これは絶対“買い”。コスパ最強のワイヤレスヘッドホン「VANKYO CY750」。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,軽い




ワイヤレスヘッドホン、買いました。

僕は普段音楽等を聴くときはAppleのAirPods(初代)を使っています。ただ最近は動画編集をすることが多くなってきて、もう少し音が良いワイヤレスイヤホン・ヘッドホンが欲しいなと思うようになりまして。

そこで探していたらなかなか良さそうなヘッドホンに出会えたので、今回はそれを皆さんと共有したいと思い、購入レビューを綴ることにしました。新しいワイヤレスヘッドホンの購入を検討している方の参考になりましたら幸いです。

今回僕が購入したのはVANKYOの「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」です。


今回ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを探すときに重視していたこと

今回新しくワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを探すにあたって重視していたことは以下の点です。

①ノイズキャンセリング機能が付いていること。
②複数のデバイスで接続・切り替えができること。
③価格が1万円以下であること。

この3点。今回の購入の目的が「良い音で聞きたい」ということだったので、それを考えたときにまず①ノイズキャンセリングは大切。

また、動画編集を行なっているときはもちろんPCにイヤホン等をBluetoothで接続するわけですが、同時にスマホにもイヤホンを接続して切り替えて使いたい場面も結構あるんですよね。編集中に電話がかかってくることも多いので。なので複数のデバイスに接続・切り替えできるものだとさらに嬉しい。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,お洒落

ワイヤレスイヤホンならAppleの「AirPods Pro」、ヘッドホンならSONYの「ワイヤレスノイズキャンセリングヘッドホン WH-1000XM4」が現在“王者”として君臨していますが、ただこれは結構値段が高いんですよね(25,000〜35,000円くらい)。

最近はワイヤレスイヤホン・ヘッドホンも安価で高音質なものがたくさんリリースされているので、もう少しリーズナブルなものがないかなということで、一応1万円以下で買えるもので探してみることに。



VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」のここが良い

そんな条件で今回はワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを探していたわけですが、Amazon先生で探していたらすごく良いのが見つかりました。それがVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」です。

特に僕が気に入ったところは以下の点です。

  • 高音質。低音から高音までバランスが良い。
  • 音楽再生時と通話時の両方に有効な2種類のノイズキャンセリング機能を搭載。
  • マルチペアリング・マルチポイント(2台同時接続)にも対応。
  • 最大30時間の連続音楽再生が可能。
  • 価格が1万円以下(僕の購入時は6,999円でした)。
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,軽い

ノイズキャンセリングがしっかり効いて、しかも2台同時接続が可能なのはすごく良い。まさに求めていたものです。

そして意外と嬉しいのが電池の持ちが良いこと。最新の「AirPods Pro」でも1回の充電で最大5時間しか再生できないのですが、このVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」なら驚異の30時間連続再生が可能とのこと。素晴らしい。

それでこれだけ高機能なのに価格が6,000円台ときたら、買わないわけにはいかないですよね。

念のため、VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」のメーカー公表の仕様も以下に載せておきます。

  • ブランド:Vankyo
  • 接続方式:有線、Bluetooth
  • 連続使用時間:最大30時間
  • カラー展開:2色(ブラック、シルバー)
  • 型式:密閉型

イヤホンではなくてヘッドホンを選んだ理由

ちなみになぜ今回イヤホンではなくヘッドホンを選んだかというと、理由としては3つあります。

①ワイヤレスイヤホンだと耳から落ちやすいから
②最近よくあるカナル式のイヤホンが苦手だから(耳に深く挿入して使うので、耳が痛くなりやすいのが嫌)
③ヘッドホンを今まで使ったことがなかったので一度試してみたかったから

特に①の「ワイヤレスだと落下しやすい」というのが一番の理由。AirPodsを使って電車などに乗っていると、ちょっと隣の人とぶつかっただけでも耳からイヤホンが落ちそうになるので、それが嫌だったんですよね。ヘッドホンだったらそう簡単には落ちることはないですし、仮にずれたとしても首で引っかかってくれるので落下リスクはかなり低くなります。

あと、僕は耳の穴が小さいようで、どのカナル式イヤホンを使っても耳が痛くなりやすい。それもあって今回はヘッドホンを選んでみました。


VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」を細かく見てみる

先日Amazonで購入したものが手元にあるので、VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」の全容を改めてご紹介します。今回購入した時の値段は6,999円でしたが、Amazonでは割引クーポンがあることも多いので、タイミング次第では5,000円以下で買えることもあるかもしれません(めちゃくちゃ安いですよね)。

パッケージ

パッケージはこんな感じ。安価なアイテムながら、なかなか高級感が漂っています。箱を開けると、さらにハードケースが出てきます。これまたかなりしっかりとした作りで、安価なアイテムとは思えない。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,お洒落

全体

ハードケースを開けると、ワイヤレスイヤホンがお目見え。カラーは黒しか展開されていないようですが、マットな表情がかなり良い感じ。お洒落ファッションアイテムとしても使えますね、これは。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,スタイリッシュ
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,かっこいい


ヘッドバンド

ヘッドバンド部もかなり高級感があります。手触りもしっとりと手に馴染む感じ。これで6,000円台とはやっぱり思えない。良いですね。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,ブラック

