• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • レトロ描写が至高。フォクトレンダー「NOKTON classic 40mm F1.4」レビュー

レトロ描写が至高。フォクトレンダー「NOKTON classic 40mm F1.4」レビュー

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,前玉

新しいレンズ、買いました。

以前もカメラやレンズのレビューを綴っていますが、僕は普段趣味でも仕事でもカメラをよく使う人間でして。色々とボディやレンズを持っているのですが、また新しく1本レンズを購入しました。

今回購入したのは“オールドレンズライク”な描写の画作りができるユニークなレンズ。最近僕はふんわりやわなかな写真が大好きなのです。とても良いレンズだったので、ぜひ皆さんと共有したいと思い、購入レビューを綴ることにしました。カメラ好きな方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのはロシア製のオールドレンズ「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」です。


「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」はこんなレンズ

コアなカメラ好きな方から人気のフォクトレンダー(voigtlander)。描写とか焦点距離とか、他とは一味違うレンズをいつもリリースしてくれるメーカーで、僕も大好き。今回はその中でも「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」を購入しました。

このレンズは特にクラシカルでレトロな写りが特徴で、どことなくオールドレンズのようなふんわりした描写が得られます。僕は下の記事でも綴っていますが、オールドレンズ好きな人間でもあるので、ここにすごく惹かれました。

「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」のここが良い

僕が「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の良いなぁと思ったところを改めてまとめてみると、以下の点です。

  • 絞り開放付近でオールドレンズライクな柔らかなふんわり系の画が撮れる。
  • でも絞るとカリッとした描写も撮れる。
  • 焦点距離40mmという珍しい画角。広すぎず、狭すぎず。
  • 軽くてコンパクト。
  • 外観デザインがクラシカルでめちゃくちゃお洒落。
  • このクオリティのレンズとしては値段がとっても安い(3万円台で購入可能)
  • フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,軽い

    この6点。特にオールドレンズのような雰囲気がすごく良くて、そこがめちゃくちゃ気に入りました。またデザインのお洒落さも良い。レトロクラシックな雰囲気が好きな人は絶対気にいると思う。デザイナーさん、素晴らしい仕事をしてくれています。

    念のため、「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の仕様も以下に載せておきます。

  • ブランド:フォクトレンダー
  • マウント:VMマウント
  • フォーカス:MF
  • 手ブレ補正:なし
  • 焦点距離:40mm
  • 最小絞り値:F16
  • 開放絞り:F1.4
  • レンズ構成:6群7枚
  • 絞り羽:10枚
  • 最短撮影距離:0.7m
  • フィルター径:Φ43mm
  • サイズ:55×29.7mm
  • 重量:約175g

  • 「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の細かく見てみる

    先日マップカメラで購入したものが手元にあるので、その全容をご紹介します。値段は36,800円でした。このクオリティのレンズで3万円台とは、驚きです。すぐにでも買えちゃう。

    全体

    まず全体はこんな感じ。もうすでにカッコいい。このどことなくクラシカルなデザインは、他のレンズではなかなか味わえません。フォクトレンダーなので、やはりライカレンズには似ていますが。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,カッコいい
    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,小さい

    サイズ感としてはとってもコンパクトで、手にすっぽり収まるくらいの小ささ。重さも約175gしかないので、軽いレンズが好きな僕にとってもこれは嬉しい。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,軽い

    レンズ

    続いてレンズ面。とにかく前玉がめちゃくちゃ綺麗。この美しさはずっと見てられます。ずっとは見ないけど。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,前玉

    続いて後玉はこんな感じ。いいね、こちらも美しい。レンズ構成は6群7枚、絞り羽10枚です。


    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,絞り

    あとこのレンズって「シングルコート」と「マルチコート」の2種類が用意されているのも特徴です。それぞれのざっくりな違いは以下の通り。

  • シングルコート:オールドレンズのような柔らかくレトロな描写な画作りができる
  • マルチコート:コントラストのはっきりとした、より現代的な描写の画作りができる
  • 僕はオールドレンズが好きな人間なので、今回はシングルコートを購入しました。よりパキッとした現代的な描写が好きな人は、マルチコートを選ぶといいかも。シングルコートの場合、前玉のところに「S・C」の文字が入っています。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,シングルコート,sc


    ピントリング・絞り

    「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」はとってもコンパクトなレンズなので、ピントリングや絞りが少し扱いづらいかなと思っていたのですが、それぞれのリングには“つまみ”が付いていて、回しやすく配慮されていました。よく考えられたプロダクトデザインですね。


    マウント部分

    このレンズは「VMマウント」なので、独特の切り欠き形状になっています。この形状ですらカッコいい。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,vmマウント

    なお、僕のメインカメラであるα6600はソニーEマウントなので、直接このレンズを装着することはできません。つける時はマウントアダプターを介する必要があります。皆さんも購入時はマウントにご注意ください。

