• HOME
  • BLOG
  • 小物
  • ワイヤレスイヤホンの落下を100円で防止。ダイソー「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」が便利。

ワイヤレスイヤホンの落下を100円で防止。ダイソー「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」が便利。

ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,シンプル

百均で面白いアイテムを見つけました。

以前の記事でも綴りましたが、僕は普段完全ワイヤレスイヤホンを利用しています。ただ完全ワイヤレスイヤホンって、ポロっと耳から落ちてしまったり、ちょっと外したいときに置き場所に困ったり、微妙に不便なところもあるんですよね。そんな不便さを解消してくれるアイテムがダイソーにあったので、今回はその購入レビューを綴ります。

今回僕が購入したのは「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」です。

ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,安い

普段利用している完全ワイヤレスイヤホンはこれ

改めて僕が普段よく利用している完全ワイヤレスイヤホンをまとめると、こんな感じ。 AirPods(初代)はだいぶバッテリーが持たなくなってきているので、最近は登場機会が減っていますが、音質が良いので今だに現役です。

  • AirPods(初代)
  • TaoTronics「SoundLiberty 94」←片耳失くしてたけど先日見つかりました
  • SOUNDPEATS「TrueAir2」
  • 完全ワイヤレスイヤホンの微妙に不便なところ

    完全ワイヤレスイヤホンはケーブルがない(無線)ことが一番の特徴であり、一番便利なところでもありますが、ただそれによって微妙に不便な面もあります。それは耳からポロッと落ちてしまうこと。

    特にインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンだと、電車で誰かにぶつかったりするだけでもポロっと落ちて床に落下しちゃったり。最悪の場合、紛失してしまうことも。

    ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,軽量

    またちょっと外したい時も、意外と置き場所に困ったりもします。小さくてケーブルがないから、テキトーに置いてしまうと目立たなくてこれまた紛失の可能性が出てくる。

    無線であることで大きなメリットを得る代わりに、微妙なデメリット・使いづらさも生まれるわけです。僕も使っていて、この辺りは普段からよく感じていました。

    ダイソー「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」のここが良い

    そんな時に百均(ダイソー)を歩いていたら、その“微妙な不便さ”を解決してくれる面白いアイテム「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」を見つけたのです。改めてこの「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」の良いところをまとめてみると、こんな感じ。細かくは後述します。

  • 完全ワイヤレスイヤホンを「首から下げる」ことができるようになる
  • マグネット付きだからスッキリまとまる
  • 百均のアイテムなのでお財布にも優しい
  • 完全ワイヤレスイヤホンを「首から下げて」落下防止できる

    「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」の大きな特徴は、完全ワイヤレスイヤホンにストラップをつけて、ネックレスのようにループ状にして首から下げられるようにし、落下防止できるということ。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,長い

    「それじゃ完全ワイヤレスイヤホンじゃなくなっちゃうやん…」という声も聞こえてきそうです。はい、仰る通り。結局のところ、2つのイヤホンをストラップで繋ぐことで、“完全ワイヤレスイヤホン”をただの“ワイヤレスイヤホン”に変えてしまうわけですからね。イメージとしては、以前レビューを書いた格安ワイヤレスイヤホン「H8」みたいになります。

    でも、AirPodsとかSOUNDPEATS「TrueAir2」みたいなインナーイヤー型イヤホンだととにかく耳から落ちやすいので、落下リスクが高い時(満員電車乗車時、スポーツ・運動時等)だけ使うとか、場面を絞れば実はかなり使えるんじゃないかと思うわけです。

    首から下げられれば、ちょっとイヤホンを外したい時とかも便利ですし。

    マグネット付きだからスッキリまとまる

    しかもイヤホン装着部分にはマグネットが埋め込まれているので、首から下げた時にピタッと左右がくっついてくれる。ぶらぶらとイヤホンが暴れたりしないから、スッキリまとまって使いやすいんです。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,首から下げる

    百均のアイテムなのでお財布にも優しい

    値段ももちろん100円だから買いやすいし、壊れてしまっても安いので心的ダメージはほぼ皆無。すぐ買い直せばいいですもんね。そんなこんなで「これは意外と使えるアイテムなのでは?」と思い、早速購入してみました。

    メーカー公表の仕様

    念のため、「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」のメーカー公表の仕様も下に載せておきます。

  • 販売店:ダイソー
  • 素材:シリコン樹脂、磁石
  • サイズ:71cm
  • カラー展開:2色(ブラック、ホワイト)
  • 「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」を細かく見てみる

    先日ダイソーで購入したものが手元にあるので、「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」の全容をご紹介します。カラーバリエーションは2色しかなかったので、今回はブラックを購入しました。

    パッケージはベーシックなダイソーデザイン

    パッケージはこんな感じ(ちょっと端っこが潰れてしまいました)。「ザ・ダイソー」って感じのデザインです。ダイソー店内では商品数があまりにも多くて相変わらず探しづらいので、下の写真を元に見つけてみてください。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,

