• HOME
  • BLOG
  • ガジェット
  • ノイキャン・外音取り込みできて6千円台。TaoTronics「SoundLiberty 94」のコスパが最強過ぎる。

ノイキャン・外音取り込みできて6千円台。TaoTronics「SoundLiberty 94」のコスパが最強過ぎる。

ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,お洒落

新しいワイヤレスイヤホンに買い替えました。

ワイヤレスイヤホンといえばAppleの「AirPods」が人気ですが、今回僕が購入したのは別のメーカーのもの。しかもとっても安いのに高性能というコスパ抜群なワイヤレスイヤホンです。

すごく良いアイテムだったので、みなさんとぜひ共有したいと思い、今回はその購入レビューを綴ることにしました。これからワイヤレスイヤホンの購入や買い替えを検討されている方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのはTaoTronics「SoundLiberty 94」です。

ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,タップ

ワイヤレスイヤホンを新しく買い替えたワケ

僕は普段音楽を聴くときは、仕事中やプライベートでは以前購入した「VANKYO CY750」のワイヤレスヘッドホンを、ジムに行ったりランニングをしたりする時は3年ほど前に購入したAppleの「AirPods 第一世代」を使っています。

ただAirPodsの調子が最近悪く、バッテリーも満充電から1〜1.5時間くらいしか持たなくなってしまったんですよね。こういうガジェットって2〜3年が寿命なんですかね?

僕は特にジムに行く時などはワイヤレスイヤホンが必須なので、これは買い替えが必要だぞ、となりました。

新しいワイヤレスイヤホンを選ぶ際に重視していたこと

そんなこんなで買い替えるためにワイヤレスイヤホンを探し始めたワケですが、今回僕が選ぶ際に重視していた点は以下になります。

  • ノイズキャンセリング機能が付いていること
  • 軽量であること
  • 生活防水であること
  • 価格がなるべく安いものであること
  • 以上の4点。前述の通り僕は運動をするときにワイヤレスイヤホンを使うので、小型・防水であるのは必須。さらに運動に集中したいので、できればノイズキャンセリング機能も付いていてほしい。

    そしてその上で価格がなるべく安いもの、できれば1万円前後で買えないかなと考えていました。あくまで運動時しか付けないので、AirPodsほどの値段は正直出したくなかったのです笑。

    TaoTronics「SoundLiberty 94」のここが良い

    そんな条件で今回ワイヤレスイヤホンを探していたわけですが、Amazonで探していたらすごく良いのが見つかりました。それがTaoTronics「SoundLiberty 94」です。

    特に僕が気に入ったところは以下の点です。

  • ノイズキャンセリング機能が付いた完全ワイヤレスイヤホン(最大35dBのノイズ低減効果)
  • 外音取り込み機能も付いているからイヤホンを装着していても外の音が聞き取りやすい
  • 生活防水&超軽量を実現
  • それでいて価格がまさかの1万円以下
  • ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,シンプル

    僕が重要視していた条件であるノイズキャンセリング機能(ANCモード)や生活防水などを全てクリア。そしてさらに嬉しいことにTaoTronics「SoundLiberty 94」には『外音取り込み機能』が付いているんです。

    一般的にノイズキャンセリング機能付きのイヤホンの場合、耳に入れるイヤースピースが耳穴を完全に塞ぐ“カナル型”であることがほとんどなんですけど(そうじゃないとノイズキャンセリングが効きづらくなるため)、そのカナル型イヤホンの弱点って「着けている時に外の音がめちゃくちゃ聞こえづらくなる」ことなんですよね。これが結構不便。車が近づいてきてても気づかなくて危ないし。

    でも外音取り込み機能が付いていると、イヤーピースが耳穴を完全に塞いでいても外の音が聞こえるようになるので、例えば装着しながらコンビニに入っても店員さんの声がちゃんと聞き取れるし、道を歩いている時も車や自転車が接近してくるのもわかるようになります。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,カナル式

    なので最近はこの外音取り込み機能付きのワイヤレスイヤホンが色々と出始めたんですが、この機能が付いていると、だいたい価格が1万円後半〜2万円を超えてくることが多い。でもTaoTronics「SoundLiberty 94」はこの外音取り込み機能まで付いているのに、なんと値段が1万円以下という奇跡。

    しかもですよ、Amazonだと3,000円オフのクーポンがよく付けられているので、最終的にはまさかの6千円台で購入可能なんです。コスパが良過ぎるでしょう。

    というわけで、これは買わなきゃ損だと思ってAmazonでポチったわけです。
    念のため、TaoTronics「SoundLiberty 94」のメーカー公表の仕様も以下に載せておきます。

