• HOME
  • BLOG
  • 小物
  • 磁気エラー防止シートが効かない理由はこれ!防止シートを使った「正しい改札の通り方」を解説します

磁気エラー防止シートが効かない理由はこれ!防止シートを使った「正しい改札の通り方」を解説します

先日、僕が普段使っているダイソーの「磁気エラー防止シート」がコスパ抜群ということでご紹介しましたが、世の中では「百均のものだと効果がない!」とか「シートを挟んでいるのにエラーが起きてICカードが読み取れない!」なんていう声も時々あるみたいですね。

ただ、僕は今ダイソーのものを実際に使っていますが、エラーは一度も起きていません。実は、磁気エラー防止シートには「正しい使い方」というのがありまして、それをきちんと理解すれば、百均のものでもエラーは全く起きず、きちんと改札なども通ることができるんです。

今回は磁気エラー防止シートが効果がない!とお悩みの方に、その原因と解決方法をお伝えします。

磁気エラー防止シート,ダイソー,百均,安い,使える,薄い

磁気エラー防止シートの仕組み

磁気エラー防止シートの仕組みとしては、簡単に言ってしまえば「スマホからの磁気(信号)をICカード側に与えないようにしている」というもの。それによって双方での電波・磁気干渉を防いでいる、ということのようです。

磁気エラー防止シート,ダイソー,百均,安い,使える,

なので、使うときは必ずスマホとICカードの間に磁気エラー防止シートを挟む必要があります。

磁気エラー防止シート,ダイソー,百均,安い,使える,


磁気エラー防止シートが効かない(読み取りエラーになる)ケースはこれ

そんな磁気エラー防止シートですが、使っていて「効かない!」「エラーになって改札が通れない!」なんていう声も聞きます。僕も使い始めて結構経ちますが、昔は時々エラーが起きてしまい、改札でストップをくらったこともあり。

なので僕なりに何故うまく効かないのか・エラーになってしまうのかを色々調べたことがあったんですけど、主な原因と思われる答えに辿り着きました。それが以下の2つです。

交通系ICカードとシートが大きくズレていると効かない

これは磁気エラー防止シートのパッケージ裏にも大体書かれているのですが、交通系ICカードとシートが大きくズレていると、効かないことがあります。ズレによって磁気干渉が起きてしまうため。

磁気エラー防止シート,ダイソー,百均,安い,使える,ずらさない

なので、スマホと交通系ICカードの間にシートを挟む際は、ICカードと極力ズレないように入れる必要があります。背面ポケットなどを使っていると、入れる時に意外とクシャッとなってしまうこともあるので、注意が必要です。

改札にピタッとくっつけて通ろうとすると効かない

あと、これが一番大事なんですけど意外と知られていないのが、「改札のリーダーにピタッとくっつけるとエラーが起きやすい」ということ。磁気エラー防止シートを挟んだ交通系ICカードを改札のリーダーにかざすとき、ついしっかりと接触させがちだと思うんですが、これは逆効果で、これをやると高確率でエラーになって、改札でストップを食らいます。

磁気エラー防止シート,ダイソー,百均,安い,使える,

なのでピタッとくっつけずに「少しだけ浮かせる(リーダーから離す)」のが大事。具体的な「正しい通り方」は後述します。

磁気エラー防止シートを使った正しい改札の通り方

前述の読み取りエラーになるケース・注意点を踏まえ、「磁気エラー防止シートを使った正しい改札の通り方」を整理すると、以下のようになります。

①スマホケースと交通系ICカードの間にシートを挟む
②大きなズレ・シートの折れ曲がりがないことを確認する
③改札のリーダーに対して「数mm程度浮かせて(離して)」かざす
④ピッと鳴って無事通過

ポイントとしては、やっぱり③です。改札のリーダーにピタッとくっつけず、少し浮かせる。つまり「接触」はさせずに「かざす」だけでいい。

だいたい0.5〜1cmくらい浮かせてリーダーにかざすと、きちんとシートが効力を発揮してくれて改札が通れます。僕もこれを昔知らなくて、よく改札が通れなかったんですが、とある会社から販売されていた磁気エラー防止シートのパッケージにめちゃくちゃ小さい文字で「くっつけるとエラー起きやすいよ」って書かれてたんですよね。

これを知ってちょっと浮かせるようにしてからはエラーが起きずに通れるようになりました。その後100%エラーは起きていません、本当に。

「浮かせて、かざす」時のちょっとしたコツ

ただ、ピタッと接触させずに通る(少し浮かせる・離す)のが難しい!という人もいるかもしれません。そんな時は「少しだけ指が飛び出るようにスマホを持って、リーダーに近づける」のがコツ。例えば下の写真のような感じ。

磁気エラー防止シート,ダイソー,百均,安い,使える,使い方

こんな風に、スマホの下に少しだけ指が飛び出るように持って、リーダーに近づける。こうすればギリギリまで近づけた時に、飛び出てる指が先にリーダーに当たるので、スマホとリーダーの直接的な接触を避けられます。僕もいつもこの持ち方・かざし方で改札をスムーズに通っているので、お勧めです。

当ブログの中の人の感想

「百均の磁気エラー防止シートは効かない!」なんていう声もよく聞きますが、たぶんそれはこの「ちょっと浮かせる」というのができていないからなのではないかと僕は思ってます。ここさえしっかりやれば、百均のものでもちゃんと使えます。

そういう意味でも百均の「磁気エラー防止シート」はかなりコスパの良いアイテムだと思うので、スマホの背面カードポケットを使っている方はぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。

磁気エラーが嫌で背面カードポケットの購入を躊躇していた方も、当記事の解決方法を押さえておけば、何も恐れることはありません。


1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

関連記事