    とにかく色々とお洒落。所有欲がやけに満たされるレンズです。


    「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」を装着して撮影してみる

    一通り外観等をチェックした後は、実際にレンズを装着して写真を撮ってみました。撮影の前に色々と準備もしたので、それも一応ご紹介。

    マウントアダプターは「焦点工房」のものを装着

    前述のとおり、VMマウントである「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」をEマウントに装着するためには、間に変換マウントアダプターを噛ませる必要があります。

    今回は焦点工房のマウントアダプターを介してカメラに装着。このマウントアダプターがこれまた優れものなのですが、それに関してはまた別の記事でご紹介したいと思います。

    焦点工房,マウントアダプター,ヘリコイド,フォクトレンダー,pro,プロ,寄れる,最短撮影距離

    レンズ保護フィルターは安定の「Kenko 撥水レンズフィルター」

    いきなりレンズに傷をつけたくないので、念のための保護として「Kenko 撥水レンズフィルター」を購入して付けました。kenkoのフィルターは定番ですね。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,43mm,レンズ径
    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,フィルター

    ちなみに「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」のフィルター径は43mm。ちょっと小さめです。


    このレンズらしさを楽しむにはNDフィルターも付けた方が良き

    「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」シングルコートの良さってオールドレンズのような柔らかい描写だと思いますが、その“オールドレンズ感”は絞り開放付近でよく現れるとのこと(事前に調べました)。


    ただ良く晴れた日の日中とかだと、絞り開放1.4とかで撮ろうとすると光が入り過ぎて完全に白飛びしちゃうはず。特にα6600はシャッタースピードが1/4000までなので、余計に厳しい。

    そんな時はNDフィルター。「K&F CONCEPT」のお安いNDフィルターをとりあえず付けました。ただ手元にあったものはフィルター径が52mmのものだったので、43→52mmのステップアップリングを間に嚙ませています。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,開放
    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,ndフィルター



    「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の作例

    以上のような準備をして、早速「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」で撮影してきたので、一応作例としてそれも載せておきます。大した写真じゃないですが。



    とってもふんわり柔らかな画になった1枚目と、ちょっとふんわり感がありつつもコントラストしっかり目になった2枚目。なかなか面白い写真が撮れますね。人によっては“クセが強すぎる”という評価にもなるかもしれませんが、僕はこのクセはかなり好きかも。あと奥のボケ方もユニークで楽しい。

    これからもっとこのレンズを使い倒して、作品を撮っていきたいと思います。早く旅行に行って使いたいなぁ。


    このレンズの注意点

    とっても良いレンズで早速お気に入りになったわけですが、購入する時に少し注意した方が良い点もあるので、そこもお話ししておきます。

    開放付近はやっぱりかなりクセ強め

    前述の通りやっぱりクセはかなり強めです。特に絞り開放付近では周辺減光・パープルフリンジなどがすごい。でもこのレンズらしさって開放付近でこそ出てくると思うので、このクセの強さを許せない人は、「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」は向いてないかもしれません。

    でもマルチコートだとどうなんでしょうね。同じようにクセ強いのだろうか? その辺りは少し気になります。

    最短撮影距離が長いのであまり寄れない

    あと一番注意しなければいけないのは「あまり寄れない」ということ。「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の最短撮影距離は0.7mなので、被写体から結構離れていないとピントが合いません。このレンズ最大の弱点はここでしょうね。

    フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,前玉

    なのでレストランで料理の写真を撮りたい時とか、テーブルフォト系の撮影はほぼ不可能。最短撮影距離を短くしてくれるマウントアダプターを一緒に装着すれば、もっと寄れるようにもなるんですが、それがないとグッと寄った写真は撮れないので、物撮り的な写真が撮りたい方はこのレンズは使いづらいのではないでしょうか。

    このレンズが向いている人・向いていない人

    最後に改めて「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の良いところ・悪いところを踏まえながら、「このレンズが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このレンズが向いている人

  • オールドレンズライクなレトロ描写が好きな人
  • 軽くてコンパクトなレンズが好きな人
  • 高額なレンズにはちょっと手が出しづらい人
  • このレンズが向いていない人

  • 周辺減光やフリンジがたくさん出るとイライラしちゃう人
  • 物撮りなど寄って撮るのが好きな人
  • フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,外箱

    当ブログの中の人の感想

    以前「HELIOS 44M 2/58」というオールドレンズを購入して以来、完全にふんわり描写の虜となった僕にとって、この「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」のレトロ描写は最高でした。確かに少しクセが強い面もありますが、そんなところすら愛おしい。

    これから写真はバンバン撮っていこうと思いますが、今度はこのレンズで動画も撮影してみようかな。色々と創作意欲を掻き立ててくれるレンズですね。興味のある方はぜひ一度手にとってみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事