  • ブランド:TaoTronics
  • 接続方式:完全ワイヤレス
  • 装着方式:カナル型(密閉型)
  • コネクタ:USB Type C
  • Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.1
  • コアクティブノイズキャンセリング:ハイブリッド型ANC
  • 再生時間:単体最大8時間(ANCモードで約5時間)、合計最大24時間(ANCモードで約20時間)
  • 充電時間:約2時間
  • 通信距離:約10m
  • 防水等級:IPX4防水防汗(イヤホンのみ)
  • 搭載機能:外音取り込み機能、自動ペアリング機能、タッチコントロール、片耳モード等
  • カラー:黒のみ

  • TaoTronics「SoundLiberty 94」を細かくみてみる

    先日Amazonで購入したものが手元にあるので、TaoTronics「SoundLiberty 94」の全容を改めてご紹介します。今回購入した時の値段は3,000円クーポンを使って6,999円(税込)でした。本当に安い。

    同封物

    まずは本体と同封物。入っていたのはワイヤレスイヤホン本体と充電用のUSB-Cケーブル1本、スペアのイヤーピース(サイズが異なるもの)、説明書でした。シンプル。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,同封物

    イヤホンケース

    ケースはとってもシンプルでミニマルなデザイン。ケース上部にTaoTronicsのロゴが薄っすら入っています。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,かっこいい

    ケース裏側下部には充電用の穴が開いていて、ここに直接ケーブルを挿すと充電できます。バッテリーの残量表示は表側下部のLEDライト4つで。なかなかスタイリッシュですね。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,充電
    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,バッテリー

    ケースのサイズ的には少し大きめでしょうか。まぁ最近のワイヤレスイヤホンのケースは比較的大きいものが多いようですけど。

    これまで使っていたAirPods第一世代と比較すると、こんな感じ。AirPodsのケースが特に小さいのもあって、比較すると結構TaoTronics「SoundLiberty 94」の方が大きく見えます。特に厚みがありますね。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,小さい
    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,厚い

    イヤホン本体

    ケースを開けるとイヤホン登場。こちらもなかなかお洒落なデザイン。全体はプラスチックなので、近くで見るとやっぱり値段相応の安っぽさは少し感じますが、遠目なら全くわからないのでは。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,イヤホン
    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,タップ

    イヤーピースは最初ミディアムサイズが付いていますが、サイズが合わない場合は大小のスペアに取り替えることも可能です。僕は耳の穴がちょっと小さいので、今度小さいイヤーピースに替えようと思っています。サイズ違いのものを複数用意してくれているのは嬉しい。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,カナル式

    イヤホンのサイズ的はどうでしょうかね?TaoTronics「SoundLiberty 94」はデザインが丸くコロッとしているので、AirPodsを使っていた人間からするとこちらもちょっと大きい気も。耳が小さい人は付けていて少し目立つかもしれないので、この辺りは好みが分かれるところかもしれません。耳の大きい人は全く問題ないですね。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,コンパクト

    ケースにはマグネット?が内蔵されているようなので、イヤホンをラフに入れても「カチャッ」とぴったり入ってくれます。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,ケース


    TaoTronics「SoundLiberty 94」を実際に使ってみた

    ひと通りチェックした後は、実際にTaoTronics「SoundLiberty 94」を使ってみました。

    デバイスとの接続

    まずデバイスとの接続ですが、とっても簡単でした(今回はiPhone SE2に接続してみました)。ケースからイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードになるので、初回接続時はiPhoneの画面に表示される「TAOTRONICS SoundLiberty 94」という文字をタップするだけ。

    次回以降はケースから取り出すだけで何もしなくても自動接続されます。


    TaoTronics「SoundLiberty 94」ができること

    TaoTronics「SoundLiberty 94」では以下の機能があります。前述の通りノイズキャンセリングができるし、外音取り込みも可能。あとは「片耳だけでも聴ける」という片耳モードがあるのも意外と嬉しいところ。

  • ハイブリッドアクティブノイズキャンセリング(ANC)機能によって最大35dBのノイズを低減
  • 外音取り込みモード(アンビエントモード)搭載
  • MCSync技術で遅延や音飛びを軽減
  • 自動ペアリング機能搭載
  • 片耳モード・両耳モード搭載
  • イヤホン単体で最大8時間(ANCモードで約5時間)、充電ケース併用で最大24時間の音楽再生
  • TaoTronics「SoundLiberty 94」の操作方法

    TaoTronics「SoundLiberty 94」の操作は基本的にイヤホン外側(タッチコントロール)のタップで行います。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,タップ

    「右イヤホンを1回タップする」「左イヤホンを2秒間長押しする」など、操作方法が細かく分かれていて、全部を使いこなそうと思うと覚えるまでに少し時間がかかるかも。忘れないようにそれぞれの方法を以下の表の通りまとめておきます(僕の備忘録です)。

