プレゼント用に調べまくった僕がおすすめする人気テディベア11選【定番からレアまで】

テディベア,人気,おすすめ




姪っ子へのプレゼントを探すために、テディベアに関して色々と調べることになりまして、先日その調査結果(?)を当ブログでも記事として投稿しました。

奥が深い。プレゼントに最適な「テディベア」の人気ブランドや価格を調べてみた。

2020.11.29

その後も奥深いテディベアの世界をさらに調べていたところ、結構テディベアに詳しくなってきまして。

で、もしかしたら僕と同じようにお子さんへのプレゼントで迷っている・悩んでいて、僕が調べたこのテディベアの情報が欲しい方もいるのかなと思ったので、今回はそんな方々向けに「人気のテディベアブランド」や「おすすめのテディベア」などを共有させていただこうかなと思います。

調べれば調べるほど、テディベアって奥が深いなと感じます。本当に。

人気のテディベアブランドはこの5つ

テディベアという名前を聞けば、ほとんどの人がそのフォルムなどを容易にイメージできるほど、世界中にその人気が広がっているぬいぐるみですが、全くの無知だった僕が色々と調べたところ、世界には人気のテディベアブランドがある模様。

特に人気のブランドは以下の5つ。各社それぞれで個性がよく出ていて、どのベアもとっても可愛いです。正直なところ僕もコレクションしたくなったくらい。世界には男性のコレクターも多いと言われていますが、それも頷けます。

  • シュタイフ(ドイツ)
  • メリーソート(イギリス)
  • ハーマン・テディ(ドイツ)
  • ガンド(アメリカ)
  • ディズニー(アメリカ)

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番
出典:シュタイフ公式オンラインショップ

特に人気なのはドイツの老舗ブランドである「シュタイフ」。1880年にドイツで誕生し、世界で初めてテディベアを作ったと言われているそう。「ボタン・イン・イヤー」や「オリジナルタグ」など、シュタイフらしいユニークさと伝統が溶け合った唯一無二のテディベアとして、世界で最も人気を集めています。

その他にも個性的な表情のテディベア『チーキー』を扱っている「メリーソート」や、生産数が限られている「ハーマン・テディ」なども人気。もちろん、『ダッフィ』を展開している「ディズニー」も外せません。

それぞれの詳細については、下の記事でもう少し詳しく書いているので、ブランドの特徴等に興味がある方はぜひこちらをご覧ください。

奥が深い。プレゼントに最適な「テディベア」の人気ブランドや価格を調べてみた。

2020.11.29

定番の人気テディベア7選

続いて人気ブランドの中から、特に“定番の人気”となっているおすすめのテディベアを共有したいと思います。

テディベアにも本当にたくさんの種類があって、表情や色合いも1つ1つ違います。またレアリティによって価格も大きく異なってくるのですが、この定番人気のテディベアは比較的安価なものが多いので、まさにお子さんへのクリスマスプレゼントや誕生日プレゼントにはぴったりではないでしょうか。僕も姪っ子へのプレゼントはこの定番人気のものから選ぼうと思っています。

マイファースト シュタイフ テディベア 〔シュタイフ〕

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番
出典:シュタイフ公式サイト

どうですか?あざとさすら感じるほどに抜群に可愛いこの表情笑。僕は調べていて一番のお気に入りになったのはこのシュタイフの「マイファースト シュタイフ テディベア」でした。

このテディベアはの名前の通り、初めてテディベアを買うというときにぴったりなぬいぐるみ。例えば小さいお子さんだと肌がまだ弱かったりするので、ボディの素材はふわふわなタオル地が使用されています。またベアの目は誤って飲み込まないようガラス玉ではなく糸で縫って描かれていたり。

小さいお子さんや赤ちゃんが持つテディベアとして非常に細部まで工夫がされているので、お友達や知人の出産祝いのプレゼントとして最高なのではないでしょうか。

  • ブランド:シュタイフ(ドイツ)
  • 価格:7,920円
  • サイズ:24cm
  • 素材:ポリエステル
  • カラー展開:4色(ベージュ、クリーム、ブルー、ピンク)


カドリーフレンズ テディベア ハニー 〔シュタイフ〕

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番,カドリーフレンズ,ハニー
出典:シュタイフ公式サイト

続いてもシュタイフから。「カドリーフレンズ テディベア ハニー」は、シュタイフの“カドリーシリーズ”という人気シリーズに2019年に仲間入りをしたテディベア。

毛足が少し長めで、全身がモコモコとしていて触り心地がとっても気持ちいベアです。ほのかに微笑んだ表情も可愛らしく、カラー的にも男の子が持っていても似合いそう。

18cm〜48cmまでサイズ展開があるようなので、購入時は大きさもチェックしておきましょう。

  • ブランド:シュタイフ(ドイツ)
  • 価格:4,180円〜
  • サイズ展開:18cm、28cm、38cm、48cm
  • 素材:ポリエステル
  • カラー展開:ライトグレー


