• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • PeakDesign「スライド ライト」購入レビュー。長さ調節しやすい・短いストラップの最適解。

PeakDesign「スライド ライト」購入レビュー。長さ調節しやすい・短いストラップの最適解。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,長さ調節
先日、ピークデザインのカメラストラップ「PeakDesign スライド ライト」を購入しました。

このストラップは簡単に着脱・長さ調整できるのが特徴で、カメラ愛好家からも以前から高い支持を得ているアクセサリーです。

実際に使ってみてかなり使い勝手も良かったので、ぜひ皆さんと情報共有できればと思い、今回購入・使用レビューを綴ることにしました。

カメラストラップの購入・買い替えを検討している方の参考になれば幸いです。

この記事を読むとわかること

  • PeakDesign「スライド ライト」の特徴
  • PeakDesign「スライド ライト」の良いところ・残念なところ
  • PeakDesign「スライド ライト」のデザイン・仕様
  • PeakDesign「スライド ライト」の使い勝手
  • PeakDesign「スライド ライト」が誰に向いているか

PeakDesignとは?

まずはPeakDesignついて簡単に補足しておきます(カメラ好きな方はみんな知ってるだろうけど)。

PeakDesignはカメラの周辺アクセサリーを製造・販売している企業で、2010年にアメリカのキックスターターで資金募集を成功させたことが、今の人気の始まりとなっています(意外と若い企業なんですよね)。


カメラをバッグのストラップに引っ掛けて着脱できるカメラホルスター「キャプチャー」や「アンカーリンクス」など、今やカメラ愛好家の間では定番にもなっているアイテム・アクセサリーを多数輩出しており、世界中にファンがいる人気企業。

僕もアンカーリンクスは昔から愛用しています。本当に便利。

今回はそんなPeakDesignから販売されているカメラストラップを新しく購入してみました。

これまでのカメラストラップの不満点

そもそもなぜ新しくカメラストラップを購入しようと思ったかと言うと、理由としては以下の2つがありました。

新しくカメラストラップを購入しようと思った理由はこれ

  • 短いストラップが欲しかった
  • 長さ調節が簡単にできるストラップがよかった

カメラストラップは短い方が使いやすい(気がしている)

要は「長さ」に不満があったんですよね。これは個人的な意見なんですけど、カメラストラップって短めの方が使いやすい気がするんです。

カメラストラップ,短い

長いと首から下げて歩いていると、カメラがめちゃくちゃ揺れやすくて、お腹にボンボン当たって痛いんだもの。

それにスナップしてる時は、短ければより速くパッとカメラを構えてシャッターを切れるし。

でも短いストラップってなかなか無い

ただ、意外と短いストラップ、または瞬時に短く調整できるストラップ(スリングストラップ)って売ってないんですよね。

Amazonで探しても、出てくるのはプロが使うごっついスリングストラップばかり。そんなの街中スナップじゃ使えん。

そんな半ば諦めかけていた時に、今回購入したPeakDesign「スライド ライト」に出会ったのでした。

PeakDesign「スライド ライト」の特徴

そんなようやく見つけたPeakDesign「スライド ライト」ですが、このカメラストラップは機能性が高くてなかなか優れもの。

以下のような特徴がある中で、特に良いなと感じたところをもう少し細かくご紹介します。

PeakDesign「スライド ライト」の主な特徴

  • アジャスター部分を“スライド”させるだけで簡単に長さ調節ができる。
  • 長さによって3タイプの使い方ができる。
  • 滑らかな素材・質感だから長さ調節・カメラを構える際にやりやすい。
  • 両端に「アンカーリンクス」が付いているので着脱が簡単。
  • 重いフルサイズ一眼でも支えられる高い耐荷重性。
  • 滑り止めグリップが付いている。

簡単に長さ調節できる

まず素晴らしいのが「アジャスター部分を“スライド”させるだけで簡単に長さ調節ができる」というところ。

PeakDesign「スライド ライト」にはベルトのバックルのようなアジャスターがついているんですが、この部分を「開く→スライドする(引っ張る)」の簡単アクションだけで、長くしたり短くしたりがすぐできちゃうんです。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,アジャスター,長さ調整