    機能操作音声ガイド
    再生/一時停止右耳のタッチコントロールを2回タップ
    音量 +右耳のタッチコントロールを1回タップ音量が最大に達するとビープ音
    音量 -左耳のタッチコントロールを1回タップ
    進む右耳のタッチコントロールを3回タップ
    戻る左耳のタッチコントロールを3回タップ
    電話にでる左/右耳のタッチコントロールを1回タップ
    電話を切る左/右耳のタッチコントロールを2秒間長押し
    通話拒否左/右耳のタッチコントロールを2秒間長押し拒否された通話
    ANC機能のオン/オフ 両耳モードでのみ使用可能:左耳のタッチコントロールを2秒間長押し(デフォルトでは最初からオンの状態)ANC ON/OFF
    Ambient Modeのオン/オフ左耳のタッチコントロールを2回タップ(片耳モードではデフォrんとでAmbient Modeオン)Ambient Mode
    音声コントロールのオン/オフ片耳モードでは耳のタッチコントロールを2秒間長押し。両耳モードでは 右耳のタッチコントロールを2秒間長押し。ビープ音

    TaoTronics「SoundLiberty 94」の音質

    そして気になるTaoTronics「SoundLiberty 94」の音質ですが、僕が聞いた限りではなかなか良い感じです。YouTubeなどでもレビュー動画が上がっていて、「ドンシャリ系」という評価が多いようですけど、僕としてもそんな印象は受けました。でも中音が全然効いてないという感じでもないかなという感想。

    値段を考えれば相当良いのではないでしょうか。AirPods第一世代との比較しか僕はできませんが、僕個人としてはAirPodsより上だと思いました。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,小さい

    ノイズキャンセリングも結構しっかり効いてくれます。電車に乗っていても周りの音はほとんど気にならないレベル。なかなか良い感じです。

    あと外音取り込みについてもうまく機能してくれて、イヤホンが耳穴を密閉している状態でも機能をオンにすれば外の音が聞こえるようになりました(少しサーというホワイトノイズは入りますが)。これは初めて使う人は結構びっくりすると思います。この機能はコンビニに行く時に重宝しそうです。


    TaoTronics「SoundLiberty 94」の気になったところ

    全体的に完成度が高く、コスパはやはり相当良いなという印象を持ちましたが、ただ気になったところがなかったわけではありません。気になった点は主に2つ。

    やっぱりちょっとケースが大きい

    まずはケースがちょっと大きいこと。イヤホン自体も少し大きめかもしれませんが、それ以上にケースがゴロッと大きく厚みがあるので、パンツのポケットなどに入れようとすると結構モゴモゴして違和感を感じる。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,厚い

    AirPods第一世代がとってもコンパクトだったので、それと比較してしまって大きく感じてしまうのもあると思いますが。ここがまずちょっと気になったところです。

    カバンに入れて持ち歩く分には特にかさばるわけではありません。

    タップ操作がシビア

    あともう1つは操作に関して。前述の通りTaoTronics「SoundLiberty 94」はイヤホン外側をタップすることで様々な操作を行うわけですが、このタップが結構難しい。軽く触れただけでも「1タップ」と見なされて音量が変わってしまったり、逆に自分的には2回タップしてるつもりなのに反応してくれなかったり。

    おそらくイヤホンの“ある特定の部分”をしっかりタップすればちゃんと反応してくれるんだと思うのですが、それがどこなのかがイマイチわからないんですよね。イヤホン外側にその印がないので。

    ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,タップ

    これがタップ式じゃなくて操作ボタンが付いていてくれれば、はっきりと「ここを押せば良い」って耳に着けながらでもわかるのでやりやすいと思うんですけど。ここが少し気になりました。まぁ慣れてくればやりやすくなるかもしれないので、もう少し使い込んでみたいと思います。

    このワイヤレスイヤホンが向いている人・向いていない人

    多少気になる点はあったものの、総じて超コスパの良いTaoTronics「SoundLiberty 94」はとっても良い感じだったわけですが、一通りご紹介したところで、改めて良いところ・悪いところを踏まえながら「このワイヤレスイヤホンが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このワイヤレスイヤホンが向いている人

  • 価格1万円以下で高機能なワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • ドンシャリ系のイヤホンが好きな人
  • ミニマルデザインのアイテムが好きな人
  • このワイヤレスイヤホンが向いていない人

  • とにかくコンパクトなワイヤレスイヤホンが良い人
  • 操作がしやすいワイヤレスイヤホンが良い人
  • かまぼこ傾向のイヤホンが好きな人
  • ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,軽い

    当ブログの中の人の感想

    AirPods第一世代以来の完全ワイヤレスイヤホンの購入でしたが、技術の進歩にびっくりしました。これだけ高機能でありながら、価格が1万円を切ってくる(クーポン使えば6千円台)なんて、ちょっと前なら考えられなかったですからね。なかなか良い感じのものに出会えて幸せです。

    とにかく現時点でコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンと言って問題ないと思いますので、自分で使うだけでなくプレゼント・ギフトにも良さそう。きっと喜ばれるのではないでしょうか。

    新しいワイヤレスイヤホンの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事