ぶらで外出したい!」と思っているのなら、やはりミニ財布のサイズもなるべく小さめ、マチもなるべく薄いものが選択肢に並ぶはずです。

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,サイズ

②収納力

収納力もミニ財布購入時には大事なポイント。現金・カード類は本当に少量で良いという人なら、カードポケットなども少ない超シンプルなミニ財布でOKですが、「いくらミニ財布でも、多少は現金・カードも持っていないと不安…」という人は、ある程度収納力の高いものを選ばざるを得ません。そうなると自ずと財布のサイズはやや大きく(マチが厚く)なります。

僕がミニ財布を探していた時も、この収納力の部分で一番悩みました。特に悩んだのは「カードの収納限度枚数」。ミニ財布の場合はどうしてもカードがあまり入らないものが多いので。

自分の生活スタイルを考えたところ、最低でも運転免許証、保険証、クレジットカード、キャッシュカードの4枚は常時持ち歩かないといけなかったので、「収納限度枚数4枚以上」で候補を選ぶ形になりました。

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,おすすめ

③折り・形

3つ目は財布の「形状」ですが、ミニ財布はコンパクトであるがゆえに、多くのモノが二つ折りまたは三つ折りの形状になっています。それぞれ使い勝手が違ったり、折りの数によって財布の厚みも異なってくるので、この辺りも購入の際は検討要素として考えておきたいところ。

二つ折り・三つ折り以外だと「L字型」という独特な形のものもミニ財布にはあるので、意外と形状は個性が出しやすい部分かも。

財布,ミニ財布,メンズ,栃木レザー,本革,小さい,薄い,お洒落

実際に僕は二つ折り、三つ折り、L字型のどれも使ったことがあります。現在は主に三つ折りのものがメインになっていますが、旅行やアウトドアなどの限定的な場面では、より薄型のL字型のものも使ったり。L字型のおすすめ財布は以下の記事でご紹介しているので、気になる方はこちらもチェックしてみてください。


④ブランド

あとはブランドも重要。ここは価格にも影響してきますし。ミニ財布の流行に伴って、今では様々なブランドから商品が販売されていて、あまり知名度の高くないブランドのモノもあれば、ハイブランドからもたくさんラインナップが出されています。

僕の場合は一応会社を経営しているという立場もあるので、ある程度“恥ずかしくない”ブランドのものを候補として選んでいましたが、特にブランド名にこだわらないのであれば、とっても機能的でリーズナブルなものもあります。

この辺りは個々人の好みと予算で選ぶと良いのではないでしょうか。

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,Saint Laurent

⑤素材

最後は財布の素材。これも色々とあって、本革で経年変化(エイジング)が楽しめるものもあれば、軽量なナイロンのものまで様々。

長く使っていくつもりであれば、やはり本革のものがおすすめ。使っていくうちに革が柔らかくなって手に馴染んできますし、絶妙な艶加減も楽しむことができます。

ただ本革だと少し値段が高くなることが多いので、ここについても予算との相談にもなるかも。

僕が現在使っているおすすめのミニ財布はこれ

僕が現在実際に使用しているミニ財布は「Saint Laurent(サンローラン) タイニーウォレット」(46,200円)です。

財布,サンローラン,メンズ,レディース,三つ折り,ミニマル,小さい,コンパクト,タイニーウォレット

僕は元々使っていた長財布からミニ財布に買い替えた人間ですが、僕がミニ財布を探す上で重視していたのは以下の点です。

①30代ビジネスマンが持っていても恥ずかしくないブランドであること
②シンプルだけど、お洒落であること
③小さい(重たくない)こと
④小さければ、多少機能性が犠牲になるのはやむを得ないと己を信じ込ませること

これらの条件を見事に満たしていたのが「Saint Laurent(サンローラン) タイニーウォレット」でした。手のひらサイズでコンパクトですが、収納力も以外とあり、何よりミニマルでお洒落。ハイブランドのミニ財布が欲しい人には本当におすすめのアイテムです。

一応以下の記事で細かくレビューをしているので、収納力や実際の使い勝手など詳細を知りたい方はご覧ください。


その他おすすめのミニ財布6つ

僕は現在「Saint Laurent(サンローラン) タイニーウォレット」で大変満足していますが、実際購入を検討していた時は、他にも「これは良さそうだぞ」と感じたミニ財布がいくつかありましたし、その中から実際に購入してみたものもあります。これらもかなりおすすめなので、ご参考までに共有したいと思います。

PRESSo(プレッソ)

ミニ財布,メンズ,小さい,軽い,おすすめ,人気,プレッソ
引用:Amazon

まず1つ目は『PRESSo(プレッソ)』。キャッシュレス時代を意識して機能性・コンパクトさを徹底的に意識して作られたミニ財布。これは僕も最後まで購入を悩んだアイテムです。

