• HOME
  • BLOG
  • ガジェット
  • “耳を塞がない”ワイヤレスイヤホン「Ucomx Airwings」。カナル型が苦手な人にお勧め。

“耳を塞がない”ワイヤレスイヤホン「Ucomx Airwings」。カナル型が苦手な人にお勧め。

ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,軽い,連続再生

新しいワイヤレスイヤホン、買いました。

以前にもいくつか記事で綴ったのですが、僕はこれまで色々なイヤホンやヘッドホンを使ってきました。ただ去年からZoom会議が非常に多くなったことで、イヤホンの使用時間が増え、耳がめちゃくちゃ痛くなってきたんですよね。

そこでこの問題に早急に対処せざるを得なくなり、新しいイヤホンを探していたところ、なかなか良いアイテムに出会えました。ぜひ皆さんと共有したいと思ったので、今回はその購入レビューを綴ります。

今回僕が購入したのはワイヤレスイヤホン「Ucomx Airwings」です。

ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,コンパクト

これまで僕がZoom会議で使っていたイヤホンたちはこれ

これまで僕がZoomやTeamsなどのオンライン会議で使っていたイヤホンたちは、以下のラインナップになります。有線のものも含めて色々試しましたが、最終的には完全ワイヤレスイヤホンのTaoTronics「SoundLiberty 94」かSOUNDPEATS「TrueAir2」に落ち着いていました。

ノイズキャンセリング機能が必要な場合はTaoTronics「SoundLiberty 94」、音質と価格を重視するならSOUNDPEATS「TrueAir2」は本当にお勧め。実際にヘビーユーズして、僕の中で優良アイテム認定されています。



イヤホン使用時間が急増してまさかの外耳炎発症

前述のイヤホンたちを使ってテレワークを続けていたのですが、最近になって耳がめちゃくちゃ痛くなってきまして。特に耳の中が炎症を起こしてしまい、何やら膿のようなものが出てきたり…。こりゃ本格的にまずいことになったと思い、耳鼻科を訪問したところ、外耳炎の診断を受けました。


てかお医者さん曰く、最近外耳炎の患者さんがめちゃくちゃ増えているとのこと。やっぱりテレワークでイヤホンを付ける時間が増えたからだそうです。意外なところにテレワークの弊害が出てきてますね。

耳穴に入れなくても良いイヤホンを探してみた

とにかく耳の中が痛くて、とりあえず今は「今まで使っていたイヤホンは使えない…」となってしまったので、なんとか解決策を模索することに。そこで思いついたのが“耳穴に入れなくてもいい”イヤホンってないのかな?ということ。例えば骨伝導のイヤホンとかね。

ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,軽い

ヘッドホンでも良かったんですけど、ヘッドホンって耳全体を覆うから夏だと熱くてしんどいじゃないですか。だから何とかイヤホンで見つからないかなと色々探してみたところ、「Ucomx Airwings」をAmazonで見つけたのでした。

「Ucomx Airwings」のここが良い

改めてこのワイヤレスイヤホン「Ucomx Airwings」の良いところをまとめてみると、こんな感じ。

  • 耳穴に入れない(耳を塞がない)から耳への負担がすごく少ない
  • 重量18g程度で超軽量
  • 連続再生10時間の大容量バッテリー
  • それでいて値段が安い。
  • 「耳に引っ掛けるだけ」だから耳が痛くならない

    「Ucomx Airwings」の一番の特徴は、なんと言っても「耳穴に入れないワイヤレスイヤホン」ということ。通常のイヤホンのように耳の中にヘッド部分を差し込むのではなく、イヤーフックを耳に引っ掛けるだけでOK。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,耳に入れない

    これだけで音を聞くことができてしまうんです。今までになかった新しいタイプのワイヤレスイヤホンですね。これなら耳への負担が少ないので、僕のようにテレワークで耳が痛くなってしまった人には最高です。

    コンパクト・軽量で運動にも最適

    サイズ感も左右が繋がったワイヤレスイヤホンにしては結構コンパクトで、重量も約18g程度しかありません。スポーツにもぴったり。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,コンパクト

    連続再生時間10時間の大容量バッテリー

    さらにバッテリーもかなり長持ちするみたいで、連続再生時間は10時間、待機時間は200時間持つらしい。朝から仕事終わりまで、一日使えるレベルです。

    値段はAmazonなら4,000円以下という安さ

    そんななかなか高機能な「Ucomx Airwings」ですが、お値段もなかなか安くて、Amazonなら4,000円以下で購入できてしまいます。タイムセールとかになったらもっと安くなるかも?壊れてもそれほど精神的ダメージを受けにくいお安さなのも嬉しいところです。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,物理ボタン

