• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • 息を呑むほどのお洒落さ。FUJIFILM「X-E3」が軽量・コンパクトでスナップ撮影に最高。

息を呑むほどのお洒落さ。FUJIFILM「X-E3」が軽量・コンパクトでスナップ撮影に最高。

新しいカメラ、買いました。

僕は仕事でもプライベートでもよくカメラを使います。普段はSONYのαシリーズ(α7Ⅲ、α6600等)をメインカメラとして愛用しているのですが、今回衝動的に別メーカーのミラーレス一眼を買ってしまいました。

めちゃくちゃお気に入りになり、心が踊りまくっているので、今回そのカメラの購入レビューをサラッと綴りたいと思います。

今回僕が購入したのは、FUJIFILM「X-E3」です。

FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,スナップ

なぜFUJIFILMのカメラを買ったのか

まずそもそも、なぜ富士フイルムのカメラを買ったのかというと、先日の記事で綴った「FUJIFILM X100」がモロに影響しています。

「FUJIFILM X100」は元々父が使っていた10年以上前のコンデジだったわけですが、ちょっと試しに使ってみたら、これが驚くほどに写りがよかった。特によく賞賛される富士フイルムの「色味」が本当に素晴らしくて、その写りに感動してしまったのです(下の写真は「FUJIFILM X100」で撮影した撮って出しの2枚です)。

作例
作例

僕は富士フイルムのカメラは今まで使ったことがなかったのですが、その写りの良さに「これは他の富士フイルムのカメラも試してみたい…」という衝動が沸々と湧き上がって、思い切って一台購入してみることにしたのでした。

色々なメーカーのカメラを使ってみるのも、カメラの勉強にもなりますしね。

今回購入したのはFUJIFILM「X-E3」

ただ新しく購入するにしても、仕事で使うわけではないので、普段使いしやすいコンパクトなもの・スナップシューター的なミラーレス一眼を探すことに。

そこで色々と富士フイルムのカメラを物色する中で、「X-E3」を見つけました。このカメラは富士フイルムのミラーレス一眼カメラ群の中でも、コンパクトなボディでスナップ向きのシリーズ。

FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,センサーサイズ

シリーズ最新のボディは「X-E4」(2021年2月25日発売)という機種なのですが、このカメラは今めちゃくちゃ人気で、新品でも1〜2ヶ月待ちの状態(2021年10月現在)。もちろん中古も市場にはありませんでした。なので、僕は1世代型落ちになりますが、「X-E3」を購入することに。

FUJIFILM「X-E3」のここがいい

1世代型落ちとはいうものの、FUJIFILM「X-E3」は相当優れたカメラで、いまだに大人気の機種。改めてこのFUJIFILM「X-E3」の良いところをまとめてみると、こんな感じ。詳細については後述します。

  • とっても軽量・コンパクトなボディで携帯性抜群
  • デザインが死ぬほどお洒落
  • 写りも色味も抜群
  • 中古ならとっても安く購入可能(約5万円台)
  • APS-Cセンサーなのにとっても軽量・コンパクトなボディ

    FUJIFILM「X-E3」はAPS-Cセンサーのミラーレス一眼カメラ。結構大きなセンサーを積んでいるのに、とにかくボディが軽量・コンパクトなんです。そのサイズは手のひらに収まってしまうほど。


    実際のサイズは幅121.3mm×高さ73.9mm×奥行き42.7mmで、重さはなんと約337g(メーカー公表値)。僕が普段使っているSONY「α6600」は同じAPS-Cセンサーのカメラですが、重さは500gを超えています(これでも軽い方なんですけどね)。

    このサイズ感ですから、携帯性は抜群で、まさにスナップシューターとして最適なカメラ。

    デザインが死ぬほどお洒落

    そしてX-Eシリーズが人気を集める最大の理由が、ボディの「お洒落さ」。クラシカルでレトロなボディデザインになっていて、カメラ好きの心をくすぐります。というか、僕は心をえぐり取られて盗まれましたよ。

    FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,スナップ

    特に「X-E3」のデザインは僕はかなりお気に入りで、その無骨な表情がめちゃくちゃカッコいい。世の中では最新の「X-E4」の方がカッコいいという声が多いようですが、僕は「X-E3」の方が好きです。

    写りも色味も抜群

    気になる写りもすごく良い。1世代前のセンサー(X-Trans CMOS III)が使われていますが、それでも十分富士フイルムらしい描写・色味を出してくれます。富士フイルム伝統のカラーコントロール機能「フィルムシミュレーション」ももちろん搭載。人気の「クラシッククローム」も使えます。


    中古ならとっても安く購入可能

    そんな素晴らしいカメラですが、今はかなり市場価格が下がってきていて、中古ならなんと5万円台で購入できてしまうという安さ。僕は今回マップカメラで「美品」を買いました。

    これからミラーレス一眼カメラを始める!という初心者さんにも買いやすい価格です。

    メーカー公表の主な仕様

    念のため、FUJIFILM「X-E3」のメーカー公表の主な仕様も下に載せておきます。

  • メーカー:富士フイルム
  • 有効画素数:約2,430万画素
  • 撮像素子:23.5mm×15.6mm(APS-Cサイズ) X-Trans CMOS IIIセンサー、原色フィルター採用
  • 記録メディア:SDカード(~2GB)/SDHCカード(~32GB)/SDXCカード(~256GB)UHS-Ⅰ対応
  • カラー展開:2色(ブラック、シルバー)
  • レンズマウント:Xマウント
  • 感度:ISO200~12800
  • ボディ内手振れ補正:なし
  • シャッタースピード:メカシャッター 最大1/4,000秒、電子シャッター 最大1/32,000秒
  • 連写:メカシャッター 最大8コマ/秒、電子シャッター 最大14コマ/秒
  • AF方式:インテリジェントハイブリッドAF
  • インターバルタイマー撮影:あり
  • ファインダー:0.39型有機ELファインダー 約236万ドット
  • タッチパネル機能:あり
  • フィルムシミュレーションモード:15モード(PROVIA/スタンダード、Velvia/ビビッド、ASTIA/ソフト、クラシッククローム、PRO Neg.Hi、PRO Neg.Std、モノクロ、モノクロ+Yeフィルター、モノクロ+Rフィルター、モノクロ+Gフィルター、セピア、ACROS、ACROS+Yeフィルター、ACROS+Rフィルター、ACROS+Gフィルター)
  • 動画:Full HD 60p、4K 30pまで
  • 電源:充電式バッテリーNP-W126S
  • 寸法:(幅)121.3mm×(高さ)73.9mm×(奥行き)42.7mm (奥行き最薄部 32.4mm)
  • 重量:約337g(付属バッテリー、メモリーカード含む)
  • 動作環境(温度):0~40℃
  • 起動時間:約0.4秒

  • FUJIFILM「X-E3」をざっくり見てみる

    先日マップカメラで購入したものが手元にあるので、FUJIFILM「X-E3」の全容をご紹介します。カラーバリエーションは2色で、僕は今回ブラックを購入しました。このブラックの方が品薄みたいで、中古市場でも現在あまり出回っていないみたい。

    全体外観はクラシカルでとにかくお洒落

    外観はやっぱりとにかくお洒落。前述の通りクラシカルなデザインになっていますが、それでいてどこか現代的なスタイリッシュさも感じます。このデザインの良さは他のメーカーのカメラ含めても圧倒していますね。

    FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,

    全体に張られているレザーもシボ加工がされていて、見た目も手触りもいい。持っているだけでテンション爆上がりです。

    センサー周りの作りもしっかり

    大事なセンサーはAPS-Cサイズ。マウント部分も作りはしっかりしていて、比較的安価なカメラではありますが、高級感があります。


    FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,レバー

    センサー左下のところには、フォーカス方式を切り替えることができるレバーもついています。これが意外とありがたい。わざわざメニュー画面を開いてオート・マニュアルとかを切り替えるのって、意外と面倒なので。

    小さいけれどグリップも付いている

    FUJIFILM「X-E3」のデザインの特徴としては、右手で握る部分にグリップが付いていること。とても小さいものではありますが、これがあるだけで握り心地がだいぶ違います。僕的には見た目も付いていた方が好き。