Tシャツベア ホワイト 〔ガンド〕

テディベア,ガンド,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,Tシャツベア
出典:Amazon

3つ目はアメリカの老舗ブランドであるガンドのテディベア「Tシャツベア ホワイト」。このテディベアの特徴は、名前にも入っていますがTシャツを着ていること。このTシャツは単純にファッションとして着ているだけでなく、上からマジックで文字やイラストなどを自由に描けるようになっています。

そのためお子さんの誕生日や友人・知人の出産祝い、結婚のお祝いなどのシーンでのプレゼントにぴったり。他のプレゼントと差を出しやすいユニークさ・オリジナリティが魅力のテディベアです。

ガンドのテディベアはもともと触り心地がふわふわな素材・生地で作られていて、子供からもとても人気があるベアが多いようなので、小さいお子さんへのクリスマスプレゼントにも良さそうですね。

  • ブランド:ガンド(アメリカ)
  • 価格:4,180円〜
  • サイズ:21×30×13cm
  • Tシャツのカラー:ホワイト、ピンク


テディ ゴールド 26cm〔ハーマン〕

テディベア,ハーマン,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,ゴールド
出典:Amazon

ドイツの老舗ブランドであるハーマンのテディベア「テディ ゴールド」。その愛らしい表情は、まさに僕らがイメージする“THE・テディベア”。

全体的に毛並みには光沢があり、とっても艶やか。生地も肌触りの良い柔らかなものが使われているので、お子さんが持つときも安心です。またお尻にはビーズが入っているので、座らせた時も安定感があります。

鼻と口は手で刺繍されており、クオリティへのこだわりが強いハーマンのテディベアらしい部分も垣間見えます。

  • ブランド:ハーマン(ドイツ)
  • 価格:4,600円
  • サイズ:28×18×28cm
  • 重量:136g
  • 素材:ポリエステルファイバー


ダッフィー&シェリーメイ 〔ディズニー〕

ダッフィー,テディベア,ディズニー,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,チーキー
出展:東京ディズニーリゾート公式HP

次は女の子に大人気の「ダッフィー」と「シェリーメイ」。今ではテディベアの中で最も知名度が高いベア(?)とも言えるかもしれません。

ディズニーランド・ディズニーシーに行けば、多くのお客さんがダッフィーを片手に楽しんでいたり、バッグにシェリーメイのアイテムが付いていたり。その光景からも人気の高さが伺い知れます。

ダッフィーはぬいぐるみとしての人気だけでなく、今では様々な関連アイテムが販売されていますし、ダッフィーやシェリーメイの着せ替えアイテムもたくさんリリースされているので、遊び方のバリエーションが豊富なのも人気を集める理由の1つでしょう。コレクションとしても幅広く楽しめるテディベアです。

テディベア フィン ベージュ 26cm 〔シュタイフ〕

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番,フィン,ベージュ
出典:Amazon

「フィン」はシュタイフのテディベアの中でも人気シリーズ。先にご紹介した「マイファースト シュタイフ テディベア」や「ハニー」とも異なる愛らしい表情が人気を集めています。

またこのベアは丸洗いが可能とのこと(30℃以下の弱流水でネット使用)。テディベアはお子さんが遊んでいるときに汚してしまうことも多いですが、丸洗いできればその点も安心ですね。

  • ブランド:シュタイフ(ドイツ)
  • 価格:7,150円
  • サイズ:28×21×11cm
  • 重量:140g


ハロッズ オリバーベア スモール〔ハロッズ〕

テディベア,ハロッズ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番,オリバー
出典:Amazon

イギリスの老舗アパレルブランド「ハロッズ」からもテディベアは販売されており、テディベアコレクターが多いと言われるイギリス国内でも人気を集めています。

「オリバーベア」は首にブルーのハロッズロゴが入ったリボンを結んでいて、テディベアとしての愛らしさも抜群。また左足裏にもハロッズのロゴがゴールドの糸で刺繍されているので、友人・知人へのプレゼント、出産祝いなどにもぴったりでしょう。

  • ブランド:ハロッズ(イギリス)
  • サイズ:16×10×20cm
  • 重量:140g
  • 素材:アクリル80%、ポリエステル20%


高レアリティな人気テディベア4選

次は各ブランドが販売している貴重・高レアリティなテディベアを共有します。

シュタイフをはじめ、各ブランドはお手頃なテディベアの他に、生産数を限定しているベアや地域・国限定のベアなども展開していて、それらも世界的に人気を集めている模様。限定ということもあり、どのテディベアもなかなかのお値段(数万円〜)となっていますが、本格的に趣味としてコレクションしたい人は是非とも購入したいものばかりなのではないでしょうか。

