• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • カメラストラップを素早く着脱できる「Flextop」買ってみた。お洒落、でも残念な点もあり。

カメラストラップを素早く着脱できる「Flextop」買ってみた。お洒落、でも残念な点もあり。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,アテ革,代替

カメラの持ち運び時に活躍してくれるカメラストラップ。でも一度取り付けると簡単にはストラップって外せないので、それが意外とストレスに感じたりしますよね。

そんな時にとっても便利な「Flextop」(フレックストップ)というカメラアクセサリーを先日購入してみました。

このアイテムは“カメラストラップを素早く取り外せるクイックリリースパーツ”。実際に使ってみて良いところ・残念なところが見えたので、今回はそのレビューを綴りたいと思います。購入を検討している方の参考になれば幸いです。

この記事を読むと、以下の点がわかります。

この記事を読むとわかること

  • 「Flextop」(フレックストップ)の特徴
  • 「Flextop」(フレックストップ)の良いところ・残念なところ
  • 「Flextop」(フレックストップ)の使い方
  • 「Flextop」(フレックストップ)の残念な点をカバーしてくれる代替アイテム
  • 「Flextop」(フレックストップ)はどんな人にお勧めなのか

これまで使っていたのはPeakDesign「アンカーリンクス」

今回僕が購入したのは“カメラストラップを素早く取り外せるクイックリリースパーツ”の「Flextop」ですが、実はすでに同じようなアイテムは色々と販売されているんですよね。

中でもおそらく一番人気なのがPeakDesignの「アンカーリンクス」というクイックリリース用のカメラアクセサリー。僕もこれまではこのアンカーリンクスを使っていました。

アンカーリンクス,クイックリリース,カメラ,ピークデザイン

このアンカーリンクスを使えば、カメラストラップがワンタッチで着け外しできるようになるので、非常に便利なんです。

ただ、このアイテムには以下のような残念な部分もあって、そこが僕自身も結構気になっていたのです。

アンカーリンクスの残念なところ

  • アンカーリンクスをストラップに着けると、約10cmほどストラップ全長が長くなってしまう
  • 見た目があまりお洒落じゃない(特に周りの赤い部分がダサい…)

なので、何か代わりになるアクセサリーはないかなぁとこれまでもずっと探していたのでした。

※なお、最近はアンカーリンクスのカラーバリエーションが増えて、赤くないブラックタイプもリリースされたみたい。これならちょっとは見た目がマシになったかな? 気になる方は下のリンクからチェックしてみてください。

「Flextop」の特徴

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,お洒落

そんなこんなで新しいクイックリリースアクセサリーを色々と物色していたところ「Flextop」(フレックストップ)を見つけました。

このアクセサリーはカメラ・ガジェット系YouTuberの高澤けいすけさんとdripのコラボアイテムみたい。特徴・メリットとしては以下の3点が挙げられます(詳細は後述)。

「Flextop」(フレックストップ)の特徴・良いところ

  • カメラストラップを素早く着け外しできる
  • デザインがめちゃくちゃお洒落
  • コンパクトだからストラップの全長があまり伸びない

カメラストラップを素早く着け外しできる

「Flextop」(フレックストップ)の1つ目の特徴・メリットとしては、「カメラストラップを素早く着け外しできる」ということ。クイックリリース用のアクセサリーだから当たり前だけど。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,固い

三脚を使いたい時とか動画撮影に切り替えたい時って結構ストラップが邪魔になるんですけど、普通のストラップは一度着けると簡単には外せないので、めちゃくちゃ取り外しに時間と手間がかかる。その後また着ける時も然り。

パパッとカメラストラップを着け外しできるだけで、カメラ使用時のストレスが一気に軽減されるので、この点は本当に大きなメリットです。

デザインがめちゃくちゃお洒落

そして「Flextop」(フレックストップ)はデザインがお洒落なのも大きな特徴。金具は色ムラを残してアンティーク感を出した真鍮素材が使われているので、すごくスタイリッシュ。

またカメラ本体に金具がぶつかるのを防ぐ「アテ革」は熟成レザーを使用しているらしい。使い込むことでより味も出てきそうで良い。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,便利

僕がこれまで使っていたアンカーリンクスと比べても、そのお洒落さは一目瞭然でしょう。カメラの世界ではなかなかお洒落なアイテムって少ないので、これだけでも「Flextop」(フレックストップ)を購入する理由になります。

コンパクトだからストラップの全長があまり伸びない

あと意外と大事なのが「コンパクトだからストラップの全長があまり伸びない」という点。

先に書いた通り、アンカーリンクスの弱点は「着けるとストラップの全長が10cm近く長くなってしまう」ことだったわけですが、「Flextop」(フレックストップ)は全体が非常に小さくてコンパクトなので、ストラップに着けても全長にあまり影響しないんですよね。

実際に比較した写真がこちら。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,短い

おそらく「Flextop」(フレックストップ)だとアンカーリンクスの半分くらいしか長くなっていないと思います。ストラップによっては長さ調節ができないものがそこそこあるので、それらをちょうど良い長さで使うためには「Flextop」(フレックストップ)のようにコンパクトなのがすごくありがたいのです。

公表の仕様

念のため、「Flextop」(フレックストップ)の主な仕様も下にまとめておきます。

販売元drip
対応サイズ先端幅9cm以下のストラップに取り付け可能
耐荷重最大片側20kgまで
素材金具:真鍮、アテ革:レザー
カラー展開2色(ブラック、モカ)
価格3,200円(税込)

「Flextop」の外観・収納部等を見てみる

続いて「Flextop」(フレックストップ)の外観等を見てみます。今回僕はブラックのカラーを購入。ちなみにお値段は3,200円でした。価格的にはちょっとお高めでしょうか。

本体と同梱物

パッケージの箱を開けると、中身としてはこのようになっていました。本体のパーツ(ストラップに着けるフック部分、カメラ本体に着けるリング)、アテ革、高澤けーすけさんのオリジナルステッカー。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,同梱物

アテ革とリングパーツは2セットずつ入っていたのがありがたい。これで2つのカメラに使えるもんね。

クイックリリースパーツの作りはしっかり

本体のクイックリリースパーツは真鍮製で、作りはなかなか。ストラップ側に着けるパーツはフック式になっています。リングはシンプルな輪っかでした。

ちなみに取り付け可能なストラップは、ストラップの先端幅が9mm以下のものに限られます。また製品対荷重は最大片側20kgまでとのこと。普通にカメラを使う分には十分すぎる強度ですね。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,同梱物,簡単

色合いもなかなかお洒落。使っているうちに金属特有の味のある経年変化が楽しめるらしいですが、もし気になる場合は磨けば元の輝きに戻るみたいです。

アテ革の質感もお洒落

あと本体の真鍮パーツとカメラの間に挟むアテ革も見てみると、こちらも質感がかなり良い。この辺りも高澤さんのこだわりが感じられますね。

flextop,クイックリリース,カメラ,ストラップ,同梱物,アテ革

カメラ本体に着けるリングはちょっと安っぽい感じもしますが、それ以外のパーツやアテ革などはかなりしっかりした作り。モノとしてのクオリティは総合的にかなり高めでした。

NextPage:実際に「Flextop」(フレックストップ)をストラップに付けてみた。思わぬ弱点も発見?

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事