だから体にフィットするくらいの短さにしたり、外すときは一時的に長くしたり。そんなことが自由自在にできるという便利さが素晴らしい。

長さによって3タイプの使い方ができる

長さ調節が簡単であるがゆえに、使い方も色々。PeakDesign「スライド ライト」は通常の首からさげるネックストラップとして使うだけでなく、肩にかけるスリングストラップやショルダーストラップとしても使えちゃう。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,パッケージ

これってつまり、それだけ「短くできる」ってことなんですよね。僕が探し求めていた短めストラップとしての活躍が十分期待できる。よき。

両端に「アンカーリンクス」が付いているので着脱が簡単

またピークデザインの製品だけあって、PeakDesign「スライド ライト」の両端には「アンカーリンクス」が付属しています。なのでカメラボディからの着脱もすごく簡単。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,アンカー

カメラの取り回しの良さを隅々まで考えて作られているところが、プロダクトデザインとして非常によくできていますね。

その他、耐荷重も高いし、素材の質感も滑らか。滑り止めもついてる。かなり総合力の高いカメラストラップではないでしょうか。

PeakDesign「スライド ライト」の主な仕様

念のため、PeakDesign「スライド ライト」の主な仕様も載せておきます。他のカメラストラップと比較する際の参考にどうぞ。

ブランドPeakDesign
商品名スライド ライト
製品コードSLL-SG-3
ストラップ長99-145cm
ストラップ幅3.2cm
重量104g
カラー展開3色(ブラック、アッシュ、セージ)
価格8,800円(税込/通常販売価格)

PeakDesign「スライド ライト」の外観・パーツ等を見てみる

続いてPeakDesign「スライド ライト」の外観(デザイン)・パーツ等の細部をチェック。

他にも色々なブランドからカメラストラップは販売されていると思うので、それらとデザイン面や素材感で比較したい方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

同梱物:ストラップ本体の他にアンカーも入ってた

梱包を開けると、早速PeakDesign「スライド ライト」本体がお目見え。その他には、アンカー×4、カメラ底部装着用のアンカーマウント、六角レンチ、ポーチが同梱されていました。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,同梱物

アンカーが4つ入っていたのはなかなか嬉しい。これは消耗品ですからね。

またカメラ底部装着用のアンカーマウントもありがたい。なかなか気が利いた同梱内容です。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,カメラ底

ストラップ:シートベルトのような見た目だけど手触りは非常に滑らか

まずはPeakDesign「スライド ライト」のストラップ部分ですが、パッと見は正直車のシートベルトみたいに見える。

ただ、素材は全然違くて、これが触ってみるとびっくりするんですが、めちゃくちゃスベスベしてて滑らかでした。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,柔らかい

手触りの良さがすごい。なんかずっとスリスリ触っていたくなるくらい笑。そのため全く安っぽさはなく、むしろ表面の艶といい、高級感すら漂っています。

これだけ滑らかな素材感なので、「スライド」させる時も引っかかることはなさそう。

ちなみにストラップの一部分には滑り止めもついています。使い勝手もよき。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,滑り止め

そして両端は先に書いた通りピークデザイン名物・アンカーリンクスがくっついていました。

これですでに所有していたアンカーリンクスは他のストラップに使い回せます。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,アンカーリンクス

アジャスター:シルバーの質感がこれまた良い

長さ調節を行うアジャスター部分も、シルバーの質感が渋くて良い感じ。細部まで結構高級感がありますね。安っぽさは全然ありません。

ピークデザイン,ストラップ,スライド,ライト,セージ,アジャスター,長さ調整

ただアジャスターのすぐ下のところに「PeakDesign」と刻印されたレザーロゴが入っていたんですけど、個人的にはこれはいらないかな。ミニマル野郎なもので。

NextPage:実際にストラップをカメラにつけてみた。

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事