もちろんどれも本当に愛らしいものばかりです。僕は高くて買えないですが。

くまのプーさん クリストファー ロビン 〔シュタイフ〕

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番,タグ,レプリカ,限定,プーさん
出典:シュタイフ公式サイト

まずはシュタイフとディズニーのコラボテディベア「くまのプーさん クリストファー ロビン」。

2018年に公開されたディズニー映画「プーと大人になった僕(Christopher Robin)」(アメリカ)をモチーフに作られたテディベアで、シュタイフらしい上質で美しい毛並みを纏ったプーさんは、ディズニーファンならずとも欲しくなってしまうベアでしょう。

販売国に制限はありませんでしたが、生産数が限定4,000体となっている高レアリティなベアです。

  • ブランド:シュタイフ(ドイツ)
  • 生産年:2019年
  • 価格:46,750円
  • サイズ:30cm
  • 生産数:4,000体
  • 素材:モヘア


チーキー ウイッシュボーン 2020〔メリーソート〕

メリーソート,チーキー,テディベア,日本限定
出典:ヤフーショッピング

メリーソートからは毎年日本限定で「ウイッシュボーン」というテディベアがリリースされています。2020年の限定のウイッシュボーンは、薄いベージュでとっても品の良いカラー。

リボンも上品なブルーなので、男の子が持っていても似合いそうな雰囲気。足裏には2020の文字とメリーソートのロゴ、幸せのウイッシュボーンが刺しゅうされています。表情はチーキーらしいいつもの「生意気可愛い」顔です笑。

生産数は日本限定で50体と超高レア。コレクターの方なら絶対押さえておきたいテディベアです。

  • ブランド:メリーソート(イギリス)
  • 生産年:2020年
  • 価格:30,800円
  • サイズ:25cm
  • 生産数:50体
  • 素材:モヘア


テディベア ローマ法王 ヨハネ・パウロ2世 〔ハーマン・テディ〕

ハーマンテディ,テディベア,日本限定
出典:楽天市場

ハーマン・テディ社は「ハーマン・テディ・オリジナル」と「ハーマン・コーブルグ社(緑ハーマン)」の2つに分かれていますが、このレアでユニークなテディベアは「ハーマン・コーブルグ社(緑ハーマン)」のもの。

この「テディベア ローマ法王 ヨハネ・パウロ2世」は、2014年4月にヨハネ・パウロ二世例聖式が執り行われたことを記念して作られたベアで、純白のモヘアに金糸が織り込まれ美しい毛並みが特徴。

第264代教皇にちなんで、生産数は世界で264体限定。そして足裏にはヨハネ・パウロ二世の教皇紋章と例聖式の行われる「27. April 2014」の刺繍が入れられています。

  • ブランド:ハーマン・テディ(ハーマン・コーブルグ/ドイツ)
  • 生産年:2014年
  • サイズ:38cm
  • 生産数:264体
  • 素材:モヘア



テディベア リトルサンタ 2017 〔シュタイフ〕

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,定番,タグ,レプリカ,限定,クリスマス
出典:シュタイフ公式サイト

シュタイフからもう1つご紹介するのは2017年に生産されたクリスマスバージョンのテディベア「リトルサンタ 2017」(日本限定1,500体)。サイズが少し小さめなのは、2015年のリトルサンタと対になるように設計されているからだそう。

キャンディケーンのクリスマスカラーでもある赤い色はイエスの血と愛を、白は純潔を、緑は永遠の命を意味し、飴のかたさは信仰心の強さをあらわしているそうで、シュタイフのこだわりが随所に垣間見えます。

またチャームにはスワロフスキークリスタルが使われているので、ラグジュアリーな仕上がりにもなっており、大切な方へのクリスマスプレゼントにもぴったりな一体です。

  • ブランド:シュタイフ(ドイツ)
  • 生産年:2017年
  • 価格:35,200円
  • サイズ:24cm
  • 生産数:1,500体
  • 素材:モヘア


当ブログの中の人の感想

テディベアって本当に奥が深い。以前まではあまり興味もなかったのですが、調べれば調べるほど段々とテディベアの世界にハマってきている自分に気付きます。世界中に男女問わずコレクターがいるのも本当に頷ける。

最近では日本でも「大人の趣味」としてコレクションする人が増えてきているそうなので、もし興味が出てきた方は、ぜひ一度手に取ってみてはいかがでしょうか。いきなり高レアリティなものは手が出づらいかもしれませんが、お手頃なものもたくさんあるので、新しい趣味としてきっと楽しめると思いますよ!





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