• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • 貼るだけでSONY「RX100M5」がクラシカルでおしゃれになるレザーフィルムがよき。

貼るだけでSONY「RX100M5」がクラシカルでおしゃれになるレザーフィルムがよき。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」の貼り方

2016年に発売され、いまだに根強い人気を誇るSONYのコンパクトデジタルカメラ「RX100M5(RX100V)」。僕も大好きで、旅行などでは必ず持って行くカメラです。

そんなとっても愛着のあるRX100M5を、さらにカッコ良く“変身させてくれる”レザーフィルム「UNX-8603」を今回購入してみました。

カメラ本体にペタッと貼り付けるだけで、高級感のあるレザーの風合いが楽しめるようになるこのフィルム。

かなり良いお買い物になったので、今回はこのアクセサリーの購入・使用レビューを綴ります。

この記事を読むとわかること

  • RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」の特徴
  • RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」の良いところ・残念なところ
  • RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」のデザイン・仕様
  • RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」が誰に向いているか
created by Rinker
¥1,530 (2022/12/01 15:14:04時点 楽天市場調べ-詳細)

僕の大好きなコンデジ「RX100M5」はこんなカメラ

まず最初に、僕がこよなく愛するSONYのコンデジ「RX100M5」について、少しだけ紹介させてほしい。

「RX100M5」は2016年に発売された高級コンデジで、すでに後継機もいくつか出ているにもかかわらず、SONYユーザーの間でもいまだに根強い人気を誇っている一台です。

「RX100M5」って、個人的にはすごく“バランスの良いコンデジ”という印象なんですよね。特徴としては以下の点が挙げられます。

SONY「RX100M5」の特徴

  • 使い勝手のいいズームレンジ(24mm〜70mm)
  • レンズが明るい(F1.8〜2.8)
  • AFがかなり速い
  • 動画性能も高い(4K・Log撮影可能)
  • タイムラプス撮影も可能
  • チルト液晶で自撮りもOK
  • それでいてボディがコンパクト・軽量

こんな感じで、とにかくスチールも動画も両方バランスがいいんです。なので普段使いだけでなく、旅行などにも最高。

いつもバッグやポケットに入れておきたくなるのカメラなので、僕もいまだに愛用しています。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」を開封

そんな大好きなRX100M5を、さらにおしゃれに・カッコよくドレスアップできるアクセサリーとして、今回「UNX-8603」というレザーフィルムを購入してみました。

このフィルムは、貼るだけでRX100M5の外観をレザー風にしてくれるもの。何も貼らなくても十分カッコいいとは思うんですけど、レザー風になるとちょっとクラシカルな雰囲気が出るので、これもまた良いですよね。

同梱物

パッケージの中身としては、RX100M5に貼り付けるレザーふうのフィルムだけ。シンプルですね。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」

フィルムの形状

フィルムの形状としては、RX100M5のボディに合わせて形作られています。

そして貼り付ける場所に応じてフィルムがパーツ単位で分かれており、自由に貼り付けできる仕組みになっていました。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」

カメラ前面だけでなく、軍艦部・底面も用意されています。ただ背面はないみたい。

各部ぴったり貼り付けられるのか、この時点では少し不安もある笑。

フィルムの質感

フィルムの質感は、まさにレザーそのもの。少しシボ加工がされているような感じなので、高級感がありますね。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」は高級感あり

手触りはしっとりと手に吸い付くような触感です。

その他主な仕様

念のため、RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」のメーカー公表の仕様も下に載せておきます。

ブランドユーエヌ|UN
型番UNX8603
発売日2019年3月25日
価格オープン価格
※実際にはEC等で1,500円前後で購入できます。
created by Rinker
¥1,530 (2022/12/01 15:14:04時点 楽天市場調べ-詳細)

早速RX100M5にフィルムを貼ってみた

全体をチェックした後は、早速RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」をカメラボディに貼り付けてみることに。

今回は全部貼らずに、カメラボディの下から3/4くらいまでの部分にフィルムを貼ることにしました。全部貼るより、この方がクラシカルな雰囲気が出そうだったので。

まずは純正のハンドグリップを剥がす

僕はすでにRX100M5の右側にSONY純正のアタッチメントグリップ「AG-R2」を貼り付けていたので、まずはこいつを剥がします。

RX100M5の純正ハンドグリップ

このハンドグリップのあり・なしで、握り心地がかなり変わってくるから、正直剥がすのは残念なのだけれども…今回はおしゃれさを優先。

えいやっ!と勢いで剥がします。

RX100M5用の純正ハンドグリップを剥がした様子

見事なまでのジャストサイズ

剥がし跡を綺麗に拭き取ったら、あとはフィルムを貼るだけ。カメラボディの形状に合わせて、慎重に貼り付けます。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」の貼り方

うん、見事にピッタリ! さすがにRX100M5用に作られているだけあって本当にジャストサイズで、どこもはみ出たりしませんでした。

RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」を貼った様子
RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」でドレスアップしてみた

ボディ前面左下についているZeissのロゴ部分も、本当にピッタリサイズ。もはや最初からレザーボディだったのでは?と勘違いしちゃいそうなレベルで違和感がありません。こりゃいいね。

created by Rinker
¥1,530 (2022/12/01 15:14:04時点 楽天市場調べ-詳細)
NextPage:RX100M5用カスタムレザーフィルム「UNX-8603」のよかった点・残念だった点は?

編集者兼アートディレクター。カメラ・ガジェット・便利雑貨等を買ってはわかりやすくレビューしまくる人。

関連記事