    最新の「X-E4」は超ミニマルなデザインで、このグリップがなくなっているんですよね。ここは賛否が分かれているところで、「グリップがあった方がいい!」という声は結構多いみたい。

    軍艦部分は「ザ・富士フイルム」

    カメラ上部の軍艦部分は、こんな感じ。まさに「ザ・富士フイルム」といった構成で、シャッタースピード調整や露出補正を行うダイヤルが付いています。

    FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,ダイヤル

    ここの部分は他メーカーのカメラと大きくデザインが違うので、使い慣れるまでは少し苦戦しそう。でも、メカメカしい感じでお洒落ではありますね。

    背面液晶は固定式

    背面はこんな感じ。小さいボディですが、フォーカスレバーもちゃんと付いています。ただ背面液晶はチルト式でもバリアングルでもないので動きません。ここがこのカメラの弱点かもしれないですね。

    FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,フォーカスレバー

    右親指グリップ位置にサムレストあり

    あと細かいところではありますが、FUJIFILM「X-E3」には右親指位置に小さな突起(サムレスト)があるので、よりグリップ感が高められていました。


    最新の「X-E4」にはこのサムレストもありません。そういう意味では「X-E3」の方が使いやすさは高いでしょうね(実際に先日家電量販店で「X-E4」をちょっと触ってきましたが、結構グリップしづらくて不安でした)。

    最新の機種ではありませんが、僕的にはデザインやグリップ感の高さから「X-E3」の方がやっぱり好きかも。


    カメラにレンズを付けてみた

    一通り全体をチェックした後は、カメラボディにレンズを付けてみました。今回FUJIFILM「X-E3」と一緒に購入したレンズはXマウント「フジノンレンズ XF35mmF2 R WR」です(このレンズについては、また別の記事でレビューを綴りたいと思いますので、今回はとりあえずカメラに装着した感じだけお伝えします)。

    フジノン,23mm,f2,小さい,軽い,コンパクト

    カメラボディがとてもコンパクトなので、レンズもなるべく小さいものにしようと思い、焦点距離も標準域で使いやすそうなこのレンズを選んでみました。なかなか付けた感じもかっこいいですね。

    FUJIFILM,富士,xe3,ミラーレス,小さい,かっこいい,お洒落,安い

    このレンズ自体もとっても軽いので、「X-E3」とレンズを合わせても約500g程度。非常に軽い。本当にスナップにはもってこいです。

    このカメラが向いている人・向いていない人

    最後に改めてFUJIFILM「X-E3」の良いところ・気になったところを踏まえながら、「このカメラが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このカメラが向いている人

  • やっぱりカメラもお洒落なじゃなくちゃね!な人
  • とってもコンパクト・軽量で持ち運びやすいカメラが欲しい人
  • 富士フイルムの色味に感動したい人
  • このカメラが向いていない人

  • ローアングルの撮影がしやすい・自撮りができるカメラがいい人
  • 最新のフィルムシミュレーションが使いたい人
  • とにかくコンパクト・軽量でお洒落なカメラが欲しい人は、FUJIFILM「X-E3」はすごくぴったりだと思います。写りも素晴らしいですし。

    ただ、背面液晶が動かずローアングル撮影や自撮りがちょっと撮りづらいところはこのカメラの弱点ではあるので、そういった撮影がしたい人は、やっぱり最新の「X-E4」の方が向いているかと思います。あと最新のフィルムシミュレーションも「X-E3」には入っていないので、その点も注意が必要です。

    当ブログの中の人の感想

    今回初めて富士フイルムのカメラを購入してみましたが、本当に大満足。写り・デザイン・持ち運びやすさ・値段、どれをとっても素晴らしい。

    APS-Cセンサーということで、仕事ではちょっと使いづらいですが、普段使いのカメラとして今後大活躍してくれそうです。

    お値段も中古で5万円台と、このクラスのカメラとしては格安なので、カメラ初心者さんにもお勧めです。気になる方はぜひ一度チェックしてみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事