長さは10段階で調節可能。僕は少し頭が小さめ(?)な人間なので、調節ゼロでぴったりな感じでした。頭大きめさんでも10段階調節できればきっとジャストで使えると思います。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,サイズ調整

ヘッドセット

ヘッドセット部もなかなか作りがしっかりして、チープさは全くなし。何度も言ってしまいますが、本当に安価なワイヤレスヘッドホンには到底見えません。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,マット

耳にあたる部分もヘッドバンド部と同じレザー仕様で、柔らかな肌触り。内側は左耳の方に「L」、右耳の方に「R」と大きく印字されています。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,レザー

右耳の方の側面にいくつかのボタンがついています。まずは電源ボタンと、その両サイドにある音量ボタン。

電源ボタンの方が音量ボタンより少し低くなっているので、耳に装着した状態で手で触っただけでも、どれが電源ボタンなのかわかりやすくなっていますね。プロダクトデザインとして、よく考えられているなぁ。普段デザインの仕事をしているので、こんなところについ感心してしまう。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,音量

その電源・音量ボタンのさらに横には、ノイズキャンセリングのスイッチがついています。このスイッチをオンにするだけで、一気に無音の世界が広がる仕組み。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,電源

その横には有線接続用のジャックと、充電用のマイクロUSBポートがついていました。充電用のポートはできればUSB-Cが良かったけど、この辺りは値段を考えればしょうがないとことでしょうか。

ちなみに充電中はジャック横にあるLEDランプがオレンジ色に光り、使用中はランプが青く光ります。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,充電
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,長時間
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,短い

全体的にかなりしっかりと作られている印象。とにかく値段に見合わない高級感があり、とってもお洒落。音楽を聴くデバイスであるのはもちろんですが、ファッションアイテムとしてもかなり優秀なのではないでしょうか。

同封物

充電用のマイクロUSBケーブル1本、有線接続用のコード1本がハードケースの中に入っていました。あと携帯用の巾着も1つ。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,マイクロUSB
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,持ち運び


VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」を実際に使ってみた

ひと通りチェックした後は、実際にVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」を使ってみました。

デバイスとの接続

まずデバイスとの接続ですが、とっても簡単でした(今回はiPhone SE2に接続してみました)。VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」の電源を長押しでオンにし、あとはiPhoneのBluetooth接続画面に表示される「Cystereo 750」の文字をタップするだけ。これですぐに接続が完了しました。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,Bluetooth

装着感

ヘッドセットを装着した感じとしては、イヤーパッドが柔らかでとっても快適。また耳の角度に合わせて90度回転する仕組みになっているので、すごくぴったりフィットしている感覚でした。これなら音漏れなども気にしなくて済みそうです。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,お洒落

音質

これは写真ではお伝えできないので恐縮ですが、音は低音がしっかりしていて重厚感のある音質だと感じました。かなり良い。

あと気になるノイズキャンセリングの質ですが、これもしっかり機能します。スイッチをオンにした瞬間に、エアコンの「ゴーッ」という環境音はほぼ聞こえなくなり、無音の世界に。この部分は想像していたよりも高性能で特にびっくりしました。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,軽い

それでいて会話の声などはしっかり通してくれるので、ヘッドホンをしている時に誰かに話しかけられたとしてもちゃんと聞こえます。音の質に関しても合格点以上の出来でした。大満足。


VANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」の気になったところ

気になったところとしては、実は1つだけあります。それは電話での音質。音楽を聴く際の音質は前述の通りもう大満足だったわけですが、通話をした時に少し相手の声が途切れて聞こえることがありました。

これがiPhone側の電波の問題だったのか、それともVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」側の問題だったのかが定かではないのですが、2回通話をして2回とも少し途切れる感じがあったんですよね。そこがちょっと気になる。

ただAmazonのレビューなどを見ていても同じ現象が起きている人はいないようなので、もしかしたら僕の購入したものだけの不具合かもしれません。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,高級

このワイヤレスヘッドホンが向いている人・向いていない人

総じてVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」はとっても良い感じだったわけですが、一通りご紹介したところで、改めて良いところ・悪いところを踏まえながら「このワイヤレスヘッドホンが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

このワイヤレスヘッドホンが向いている人

  • ノイズキャンセリングがしっかり効くワイヤレスヘッドホンが欲しい人
  • 複数のデバイスに同時接続できるものがいい人
  • 低予算で高品質なワイヤレスヘッドホンを手に入れたい人
このワイヤレスヘッドホンが向いていない人

  • ブラック・シルバー以外の色のヘッドホンが欲しい人
  • Apple以外の製品は使わない!なApple信者な人
ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,黒

当ブログの中の人の感想

ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンが近年非常に進化してきていますが、今回のVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」はその進化の凄さを改めて感じることができるアイテムでした。

ワイヤレスヘッドホンにおいてはSONYが今大人気ですが、僕個人としては値段も考えると総合力はVANKYO「CY750 ノイズキャンセリングヘッドホン」の方が上なのではと思うくらい。とにかくコスパ最強。断言します。

かなりお気に入りのヘッドホンになったので、今後もガンガン使っていきたいと思います。ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンの購入を検討しているは、ぜひチェックしてみてくださいね。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