• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • 超軽量な“準パンケーキレンズ”「XF18mmF2 R」をレンタルして使ってみた結果。

超軽量な“準パンケーキレンズ”「XF18mmF2 R」をレンタルして使ってみた結果。

フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,旅行

最近新たに「FUJIFILM X-E3」というカメラを購入し、大変お気に入りとなりまして。色々とスナップなど楽しんでいるのですが、そうこうしてるとやっぱり欲しくなるのが新しいレンズ。

今回購入前にお試しで借りて使ってみたレンズが1本あるので、そのレビューを綴りたいと思います。カメラ好きの方・新しいレンズの購入を検討している富士フイルムユーザーの方の参考になれば幸いです。

そのレンズはXマウント「XF18mmF2 R」です。

フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,フォーカス音

「XF18mmF2 R」をGooPass(グーパス)でレンタルしてみた

富士フイルムのXマウントレンズは、以前ご紹介した「XF35mmF2 R WR」しか僕は持っていなかったので、もう少し広角のレンズを使ってみたいなと思っていたんですよね。

そこで目をつけたのが「XF18mmF2 R」。フルサイズ換算27mmという広角のレンズで、F値も2.0と結構明るい。僕の好きなスナップにも向いていそうだったので、このレンズを一度使ってみたくなりました。

フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,うるさい

ただ事前にYouTubeなどで調べていたところ、このレンズは「AFの音がかなりうるさい」というマイナスの情報が至るところであがっていまして。元々古いレンズということもあり、それで購入しようかどうかちょっと二の足を踏んでしまったんですよね。

そこで今回は、購入する前にカメラ・レンズのレンタルサービス「GooPass(グーパス)」を使って、お試しで「XF18mmF2 R」を使ってみることにしました。初めてグーパスを使ってみたんですけど、このサービスは素晴らしいですね。今度グーパスの使用レビューも綴りたいと思います。

グーパス,使い方,goopass,レンズ,カメラ,レンタル

「XF18mmF2 R」のここが良い

今回「XF18mmF2 R」をレンタルしてみましたが、僕が事前に調べて良いなぁと感じたところは以下の点です。

  • コンパクト・軽量(116g!)で抜群の携帯性。お散歩カメラ用にピッタリ。
  • フルサイズ換算27mmで結構広く撮影できる。
  • 絞り開放F2で明るい。
  • 透明感のある写りで描写もなかなか。
  • とにかく軽くて薄い「準パンケーキレンズ」だからスナップにぴったり

    特に素晴らしいのが軽さとコンパクトさ。重量はなんと116gしかありません。僕が持っている「XF35mmF2 R WR」も170g程度しかないんですけど、それよりもさらに軽いとは。しかも大きさもかなり薄くて、パンケーキレンズ並み。これはスナップに持っていってくれと言わんばかりのレンズです。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,手のひらサイズ

    広く撮れて描写もなかなか美しい

    そして僕が元々求めていた「広く撮りたい」という願望もしっかり叶えてくれる。フルサイズ換算27mmという画角なので、結構広角で撮影ができます。

    また調べてみると描写もなかなか良いみたいで、特に作例を見てみたら透明感の素晴らしさをすごく感じました。「XF18mmF2 R」は2012年に発売されているので、もう10年近く昔のレンズなんですけど、写りの良さは最新のレンズたちに負けてなさそう。ここも僕が惹かれたポイントでした。

    「XF18mmF2 R」の主な仕様

    「XF18mmF2 R」のメーカー公表の仕様も一応以下にまとめておきます。

  • 型番:フジノンレンズ XF18mmF2 R
  • レンズ構成:7群8枚
  • 焦点距離:18mm(フルサイズ換算:27mm)
  • マウント:Xマウント
  • 画角:76.5°
  • 光学式手ブレ補正:なし
  • 開放絞り:F2
  • 最小絞り:F16
  • 絞り形式:7枚(円形絞り)
  • 最短撮影距離:0.18m
  • 最大撮影倍率:0.14倍
  • フィルター径:Φ52mm
  • 最大径×長さ:64.5×33.7mm
  • 重量:約116g