    ストラップはシリコン素材で柔らかな感触

    ストラップは全体がシリコン素材でできていて、柔らか。ここがかなり感触が良くて、自分的にはびっくりしました。これなら長時間首にかけていても痛くなることはまずないと思います。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,柔らかい

    イヤホン装着部はシンプルなリング状

    肝心のイヤホン装着部は、シンプルにリング状になっているだけでした。なので、ここにイヤホンをねじ込む感じになります。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,簡単

    リングの裏側(?)にマグネットが埋め込まれているようで、両端を近づければ、吸い付くようにくっつきます。

    ちなみに同じような商品って百均以外でもあるのかな?と思い、ちょっと調べてみたところ、Amazonで以下のようなアイテムが売ってました。「百均だと心許ない…」っていう人は、こっちを買ってみてもいいかもしれませんね。でも僕個人としては、ダイソーのものと変わらないと思っていますが。


    「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」を実際に使ってみた

    一通り「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」をチェックしたあとは、実際に完全ワイヤレスイヤホンにつけて使ってみました。

    AirPods(初代)につけてみた

    まずはAirPods(初代)につけてみると、こんな感じになりました。結構グッと力を入れて差し込む感じだったので、抜けてしまうことはないと思います。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,安い

    マグネットの磁力はそれほど強くなさそうですが、すぐ外れてしまうこともなさそう。なかなか良い感じです。ストラップの長さは71cmで、僕が首からかけたら、ちょうど胸の位置くらいになりました。長さとしてもちょうど良いですね(すみません、下の写真はスヌーピーがいっぱい描かれているパジャマを着ているので、イヤホンがめっちゃ見づらいです)。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,便利

    SOUNDPEATS「TrueAir2」にもつけてみた

    あと気になったのは「AirPods以外にもつくのか?」ということ。商品名に「AirPods用」って書かれているんですけど、形状的には他の完全ワイヤレスイヤホンにも装着できそうだったので、今回はSOUNDPEATS「TrueAir2」にもつけてみました。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,シンプル

    うん、やっぱりついた。全く違和感なくつきます。最近ではAirPods以外の完全ワイヤレスイヤホンを利用している人もかなり増えて着ているので、いろいろなモノで使えるのはありがたい。

    実際に使ってみた感じだと、おそらくステム部分(耳から飛び出るところ、AirPodsで言えば「うどん」と揶揄される部分)があるほとんどの完全ワイヤレスイヤホンで装着できるのではないかと思います。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,

    「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」の気になったところ

    完全ワイヤレスイヤホンの落下防止に役立つ「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」は、僕にとってなかなか良い感のアイテムだったのですが、気になるところもあったので、その点もまとめておきます。

    ステムがない完全ワイヤレスイヤホンには使えない

    まず1つは、ステムがない完全ワイヤレスイヤホンには使えないということ。AirPodsやSOUNDPEATS「TrueAir2」みたいにステムがある完全ワイヤレスイヤホンなら、前述の通りほとんどのモノに装着できると思うんですけど、TaoTronics「SoundLiberty 94」のようにステムがないモノだと、リング部にイヤホンを突っ込めないので使えません。

    ワイヤレスイヤホン,比較

    最近は色々な形状の完全ワイヤレスイヤホンが登場してきているので、ストラップ購入前に、ステムの有り・無しは確認が必要になります。

    ちょっとホコリがつきやすい

    あとこれはシリコン素材の宿命でもありますが、ちょっとホコリが付きやすい・目立つ気もします。色も黒だから、余計にそう見えるのかもしれませんが。気になる方は、ブラックではなくてホワイトのカラーを購入したほうが良さそうです。

    ダイソー,百均,ワイヤレスイヤホン,ストラップ,簡単

    あとはAmazonで売っている類似品ならオレンジなど別カラーのモノもあるみたいなので、そっちを購入してみるのもアリかも。


    このシリコンストラップが向いている人・向いていない人

    最後に改めて「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」の良いところ・悪いところを踏まえながら、「このシリコンストラップが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このシリコンストラップが向いている人

  • 完全ワイヤレスイヤホンを落下・失くしたことがある人
  • スポーツ・運動時に落下の不安なく完全ワイヤレスイヤホンを使いたい人
  • 完全ワイヤレスイヤホンの置き場所に困ったことがある人
  • このシリコンストラップが向いていない人

  • ステムがない完全ワイヤレスイヤホンを使っている人
  • ホコリが付くことにシビアな人
  • 当ブログの中の人の感想

    完全ワイヤレスイヤホンはめちゃくちゃ便利で普段の生活に欠かせないものとなっていますが、やっぱり落下・紛失リスクは常につきまとうもの。そんなリスクを「AirPods用シリコンストラップ マグネット付」なら100円である程度回避できるのだから、なかなかコスパの良いアイディア商品なのではないでしょうか。

    ステムがあるものであれば、AirPods以外のほとんどの完全ワイヤレスイヤホンで使えそうなのも嬉しいところ。イヤホンを落下・紛失して困ったことのあるの方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。

    もし百均のものだと不安…という場合は、下のようなものも販売されてるようなので、こちらも見てみると良いかもしれません。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事