iPad miniでのLAW画像編集にお勧め。「USBマルチカードリーダー」購入レビュー。

マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,iPad

新しいカードリーダー、買いました。

以前にもAnkerのSDカードリーダーを購入し、それを記事で綴ったのですが、今回ワケあってまた別のカードリーダーを購入しました。あまり期待していなかったのですが笑、思ったよりも良いガジェットだったので、今回はその購入レビューを綴ります。

今回僕が購入したのは「USBマルチカードリーダー」(名称不明)です。

マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,便利

iPad miniでRAW画像を編集したいけど、Lightning端子のSDカードリーダーがない

最近僕はどんどんズボラになってきていまして、画像の加工・編集もPCじゃなくてiPad miniで手軽に済ませたいんですよね(PCを立ち上げるのすら面倒なのです)。

ただ、僕がメインカメラとして使用しているSONYのα6600は、Wi-FiでRAWデータを飛ばすことができないので、SDカードをケーブルで接続してiPad miniに読み込ませないといけないんです。

a6400,a6600,sony,スモールリグ,シュー,自撮り

そこで問題になってくるのがiPad miniの接続端子。iPad miniって、端子がいまだにLightningなんですよね怒。僕が現在所有しているSDカードリーダーって、ケーブル端子がUSB-AかUSB-Cのものしかないので、これらは全部使えないというわけ。

マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,iPad

そこでやむを得ずiPad miniにも直接接続できる、Lightning端子を持ったSDカードリーダーを新しく購入することになったのです。

「USBマルチカードリーダー」のここが良い

そこでいつものAmazon先生で何か良いSDカードリーダーはないかなぁと色々物色していたところ、「USBマルチカードリーダー」を見つけました(おそらく中華製です。中華製あるあるですが、商品名が不明なので、とりあえずこう呼ぶことにします)。改めてこの「USBマルチカードリーダー」の良いところをまとめてみると、こんな感じ。細かくは後述します。

  • 接続端子が3in1(USB-A、USB-C、Lightning)で便利
  • 薄型・コンパクトで持ち運びも楽チン
  • 専用のアプリをインストールしなくてもすぐ使える
  • 接続端子が3in1(USB-A、USB-C、Lightning)で便利

    まず何と言ってもこの「USBマルチカードリーダー」が優れているのは接続端子が3in1ということ。USB-A、USB-C、Lightningの3つに対応できるので、現在主流となっている端子は大方使えます。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,3種類

    僕の場合はUSB-Aはもうあんまり使わないと思うんですが、USB-CとLightningはよく使うので、この2つがあるだけでもありがたい。

    薄型・コンパクトで持ち運びも楽チン

    あとサイズ感もとっても薄型・コンパクトで、重量も軽い。手で持ってもほとんど重さは感じません(21.5g)。これならバッグにポンっと入れておいても負担感はゼロ。「軽いは正義」主義な僕にとっては、この点もプラス材料です。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,安っぽい

    専用のアプリをインストールしなくてもすぐ使える

    あとモノによっては専用アプリをインストールしないと使えないガジェットもあったりしますが、この「USBマルチカードリーダー」はプラグアンドプレイの仕様なので、そういった専用アプリなどを必要としません。デバイスに差し込んだら、すぐ使えます。

    値段はAmazonなら1,800円前後

    多機能なのにお値段もなかなか安くて、Amazonなら1,800円前後で購入できてしまいます。まぁ中華製なので、耐久性も込みでこの値段なんだと思いますが。でもこれくらい安価なら、仮に失敗だったとしても心的ダメージは少なく済みます。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,使いやすい

    メーカー公表の仕様

    念のため、「USBマルチカードリーダー」のメーカー公表の仕様も下に載せておきます。

  • ブランド:MAXKU(中華製)
  • 接続端子:3in1(USB-A、USB-C、Lightning)
  • 重さ:21.5g
  • サイズ:6.5×6.5×6.5cm
  • カラー展開:1色(ホワイト)

  • 「USBマルチカードリーダー」を細かく見てみる

    先日Amazonで購入したものが手元にあるので、「USBマルチカードリーダー」の全容をご紹介します。カラーバリエーションは1色しかなかったので、今回はホワイトを購入しました。ブラックあったら嬉しかったなぁ。

    外観は三角形のユニークな形状

    全体の外観はこんな感じ。三角形のおにぎり型の形状をしていて、3種類の接続端子がそれぞれの角に付いていました。端子には保護用のキャップも被されています。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,小さい
    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,3種類

    なかなかユニークな形状をしていますが、3in1の特徴をうまく活かしたデザインかもしれませんね。

    端子部分の作りは結構しっかりしている

    USB-A、USB-C、Lightning端子部分を見てみると、中華製にしてはかなりしっかりした作り。歪みやズレなどもありませんでした。最近中華製のガジェットは精度上がってきていますね。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,
    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,USB-A
    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,USB-C