大きさはほぼカードと同じサイズで、厚みはわずか7mmという驚きのコンパクトさ(カード3枚と紙幣4枚を入れても、薄さは1.5cm程度に収まるそうです)。それでいてカードカード3枚、紙幣4枚、小銭6枚まで収納できるので、ミニ財布としてかなり優秀。

熟成レザーが使われていて革の経年変化も楽しめるので、使えば使うほど“味”が出てくるのも魅力の1つです。


abrAsus(アブラサス) 薄い財布

ミニ財布,メンズ,小さい,軽い,おすすめ,人気,アプラサス
引用:Yahooショッピング

「abrAsus(アブラサス) 薄い財布」は“ポケットの中での快適さ”を追求したミニ財布。快適さに不可欠である“薄さ”にこだわり、世界一薄いメンズ用二つ折り革財布を目指したとのこと。

財布を開いた時の一覧性も高く、カードも比較的取り出しやすいデザインになっています。また鍵も収納できるポケットがあるので、このミニ財布を使えばキーケースも不要になる。とにかく持ち物を減らして身軽にしたい方におすすめのミニ財布だと思います。


Ideka ミニ財布

ミニ財布,メンズ,小さい,軽い,おすすめ,人気,Ideka
引用:APPBANK STORE

クラウドファンディングでも大人気の「Ideka」のミニ財布は、小さく薄いながらも収納力が抜群。カードも10枚近く入り、お札・小銭もしっかり収納できます。

またナイフでも傷がつかなかったり、スキミング防止機能まで搭載されているので、小柄なのに非常にタフな作り。なのでこのミニ財布は僕は日常使いだけでなく、持ち物を減らしたい海外旅行時の財布にぴったりなのではないかと考えています。

お値段も6,000〜7,000円前後で購入できるので、リーズナブルな点も嬉しい。


栃木レザー コインケース

財布,ミニ財布,メンズ,栃木レザー,本革,小さい,薄い,お洒落

この「栃木レザー コインケース」は、この記事の途中でも書いている通り、実際に僕が購入してみたL字型のミニ財布です。

この財布の特徴はとにかく薄いということ。厚さはメーカー公表で1cm程度(実際に測ってみると8mmくらいでした)。これならパンツのお尻のポケットに入れていてもゴワつかずにすっきり持ち歩けるので、旅行に持っていくと非常に便利。

値段も2,000円台で購入可能なので、まさに今流行のセカンド財布にぴったりなアイテムです。詳細は以下の記事を見てみてくださいね。


ジップ アラウンド コイン ウォレット(COACH)

ミニ財布,メンズ,小さい,軽い,おすすめ,人気,ハイブランド,コーチ
引用:COACH

ハイブランドのミニ財布でおすすめなものも共有しておきたいと思います。まず1つ目はコーチの「ジップ アラウンド コイン ウォレット」。とってもミニマルでシックな表情のミニ財布。

カード3枚、札入れ、小銭入れ、ポケットがついており、日常使いであれば十分な収納力。またジップウォレットなので、ジップを閉めておけば中を覗かれたり、鞄の中でお金などが外に飛び出てしまうこともありません。意外とこれ便利なんですよね。

さすがハイブランド、革の質も抜群。高級感のあるミニ財布を持ちたい方におすすめです。お値段も意外とお手頃。


CASH MINI WALLET(バレンシアガ)

ミニ財布,メンズ,小さい,軽い,おすすめ,人気,ハイブランド,バレンシアガ
引用:Amazon

ハイブランドでもう1つおすすめは根強い人気を誇るバレンシアガの「CASH MINI WALLET」。ブランドロゴの主張強めなミニ財布ですが、全体的には非常にミニマル。デザインは僕が使っているサンローランのタイニーウォレットに近いのではないでしょうか。

札入れ、小銭入れ、3つのカードポケットがあり、サイズも手のひらにすっぽり収まる小ささ。素材は牛革(カーフ)100%なので、長く使ってもへこたれることはないですし、何よりラグジュアリー感が抜群。

ビジネスシーンでチラ見えしても様になるスタイリッシュなミニ財布です。


当ブログの中の人の感想

とってもコンパクトで日常生活の邪魔にならないミニ財布。モノが溢れる時代において、あえてシンプルな生活を送っていく上では必須のアイテムだと思います。

また今後はキャッシュレス化もさらに加速していくことが予想されるので、ミニ財布の存在価値もぐんぐんと上昇していくはず。

現時点で販売されているミニ財布でも相当バリエーションがあるので、今回の記事で綴った「ミニ財布の選び方」「ミニ財布のメリット・デメリット」「おすすめのミニ財布」などもご参考にしていただきながら、ぜひ自分のライフスタイルに合ったミニ財布を見つけてみてくださいね。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