    メーカー公表の仕様

    念のため、「Ucomx Airwings」のメーカー公表の仕様も下に載せておきます。

  • ブランド:UCOMX
  • 無線形式:Bluetooth5.0
  • 重さ:17.7g
  • 防水レベル:IPX5
  • カラー展開:3色(ブラック、オリーブグリーン、レッド)
  • 連続再生時間:約10時間(待機時間は200時間)

  • 「Ucomx Airwings」を細かく見てみる

    先日Amazonで購入したものが手元にあるので、「Ucomx Airwings」の全容をご紹介します。カラーバリエーションは3色で、僕は今回ブラックを購入しました。最近流行りのオリーブグリーンも綺麗な色なのでちょっと惹かれたんですけど。

    パッケージは安定のダサさ

    パッケージは中華製ならではの、このダサさ。期待を裏切りません。やっぱり国や文化によって、好まれるデザインって違いますね。アートディレクターとして、この辺りは常に意識しておきたい。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,パッケージ

    ちなみに同梱物は以下の3つ(本体、説明書、充電用ケーブル)だけでした。シンプルですね。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,同梱物

    首と耳に沿うようなコンパクトな形状

    全体の形としては、こんな感じ。装着した時に首と耳に沿うような形状をしています。チタン合金が中に使われているようで、「骨」が入っているような適度な硬さがあって、首部分などは形状をしっかり保ってくれる。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,軽い,連続再生

    完全独立型ではないワイヤレスイヤホンはからぶらんと掛けられるタイプのものが多くて、全体的にちょっと長めの設計になっていることが多いですが、この「Ucomx Airwings」はかなりコンパクトサイズ。装着しててもあまり目立たなそうで良い。

    イヤーフックはシリコン素材

    耳に引っ掛けるイヤーフックはこんな感じ。素材はシリコンなので、長時間装着していても耳が痛くなることはなさそう。ただサイズの調整はできないので、人によってサイズが合わないということもあるかも。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,音漏れしない

    イヤホン内側は音が出る開口部のみ

    イヤホンは内側に音が出る穴が開いていて、耳に引っ掛けた時にここが耳穴にちょうどフィットする設計。耳穴にイヤホンを差し込まなくても、これだけで音がしっかり聞こえるんだからすごいですよね。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,ジョギング

    イヤホン外側が物理ボタンになっている

    そしてイヤホン外側は、全体が物理ボタンになっていて、カチッと押し込むことができます。この物理ボタンの操作によってペアリングなどが行える仕組み(後述)。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,長時間

    さらにイヤホン下部には音量調節等ができるボタンも付いていました。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,音量

    この物理ボタンというのが本当にありがたい。というのも、僕がこれまで使ってきた完全ワイヤレスイヤホン「」などは、みんなタップ式のボタンなんですが、これが本当に誤操作しやすいんですよ。ちょっと指が触れただけで音量が変わってしまったり、再生が停止しちゃったりする。これがめちゃくちゃストレス。

    物理ボタンだとしっかり押さないといけないので、誤操作することはあずありません。世の中のワイヤレスイヤホンはみんな物理ボタンにしてほしい。切実に。

    イヤホン側部に充電用のmicro USB端子が開いてる

    ちなみにイヤホン側部には充電用のmicro USB端子がありました。ここに付属の充電ケーブルを差し込めば、直接充電することができます。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,microusb

    ただ、できれば端子はUSB-Cがよかった。ここは残念ポイント。


    「Ucomx Airwings」を実際に使ってみた

    一通りシリコンパワー「Ucomx Airwings」をチェックしたあとは、実際にiPhoneと接続して使ってみました。

    iPhoneとのペアリングはとっても簡単

    まずはペアリング。今回は僕が普段使っているiPhone SE2とBluetoothで接続してみました。やり方としては、iPhoneの「設定」→「Bluetooth」の画面を開いた状態で、「Ucomx Airwings」右イヤホンの外側を5秒間長押し。そうするとイヤホンがペアリングモードに入るので、あとはiPhoneの画面に表示される「AirWings」の文字をタップするだけ。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,ペアリング
    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,ペアリング,簡単

