スマホスタンドならこれ。スマホリングにもなる高機能な「MOFT X」購入レビュー

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,カード入れ




新しいスマホスタンド、買いました。

僕は現在「iPhone SE2」を使用しているのですが(買い替えレビューの記事は以下をご覧ください)、職場やカフェなどで使えるスマホスタンドが欲しいなぁとかねてから思っていました。

そこで色々とモノを探していく中で、「そういえば、以前話題になったスマホスタンドがあったぞ」と思い出し、それを今回購入することにしました。

僕にとってかなり使い勝手が良くていいアイテムだったので、今回はそのスマホスタンドについて共有させていただこうと思い、購入レビューを綴ることにしました。

僕が今回購入したスマホスタンドは「MOFT X」です。


スマホスタンド選びで重視したこと

今回、僕がスマホスタンド選びで重視していたことは以下のような点です。

①色々な場所で使えるよう、簡単に持ち運びができること
②邪魔になりにくいようにコンパクトであること
③比較的安価であること

特に①の持ち運びが簡単であることはとても重要視していました。

一般的なスマホスタンドだと、意外とモノ自体がゴツかったりして持ち運び時にかさばる。職場だけでなく、自宅やカフェなどでも使いたかったので、とにかくコンパクトで持ち運びやすいモノを探していました。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ

「MOFT X」は薄くて多機能なスマホスタンド

そこで新しいモノを色々探していたときに、ふと「MOFT X」の存在を思い出しました。

なぜ「MOFT X」というアイテムのことを既に知っていたかというと、このアイテムは実は以前クラウドファンディング「makuake」で目標金額達成率10,000%以上を達成したことで、ガジェット界隈で一躍話題になっていたからです。

一般販売前からこれだけ注目されたアイテムもなかなかなかったので、僕も気になっていました。ただその後購入の機会がなく、そのまま記憶の片隅に追いやられていたのですが、今回無事購入することに。

ちなみに今回Amazonで購入しましたが、購入価格は2,580円でした。

「MOFT X」の特徴

「MOFT X」は、薄くて多機能なスマホスタンド。僕が求めていた条件以上の便利さを持ったアイテムです。特筆すべき特徴は、以下になります。

  • 薄いシート状になっており、スマホに貼り付けて使える
  • 指を通すとスマホホルダーにもなる
  • スキミング防止機能付きのカードホルダーにもなる

「MOFT X」はとっても薄いシート状の形状をしており、スマホの背面に貼り付けて使います。立てたい時はシートを持ち上げるだけでOK。これならどんな場所にも簡単に持ち運べますし、薄いので邪魔にもならないというわけ。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,耐久性

しかもスマホを手に持っているときはスマホホルダーにもなるし、カードも収納できるなんて(詳細は下でもう少し解説します)、これは便利過ぎる。クラウドファンディング10,000%達成は伊達ではありません。

その他の仕様(メーカー公表)も一応以下にまとめておきます。

  • サイズ:6.4×10.5×0.47cm
  • 重さ:29g
  • 厚さ:4.7mm
  • 調節可能角度:縦使用時60°、横使用時40°


「MOFT X」を細かく見てみる

Amazonで購入したものが先日届いたので、「MOFT X」の全容を改めてご紹介します。

パッケージ

パッケージはよくあるガジェット系の梱包。それにしても、薄い。一緒に専用の磁石も同封されています(この磁石については後述)。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,同封物

本体

パッケージを開けると、中から主役の「MOFT X」が出てきました。いや、何度も言うようですが、薄い。そして、軽い。これであれだけの多機能さを所持しているとは、パッと見ただけでは全くわかりません。

「MOFT」のスタイリッシュなロゴも存在感あり。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,シンプル

裏側が粘着シールになっており、ここをスマホの背面に貼り付けます。この粘着シールは約500回ほど貼り直しができるとのこと。失敗もこわくありません。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,何度も貼れる

同封物

本体と一緒に同封されていた磁石ですが、これの使い方としては、例えば磁石を壁などに貼っておくと「MOFT X」をそこにピタッとくっつけることができるわけですね。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,磁石

キッチンで料理をしているときに、「MOFT X」を使って壁にスマホをくっつけておけば、YouTubeやレシピサイトなどを見ながら調理ができます。この磁石、意外と便利かも。

「MOFT X」を実際に付けて、使ってみた

一通り「MOFT X」をチェックしたあとは、実際にスマホに装着して使ってみました。

失敗することもなく簡単に付けられました。そして、薄い(しつこい)。パンツのポケットに入れていても、全く気にならないレベルです。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ
moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,薄い

スマホスタンドとして立ててみた

スタンドを起こして立ててみると、こんな感じ。人工工学に基づいて設計されているとのことで、立てたときにちょうど見やすい角度である60°になってくれます(ちなみに横置きにすることもできます)。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,カード入れ
moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,角度

ただし、自分のすぐ近く(手元)に置いた場合、僕個人としては少し角度がきつ過ぎるかなぁという印象でした。少し離れた場所に置く(手を伸ばして届くくらいの距離)とちょうど良いかも。


スマホリングとして使ってみた

手に持って使うときは、輪っかの中に指を通してあげるとスマホリングの代わりに。これでベッドで寝転がりながらスマホを見ているときに、いつの間にか寝落ちしそうになってスマホが顔面に落下してくる(僕だけ?)のを防げます。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,スマホ

カードを入れてカードホルダーとして使ってみた

この「MOFT X」はスタンド部分を起こすと、少しだけ隙間ができるんですが、この部分がカードポケットになっています。スキミング防止機能付きなので、よく使うクレジットカードなども入れておける。キャッシュレス時代にもぴったりな機能です。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,スキミング

ただし、このポケットは交通系のICカードなどは磁気の問題で改札が反応しないとのこと。もしICカードを入れて使いたい場合は、「電磁波干渉防止シート」なるものを一緒に入れる必要があるようです。

あともう1つ気になったところとしては、一般的なサイズの名刺は微妙に頭が出てしまいます。僕は名刺入れを忘れてしまうことが時々あるので、このポケットに名刺が入れられたら良いなぁと思っていたのですが、これだと汚れてしまうかもしれないので残念(小さめサイズの名刺なら入ります)。

moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,便利

でも全体的には非常に使い勝手が良い多機能スマホスタンドだと感じました。

このスマホスタンドが向いている人・向いていない人

一通りご紹介したところで、改めて「MOFT X」の良いところ・悪いところを踏まえて「このスマホスタンドが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

このスマホスタンドが向いている人

  • 職場や自宅など、色々な場所でスタンドを使いたい人
  • スタンド兼スマホホルダーとしても使えるモノを探している人
  • キャッシュレス時代に向けて財布を持ち歩きたくない人
このスマホスタンドが向いていない人

  • スマホに何かを付けるのが嫌な人(スマホは薄いのが正義!な人)
  • 角度調節が細かくできるスタンドがいい人
moft,MOFTX,スマホスタンド,スマホリング,クラウドファンディング,薄い,安い,コスパ,

当ブログの中の人の感想

これは良いですね、とても使いやすいし本当に高機能なスマホスタンドだと思いました。特に僕としては、スマホとの一体型で持ち運びやすい点が嬉しい。

欲をいえばポケット部分に交通系ICカードを入れてもそのまま使えていたら、さらに良かったですが、これは電磁波干渉防止シートでフォローできるので、良しとしましょう。

とりあえず総じて「買って良かったもの」には間違いなく分類できそうです。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