「α7Ⅳ」がついに来る!? 10月21日23時、SONYの発表に注目!

sony,α,デジタル一眼

ついに来ました。

SONY(ソニー)の商品情報ページに、新たなティザーが掲載されました。今回はそのお話。記事としてはとっても短いです。ご容赦を。


待望の「α7Ⅳ」が発表される?

昨日(2021年10月18日)SONYの海外公式HPに、デジタル一眼カメラ“α”(アルファ)の新たなティザーが掲載・公開されていました(日本のサイトでは公開されていません)。そこに書かれていたのは「New camera is coming」の文字。


出典:Sony Asia Pacific

おそらくこれは世界中のSONYユーザーが待ち望んでいた「α7Ⅳ」の発表ではないかと予想されています。というのも、ここ最近になってα7Ⅳに関するリーク情報がかなり漏れてきていて、そろそろ来るのでは?という声が至るところから上がり始めていたのです。

僕もSONYユーザーの1人ですし、「α7Ⅳ」の登場をずっと待っていたので、これは心が踊らないはずはありません。

発表日時は2021年10月21日23時!?

そしてさらに注目なのは、そのティザー上の「Learn more」を押すとYouTubeに遷移するのですが、そこを見ると日本時間の2021年10月21日23時に新製品動画のプレミア公開が予定されているのです。


出典:YouTube「Sony|Camera Channel」

これはますます期待が高まる。21日は早寝はできませんね、きっと発表後はテンション上がってて寝れないでしょうし笑。

噂される「α7Ⅳ」の主なスペック

仮に今回の発表が本当に「α7Ⅳ」のものだとすると、気になるのはやはりそのスペックです。前機体の「α7Ⅲ」は発売された3年前の時点では本当に素晴らしいスペックで、フルサイズミラーレス一眼の歴史を変えたといってもいいほどメガヒットしました(今でもミラーレス一眼の売り上げランキングには常に顔を出しているくらい)。

今、世の中で噂されている「α7Ⅳ」のスペックのうち、特に注目のポイントを以下にまとめてみると、こんな感じ。

  • 新開発のセンサー:画素数は3,300万画素
  • 15ストップのダイナミックレンジ
  • 369万ドットのEVFを搭載
  • 背面モニターも改良されているようだが、詳細は不明
  • 動画は4K60Pまで撮影可能(ただし4.8Kのスーパー35mmモードのみ?)
  • 4K30Pは7Kからのオーバーサンプリング
  • IBIS(ボディ内手振れ補正)は5.5ストップ
  • ボディデザインは「α7sⅢ」と同じ
  • フルサイズのHDMI端子を搭載
  • 背面液晶はバリアングルモニター?
  • UHS-ⅡのSDカードとCFXpressカードに対応
  • メニュー画面は「α7sⅢ」と同じ新しいものを採用(=画像処理エンジンが「α7sⅢ」と同じになったということ?)
  • 価格は$2,499くらい?(日本円で30万円弱くらい?)
  • 内容としては大きな飛躍というわけではないものの、前機体からの“正当進化”といったところでしょうか。前々機体の「α7Ⅱ」ユーザーからすれば相当な違いがあるので、買い換える価値は大きいでしょうね。「α6000」シリーズユーザーのフルサイズへの移行も進みそう。

    a6400,a6600,sony,スモールリグ,シュー,自撮り

    スチール機能としては「3,300万画素」が嬉しい

    スペックの中で気になるところとしては、まずは3,300万画素という画素数。

    これまでの「α7Ⅲ」では約2,400万画素でしたが、「もうちょっと画素数欲しいけど、α7Rシリーズのような5,000万画素まではいらない…」という声って、意外と多かった気がするんですよね。今回はその声に見事に答えるような、実に“ちょうど良い画素数”なのではないでしょうか。


    引用:SONY公式HP

    僕も写真を撮ることが多いので、この3,300万画素というのはすごく嬉しい。5,000万画素だと解像感は良いんですけど、逆に暗所に弱くなりますからね。3,300万というのは本当にちょうど良い画素数です。

    動画機能としては「4K60P」撮影のところがちょっと気になる…

    あと動画機能についてですが、これに関しては「4K60P」の部分が少し気になる。というのも、噂によると「4K60P」は撮影できるものの、“スーパー35mmモードの時のみ”のようなんですよね(スーパー35mmモード:簡単にいってしまうとAPS-Cサイズで撮影できるモードのこと)。

    外部マイク,road,videomicro,ビデオマイクロ,一眼,コンパクト

    ということは「4K60P」だとかなりクロップされてしまうことになるので、これは動画ユーザーからするとちょっとマイナス要素なのではないでしょうか。スーパー35mmモードだと画素数も落ちるので、実質的には高解像度での4Kスロー撮影ができないことになりますからね。

    僕も仕事で動画撮影することも多いので、ここは気になるところ。動画メインでα7Ⅲとかを使っていた方からすると、買い替えるか悩ましいですね。

    2021年10月21日23時公開が待ち遠しい

    と、まぁ色々と考えを巡らせたところで詳細はもちろんわからないので、正式発表を待つしかないわけですが、気になるその発表日時はティザーによると「2021年10月21日23時」。

    SONYのカメラが好きな方、21日を楽しみに待ちましょう!あと少し!


    経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&カメラ小僧&旅人。モノゴトをわかりやすく伝える、それが信念。

    関連記事