    平な側面にSDカードリーダーの穴が開いている

    肝心のSDカード挿入部分はUSB-CとLightning端子の間に開いていました。ちなみにSDカードとMicro SDカードの両方に対応しているようです。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,

    サイズは手のひらサイズ

    僕は外出先でも画像の編集を行うことがあるので、持ち運びやすさも大事なんですが、この「USBマルチカードリーダー」は3in1ながらなかなかコンパクト。まさに手のひらサイズです。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,軽い
    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,コンパクト

    iPhone SE2と並べると小ささがよりわかりやすいでしょうか。これなら手軽に持ち運べるので、iPad miniとの組み合わせはかなり良さそう。


    「USBマルチカードリーダー」を実際に使ってみた

    一通り「USBマルチカードリーダー」をチェックしたあとは、実際にiPad miniと接続して使ってみました。

    SDカードをかなり深く差し込む必要あり

    まずはSDカードを「USBマルチカードリーダー」に差し込んでみると、こんな感じになりました。差し込んだ感じは特にどこかが引っ掛かることもなく、スムーズに挿入完了。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,iPhone

    ただ、結構深いところまで差し込まないといけないみたいで、一瞬「え、まだ奥まで入れるの?」って不安になりました。後述しますが、この部分が実は結構マイナスポイントに。

    デバイスの認識は良好

    次にiPad miniに接続してみたところ、認識は良好。しっかりSDカードリーダーのLAWデータが読み込めました。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,写真

    その後、PhotoshopやLightroomで普通に編集もできました。これは最近のズボラな僕も大喜び。

    画像を読み込むときはiPadの「写真」アプリを立ち上げる必要あり

    ただ画像を読み込むときは、必ずiPad(iPhone)の「写真」アプリを立ち上げる必要があります。「写真」アプリを立ち上げると、その中にSDカードのファイルが出てくるので(「デバイス」と出てくると思います)、それを開けばOK。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,読み込み

    「USBマルチカードリーダー」をただiPad miniに差し込んだだけではファイルは自動では立ち上がりませんので、ご注意を。


    「USBマルチカードリーダー」の気になったところ

    手軽にLAW画像がiPad miniで編集できるようになる「USBマルチカードリーダー」は、僕にとってなかなか良い感のアイテムだったのですが、気になるところもあったので、その点もまとめておきます。

    ちょっと安っぽい

    まず1つはビルドクオリティがちょっと低くて安っぽく感じること。まぁ値段が値段ですし中華製ガジェットなので、この辺りは致し方ないところでもありますが。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,安っぽい

    全体的にかなりプラスチッキーで、なんかおもちゃみたいです。そう考えると、以前購入した超小型SDカードリーダー「Anker 2-in-1 カードリーダー」はビルドクオリティも最高で、かなりハイレベルなガジェットだった気がしますね。

    SDカードがめちゃくちゃ取り出しにくい

    あともう1つ気になったのは、差し込んだSDカードが取り出しにくいこと。これがなかなかのマイナスポイントでした。前述の通りSDカードを結構深くまで差し込まないといけないので、取り出すときにはちょびっと出ているカードの最上部をつまんで引っ張り出さなきゃいけない。

    マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,iPhone

    ただこれがなかなか抜けないんです。結構しっかりした作りになっているのが逆に災いしていて、抜くときはそこそこ力がいるんですけど、ちょびっとしか頭が出ていないのでカードはつまみにくいし、力がなかなか入らない。

    女性だと爪が長かったりすると思うので、抜くのに相当苦戦するのではないでしょうか。手軽さとのトレードオフと言い聞かせるしかないですが、ここは結構残念なポイントでした。

    このSDカードリーダーが向いている人・向いていない人

    最後に改めて「USBマルチカードリーダー」の良いところ・悪いところを踏まえながら、「このSDカードリーダーが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このSDカードリーダーが向いている人

  • iPad miniでSDカードのデータを読み書きしたい人
  • 軽量・コンパクトなガジェットが好きな人
  • たくさんの接続ケーブルを持ち歩きたくない人
  • このSDカードリーダーが向いていない人

  • ビルドクオリティの高いガジェットじゃなきゃ嫌な人
  • 中華製は信用ならん!な人
  • マルチカードリーダー,SDカード,USB,micro USB,Lightning,いつでも

    当ブログの中の人の感想

    どんどんズボラ化が進む僕にとって、iPad miniで手軽に画像編集できるようになるこの「USBマルチカードリーダー」はなかなか使えるアイテムでした。ただ、やっぱり抜き差しがちょっとしづらいのは気になるところ。ここは後継ガジェットに期待したいですね。

    ただお値段は1,800円前後で購入できるので、お試しで買ってみるのは全然ありだと思います。読み込みとかは全く問題ないですからね。新しいSDカードリーダーを探している方・購入予定の方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事