• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • カメラをカビから安く・手軽に守る。HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」を買ってみた。

カメラをカビから安く・手軽に守る。HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」を買ってみた。

HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,入れてみた,レビュー

新しいカメラの収納ボックス、買いました。

以前の記事でもいくつかご紹介していますが、僕は普段の仕事やプライベートでも結構カメラをよく使うので、色々とボディやレンズを所有しています。そんなカメラ機材って結構デリケートなモノでして、特に高湿度に弱いんですよね。湿度の高いところに置いておくと、ボディやレンズ内にカビが生えちゃう。

そんな時に便利なのがカメラの収納ボックス。今回新らしいモノを購入したので、ぜひ皆さんと共有したいと思い、レビューを綴ることにしました。

今回僕が購入したカメラの収納ボックスは、HAKUBAの「ドライボックスNEO 5.5L」です。

HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,透明

今回購入したカメラ収納ボックスはHAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」

今回僕が購入したのはカメラの収納ボックスは、HAKUBAの「ドライボックスNEO 5.5L」。メーカーは、もはやカメラユーザーで知らない人はいないであろうカメラ関連アイテムを扱っている「HAKUBA」です。

というより、今回購入した収納ボックスも、もはやカメラユーザーで知らない人はいないんじゃないかっていうくらい有名なモノ。特にカメラのライトユーザーに人気のアイテムです。

HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」のここが良い

改めてこのHAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」の良いところをまとめてみると、こんな感じ。

  • 乾燥剤を入れるケース付きで、カビ対策ができる
  • コンパクトで収納に便利
  • 半透明だから中にどんな機材を入れたかがすぐわかる
  • それでいて値段が安い
  • 乾燥剤を入れるケース付きで、カビ対策ができる

    HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」の一番の特徴は、なんと言ってもボックス内に乾燥剤を入れるケースがついていて、ボックス内の湿度を吸ってくれること。カメラは精密機械でカビに弱いので、湿度管理は必須になります。特に日本の夏は湿度が非常に高いので、こういった湿度管理ができる収納ボックスはとても便利なんです。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,セット,防湿剤

    コンパクトで収納に便利

    僕が購入した5.5Lのモノは、結構収納力は高いのにサイズもコンパクト。だから部屋で保管するときも邪魔になりにくい。複数のボックスを上に重ねて保管することもできます。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,外観

    カメラの収納には、もっとハイスペックで高額な「防湿庫」なるものもあるんですが、あれって結構部屋が大きくないと場所を取るんですよね(僕の会社ではこっちを使っています)。もちろん性能は素晴らしくて、温度・湿度を常に一定に保つことができる優れものなんですけど、サイズ・重量面がネックになります。


    半透明だから中にどんな機材を入れたかがすぐわかる

    あと素材が半透明のプラスチックなので、中が透けてるのも良いところ。複数のボックスを持っていたりすると、それぞれどのボックスに何の機材(カメラボディ、レンズ)を入れたかってわかりにくいんですけど、透けてるから中が見えて一覧性がすごく高くなります。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,中が見える

    値段はAmazonなら1,500円以下という安さ

    そんななかなか便利なHAKUBAの「ドライボックスNEO 5.5L」ですが、お値段もなかなか安くて、Amazonなら1,500円以下で購入できてしまいます。タイムセールとかになったらもっと安くなるかも?その程度の出費で高価なカメラ・レンズをカビから守れるんだから、お安いもんですよね。

    メーカー公表の仕様

    念のため、HAKUBAの「ドライボックスNEO 5.5L」のメーカー公表の仕様も下に載せておきます。

  • ブランド:HAKUBA
  • 容量:5.5L
  • 外寸:W330×H135×D220mm
  • 内寸:W250×H105×D175mm
  • 材質:ポリプロピレン、ABS樹脂(本体)/シリコンゴム(パッキン)
  • 付属品:乾燥剤(15g×2)
  • カラー展開:3色(ウォームグレイ、クリア、スモーク)

  • HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」を細かく見てみる

    先日Amazonで購入したものが手元にあるので、HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」の全容をご紹介します。カラーバリエーションは3色で、僕は今回スモークを購入しました。ウォームグレイっていうカラーもお洒落だなって思ったんですけど、これは中が透けていないので最終的に候補から外しました。

    外観は至って普通のクリアボックス

    HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」の本体外観はこんな感じ。見た目は至って普通のクリアボックスです。でも中がしっかり見えるので、この辺りの一覧性の良さはプラスポイントでしょう。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,外観
    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,ダサい

    ただ側面に描かれているイラストをよくよく見てみると…ちょっとダサいか。…いや、すごくダサいね。なんか子供のおもちゃ箱みたい。この辺りのデザイン性やお洒落さを求めるなら、スモークのカラーではなく、ウォームグレイを選ぶのをお勧めします。ウォームグレイの方がもう少しミニマルで大人っぽいデザインになっているので。


