• HOME
  • BLOG
  • ガジェット
  • 携帯しやすい静音マウス「ロジクール Pebble M350」購入レビュー。スリムなのに使いやすい

携帯しやすい静音マウス「ロジクール Pebble M350」購入レビュー。スリムなのに使いやすい

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,軽い
新しいマウス、買いました。

以前から僕は「ガジェット小型軽量化大作戦」なるものを実施しているのですが、今回は新たにマウスの小型軽量化に踏み切りました。

コンパクトなのに使い勝手も良いマウスを購入できたので、今回はそのレビューを綴ります。持ち運びしやすい静音マウス、軽くて使いやすい無線マウスを探している方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したマウスはロジクール「Pebble M350」です。

この記事を読むと、以下の点がわかります。

この記事を読むとわかること

  • ロジクールとは?
  • ロジクール「Pebble M350」の特徴
  • ロジクール「Pebble M350」の良いところ・悪いところ
  • ロジクール「Pebble M350」のペアリング方法
  • ロジクール「Pebble M350」の使い心地
  • この小型マウスがどんな人にお勧めなのか

タップできる目次

ロジクールとは?

まず最初にロジクールというブランドについて簡単にご紹介しておきます。

ロジクールは世界有数のPC周辺機器メーカーで、PC関連・ゲーミング・ミュージック・ビデオなどの分野におけるデジタルデバイスを販売しています。本社はスイス。


ガジェット好きな方なら知らない人はいないくらいに、今では日本でも有名になりましたよね。僕も今までPCのキーボード等でもロジクール製品を使ったことがありました。

今回は久々にそんなロジクールのマウスを購入したのです。

ロジクール「Pebble M350」のここが良い

今回僕が購入したロジクール「Pebble M350」の特徴・良いところを以下にまとめてみます(詳細は後述)。

ロジクール「Pebble M350」の特徴・良いところ

  • とってもスリムな形状で持ち運びしやすい
  • スリムだけど手に馴染みやすいフォルムで使いやすい
  • クリック音がめちゃくちゃ静かだから、オフィスや図書館など音が気になる場所でも使いやすい
  • BluetoothとUSBレシーバーによる2種類の接続に対応

とってもスリムな形状で持ち運びしやすい

ロジクール「Pebble M350」の大きな特徴として、まずコンパクト・スリムな形状が挙げられます。特に薄さが凄まじく、約26mmほどしかありません。パンツのポケットにも入っちゃう。

下の写真のように、僕がこれまで使っていたエレコム「Ultimate Blueマウス」と比べると、もはや半分くらいの薄さしかない。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,薄い

「ガジェット小型軽量化大作戦」を実施している僕には本当にピッタリなサイズ感。重量も100g前後と軽い。

また最近は働く場所を選ばない時代になってきたので、外出時(カフェやワーケーション等)でもマウスを使って仕事をすることも多いと思いますが、そんな時でもこのスリムさは持ち運びやすくてありがたいですよね。

ちなみにエレコム「Ultimate Blueマウス」も多機能で良いマウスではあるので、気になる方は下の記事もチェックしてみてください。

手に馴染みやすいフォルムで使いやすい

そんなスリムな形状だと「使いにくいのでは…?」と心配になる方もいると思いますが、このロジクール「Pebble M350」は手に馴染むフォルムに設計されているので、使いやすさも問題なし。

特にサイドのカーブが自然な握り心地を実現してくれているらしい。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,お洒落

確かにもっとコンパクト・スリムなマウスって世の中にはあるんですけど、でもそれによって使い心地が悪くなってしまうと、結局使わなくなっちゃったりするんですよね。

このマウスはその辺りもよく考えられています(握り心地については、記事後半で検証しています)。

クリック音がめちゃくちゃ静か

あとロジクール「Pebble M350」はクリック音がめちゃくちゃ静かなのも嬉しいポイント。メーカーによると、なにやらクリック音を従来品よりも90%以上軽減しているらしい。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,静音

人の少ないオフィスや図書館のような静かな場所だと、意外とマウスのクリック音とかが気になってしまうことも多いので、この静音性もありがたいところ。

BluetoothとUSBレシーバーによる2種類の接続に対応

あと接続方法もBluetoothとUSBレシーバーの2種類に対応しています。PCの環境によって使い分けも可能ですし、「あれ、Bluetoothの調子が悪いなぁ」みたいな時でもUSBレシーバーで使えるのは嬉しいですよね。