  • 「XF18mmF2 R」の外観等をざっと紹介

    「XF18mmF2 R」の外観はちょっとずんぐりとした形状。ただとにかくサイズ感がコンパクトで、厚みも薄め。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,旅行

    パンケーキレンズとまではいかないですが、この小ささならコンパクトなカメラに装着してもバランス良いのではないでしょうか。手に乗せていても重さはほとんど感じません。持ち出しやすいですね。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,AF音

    レンズの造り自体はシンプルで、手前側に絞りリング、奥にフォーカスリングが付いているのみ。絞りリングは回すとカタカタっと音がしてクリック感があります。僕はヌルヌル回る絞りより、クリック感のある方が好き。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,うるさい

    前玉はこんな感じ。結構小さめですね。フィルター径もΦ52mmなので、こちらも少し小さめ。

    全体的にシンプルな造りで目立った特徴はないですが、やっぱりこのレンズはコンパクトさが一番のポイントでしょうね。重量116gはとにかく魅力。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,角型フード,パンケーキ,

    フードはFUJIFILMらしい角型フード。これは味があって格好いいですね。


    「XF18mmF2 R」をカメラに装着してみる

    全体の外観を見終わったところで、続いて実際に「XF18mmF2 R」をカメラに装着してみました。使ったカメラはFUJIFILM「X-E3」。

    コンパクトだから「X-E3」にもぴったり!

    付けてみてとにかく思うことは、やっぱり「XF18mmF2 R」は小さい(しつこい)。僕は軽いものが大好きな人間なので、どうしてもこの小ささ・軽さに惹かれてしまう。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,お洒落
    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,薄い

    特に「X-E3」自体がコンパクトなカメラなので、サイズ感としての相性が素晴らしい。以前ご紹介した「XF35mmF2 R WR」だと、ややレンズが長いのでカメラを置いたときに前に傾いてしまうのですが、「XF18mmF2 R」ならそんなこともありませんでした。

    オートフォーカスのガコガコ音が結構うるさい

    ただ少し気になったのは、やっぱりオートフォーカス。多くの方の「XF18mmF2 R」のレビューで言われている通り、オートフォーカス時の音がなかなかうるさい。思っていたよりも「ガコガコッ」と音がします。

    フォーカスが「全群繰り出し方式」を採用しているからしょうがないのかもしれないけど、これはさすがに気になるレベル。

    フジノン,18mm,f2,小さい,軽い,パンケーキ,シンプル

    特にフォーカスを前後で大きく移動させる(手前⇔奥)とすごい音がします。ここまでうるさいと、カフェとか美術館などの静かな場所でこのレンズを使うのはちょっと憚れるかも…。ここが「XF18mmF2 R」の最大の欠点と言えそうです。

    「XF18mmF2 R」の作例

    先日、「X-E3」にこのレンズをつけて、ちょっとだけスナップを撮ってきたので、一応「XF18mmF2 R」の作例も載せておきます。大した写真ではありません。



    基本的に全てjpg撮って出しで、リサイズだけしています(あと、容量が大きいのでかなり画質も落としています)。換算27mmの画角なので、やっぱり結構広く撮れますね。外で使う分にはオートフォーカスのガコガコ音も気にならないので、やっぱり街スナップとかに向いてるレンズですね。

    当ブログの中の人の感想

    とっても軽量・コンパクトな「XF18mmF2 R」。GooPassを使ってレンタルしてみましたが、僕のようなスナップ好きな方にはすごく向いているレンズだと感じました。

    ただやっぱり古いレンズでオートフォーカス音がすごいので、そこが気になる人は一旦敬遠した方がいいかも。僕もそこが気になって、自分で買うか迷っています。できればリニューアルして最新のオートフォーカスの仕様に変わってほしいなぁ。

    ただ写りは素晴らしいと思うので、気になる方はぜひ手に取ってみてはいかがでしょうか。GooPassで一度試してみるのもお勧めです。


    経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&カメラ小僧&旅人。モノゴトをわかりやすく伝える、それが信念。

    関連記事