    パッキンの付いた蓋がしっかり密封してくれる

    蓋は両サイドに取り外し用の取っ手があって、内側にはパッキンがつけられています。これがあることで、ボックス内の密閉性が格段に高まります。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,簡単

    蓋の裏側に付ける除湿剤が湿気を取り除いてくれる

    そしてこのHAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」最大の仕掛けといえば、蓋の裏側。ここには取り外し可能な除湿剤ケースが付いていて、ここに付属の除湿剤2つを入れておくことで、ボックス内の湿気を取り除いてくれるわけです。簡単な仕組みだけど、シンプルでいい。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,ポケット
    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,セット,防湿剤


    HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」を実際に使ってみた

    一通りHAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」をチェックしたあとは、実際にカメラやレンズを入れて使ってみました。

    まずは付属の除湿剤をケースにセッティング

    まずは同梱物として付属してくる除湿剤2つを、蓋裏側のケースに入れてセッティングします。やり方は至ってシンプルで、ケースを開けたら除湿剤を並べて置いて、蓋を閉める。これだけ。簡単ですね。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,手入れ

    カメラボディ1台・レンズ6本が入った

    そして後はボックスに機材を入れるだけ。今回入れたものは以下のカメラボディ・レンズです。5.5Lのコンパクトなボックスですが、意外と入りました。

  • SONY α6600(カメラボディ)
  • FE 35mm F1.8(レンズ)
  • Sonnar T* E24mm F1.8 ZA(レンズ)
  • フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4(レンズ)
  • E PZ 16-50mm F3.5-5.6 OSS(レンズ)
  • SIGMA 16mm F1.4 DC DN(レンズ)
  • HELIOS 44M 2/58(レンズ)
  • HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,入れてみた,レビュー
    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,

    カメラ等を収納するときは少し隙間を作った方がいいらしいので、ぎゅうぎゅうに詰め込まないようにするのがポイント。ただ僕はまだ他にも機材があるので、もう1つ同じボックスを後日購入しようと思います。よき。

    HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」の気になったところ

    HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」はなかなか良い感のアイテムだったのですが、気になるところもあったので、その点もまとめておきます。

    少し長めのレンズは縦向きでは入らない

    まず1つ目は、長めのレンズだと縦向き(縦置き)では入らないというところ。例えば、今回「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」というレンズをボックスに収納したのですが、初めは縦置きで入れてみたんですよね。ただこれだとレンズの縦が長すぎて、蓋が閉まりませんでした。下の写真みたいに、蓋にレンズがぶつかってしまいます。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,欠点

    「SIGMA 16mm F1.4 DC DN」の全長は92.3mm(メーカー公表値)。同じくらいの長さのレンズや、これ以上長い鏡筒のレンズだと縦置きはできないので、横向きに入れるしかありません。そうすると、結構場所を食います。ここがちょっとマイナスポイントでしょうか。比較的コンパクトなレンズを収納するだけなら何ら問題はないんですけど。

    定期的に除湿剤を入れ替えなければいけない

    あともう1つは、当たり前なんですけど除湿剤を定期的に入れ替えなければならないこと。前述の防湿庫だったら電気で温度・湿度管理ができるから、ずっとほったらかしでいいんですけど、HAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」は除湿剤で湿度を管理するアナログなアイテムなので、除湿剤に湿気が溜まってきたら、入れ替えが必要です。

    HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,セット,防湿剤

    この辺りは少し面倒かもしれません。まぁお安いからしょうがないんですけどね。一応Amazonでも入れ替え用の防湿剤は販売されているので、簡単に購入もできます。


    このカメラ収納ボックスが向いている人・向いていない人

    最後に改めてHAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」の良いところ・悪いところを踏まえながら、「このカメラ収納ボックスが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    カメラ収納ボックスが向いている人

  • 安価でカメラ機材をカビから守りたい人
  • コンパクトな機材が多い人
  • 一覧性の高い収納ボックスがいい人
  • このカメラ収納ボックスが向いていない人

  • 乾燥剤の入れ替えが面倒!な人
  • フルサイズ以上の比較的大きな機材が多い人
  • HAKUBA,ハクバ,カメラ,収納ボックス,防湿,

    当ブログの中の人の感想

    カメラ機材って集めだすと簡単にウン十万円を超えてくるほど高価なので、やっぱり大切に保管したい。特にカビが生えてしまうと、仮に売りに出すときも査定に響きますからね。なので今回購入したHAKUBA「ドライボックスNEO 5.5L」は、手軽・安価でカビ防止対策を行うにはもってこいのアイテムだと思いました。

    防湿剤の入れ替えなど、ちょっと面倒なところもありますが、それはお安いアイテムなので致し方ないところでしょうか。お値段も1,500円前後で購入できるので、カメラ始めたての方などはお試しで買ってみても良いと思います。ぜひ一度チェックしてみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事