メーカー公表の仕様

念のため、メーカー公表の仕様も下に載せておきます。

ブランド ‎Logicool(ロジクール)
製品型番M350GR(カラー:グラファイトの場合。カラーによって型番が異なる)
対応OSUSBポート:Windows 10,11 以降、macOS 10.14 以降、Chrome OS、Works With Chromebook認定済み、Linux Kernel 2.6+
Bluetooth:Windows 10,11 以降、macOS 10.14 以降、Chrome OS、Android™ 7 以降、iPadOS 13.4 以降
トラッキングハイプレシジョン オプティカル トラッキング
DPI1,000
接続方式USB Nanoレシーバー、Bluetooth
ワイヤレス動作距離約10m
ボタン数3つ
付属品ワイヤレスマウス、超小型レシーバー、単三形乾電池×1、取扱説明書
電池タイプ単三電池1本
電池寿命18ヶ月
スリープモードあり
利き手両利き用
重さ約100g(電池含む)
外寸(公表値)‎107×59×26.5mm
カラー展開5色(グラファイト、グリーン、ブルー、ホワイト、ローズ)
保証2年間
価格2,860円(税込)

ロジクール「Pebble M350」のデザイン・形状等を見てみる

続いてロジクール「Pebble M350」のデザイン・形状等を見てみます。とってもコンパクトでシンプルなデザインですが、さすがロジクール。細部までよく作られています。

デザイン:モダンでシンプル・ミニマル

まずは全体の外観ですが、デザイン的にはとてもシンプルで、特に装飾等はほとんどありません。美しい流線形のフォルムで、モダンな雰囲気がなかなか格好いい。ビジネスシーンでもバッチリ合いそうです。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,デザイン

形状:めちゃくちゃ薄くてスリム

そして前述の通り、とにかく本体の厚みがめちゃくちゃ薄い。下の写真は再掲になりますが、エレコム「Ultimate Blueマウス」と比較すると本当にそのスリムさがよくわかりますよね。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,薄い

これだけスリムだと鞄に入れて持ち運ぶときも嵩張らないし、ガジェットポーチにもサッと入れられそう。良いね。

ちなみに全体のサイズをスケールを使って測ってみたところ、縦(長さ)が112mm、横(幅)が59mm、厚み(高さ)が26mmでした。メーカーの公表値よりも縦は数ミリだけ長く、厚みはほんのちょっとだけ薄かった。

ボタン類:進む・戻るなどの機能ボタンはない

全体的にすごくシンプルなデザインということもあり、ボタン類はちょっと少なめ。左クリック、右クリック、スクロールホイールの押し込みボタンの3つだけでした。

ホイールの押し込みボタンは、マウスの操作をカスタマイズできるアプリをインストールして、機能を割り当てられるみたい(僕はまだやっていません)。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,小さい

多機能マウスだと「進む・戻る」のボタンや、その他アプリケーションごとの機能割り当てボタンなどが複数ついていますが、ロジクール「Pebble M350」はその点はちょっと寂しいですね。

マウスの蓋:マグネット式だから付け外しがラク

マウスの蓋はパカっと簡単に外すことができました(かといって、外れやすいということではない)。というのも、この蓋はマグネットで吸着するようになっていて、それによって開閉する仕組みになっているみたい。

下の写真だとちょっとわかりづらいかもしれませんが、本体側の左・右・下のところにシルバーの丸いマグネットが埋め込まれています。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,電池

マウスによっては蓋がすごく外れにくくて、力を入れると「これ、バキッて割れるんじゃね?」的に怖くなるものもありますが、ロジクール「Pebble M350」はそんな心配は無用のようです。

マウス内部:USBレシーバーを収納できる

そしてその蓋を開けたマウスの内部を見てみると、ここにUSBレシーバーが入っていました。レシーバーってすごく小さいから無くしがちなんですけど、マウス内部に収納できれば安心ですよね。ありがたい。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,レシーバー,収納

マウス裏面:オン・オフスイッチやペアリングスイッチがある

最後にマウス裏面。裏面にはマウスの電源を入れるオン・オフスイッチに加え、Bluetooth接続用のペアリングスイッチが付いていました。そしてその上にはステータスライト、下にはマウスカーソル読み取りレーザーもあり。

Logicool,ロジクール,無線マウス,M350,電源

ロジクール「Pebble M350」は全体的にとってもシンプル・ミニマルなデザインで、かなり僕好みな外観でした。あと意外と蓋がマグネット式で着脱がラクなのも嬉しかった。

NextPage:実際にマウスを使ってみた。使い心地や気になるところは?

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事