    これだけですぐペアリングされます。2回目以降は「Ucomx Airwings」の電源をオンにするだけで自動的にペアリングされます。

    そして嬉しかったのは、複数台のデバイスと自動で同時接続できたところ。iPhoneとペアリングした状態で、試しにiPadとも繋いでみたんですけど、同時接続が可能でした。ワイヤレスイヤホンによっては、どちらか一方と繋がっている状態だと、同時接続はおろか、ペアリングすらできない(1台目をペアリング解除してからじゃないと、繋がらない)ものもありますからね。

    音質は良くもなく悪くもなく

    気になる音質ですが、これは正直なところめちゃくちゃ良いとは言い難い。やっぱり耳穴とイヤホンが物理的に離れているので、少し音の臨場感とか迫力がない感じ。特に低音の鳴りは良くないですね。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,長時間

    この辺りは「耳穴に入れない」というこのイヤホンの性質上、難しいところなのでしょうかね。トータルの音質としては良くもなく悪くもなくといった感じなので、最高の音質で聞きたい!という方には、ちょっと「Ucomx Airwings」は向かないかもしれません。

    不思議なことに音漏れは少ない

    ただこの「Ucomx Airwings」を使ってみて一番びっくりしたのは、音漏れが全然しないということ。耳穴に入れないイヤホンだから、結構音漏れが心配だったんですけど、結構大きめの音量にした状態でも音漏れは大丈夫でした(職場の同僚に1.5mくらい離れて検証してもらいました)。これはかなりプラス要素。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,コンパクト

    フィット感が良くて走ってもズレない

    あと装着感としてはすごく耳へのフィットが良くて、走ったりしてもずれることはありませんでした。イヤーフックの部分の作りがしっかりしているからかな?

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,音漏れしない

    素材もシリコン素材だから耳が痛くもなりませんでした。カナル型のイヤホンが苦手な人はもちろんのこと、これならスポーツジムとかランニング中も使えそう。スポーツ用途としては合格点ですね。

    「Ucomx Airwings」の気になったところ

    外耳炎まで発症してしまった僕にとって、耳に掛けるだけのワイヤレスイヤホン「Ucomx Airwings」はなかなか良い感のアイテムだったのですが、気になるところもあったので、その点もまとめておきます。

    若干マイクの音が遠い?

    音質に関しては僕はそれほど気にしないタイプなのでそれはいいとして、1つ気になったのはマイクの音です。「Ucomx Airwings」にはもちろんマイクも機能として付いているんですが、声を拾う力が若干弱いかもしれません。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,お洒落

    Zoom会議でも一度使ってみたのですが、少し僕の声が聞き取りづらいと言われました。音が少し小さいのと、少しこもった声に聞こえたみたい。なのでZoomプレゼンとかで自分がメインで話す場では、少し「Ucomx Airwings」だと心許ないかもしれません。

    充電がUSB-C端子ではない

    あともう1つは、やっぱり充電端子がmicro USBであること。もうそろそろ、どんなガジェットもUSB-Cに移行しませんか? micro USBだと充電速度も遅いし、ケーブルを用意しておくのも数が増えてしまって大変なので。

    ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,microusb

    このワイヤレスイヤホンが向いている人・向いていない人

    最後に改めてシリコンパワー「Ucomx Airwings」の良いところ・悪いところを踏まえながら、「このワイヤレスイヤホンが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このワイヤレスイヤホンが向いている人

  • イヤホンの付け過ぎで耳が痛い人
  • カナル型のイヤホンが苦手な人
  • 運動用のワイヤレスイヤホンを探している人
  • このワイヤレスイヤホンが向いていない人

  • イヤホンは音質命でしょ!な人
  • マイクの性能が良いワイヤレスイヤホンを探している人
  • ucomx,bluetooth,ワイヤレスイヤホン,耳を塞がない,耳掛け式,耳が痛くならない,安い,ブルートゥース,防水,スポーツ,ジョギング

    当ブログの中の人の感想

    まさかの外耳炎発症によって新たなワイヤレスイヤホンを探さざるを得なくなりましたが、今回出会った「Ucomx Airwing」は僕としては結構満足できるアイテムでした。音質やマイクの集音力では少し物足りないところはありますが、耳掛け式というアプローチはなかなか新しい。カナル型のイヤホンが苦手な人にもお勧めできます。

    お値段も4,000円前後で購入できるので、お試しで買ってみても良いのではないでしょうか。スポーツ・運動での使用なら損はないと思います。新しいワイヤレスイヤホンを探している方・購入予定の方は、ぜひ一度チェックしてみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事