• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • レトロ描写が至高。フォクトレンダー「NOKTON classic 40mm F1.4」レビュー

レトロ描写が至高。フォクトレンダー「NOKTON classic 40mm F1.4」レビュー

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,前玉

新しいレンズ、買いました。

以前もカメラレンズのレビューを綴っていますが、僕は普段趣味でも仕事でもカメラをよく使う人間でして。色々とボディやレンズを持っているのですが、また新しく1本レンズを購入しました。

今回購入したのは“オールドレンズライク”な描写の画作りができるユニークなレンズ。最近僕はふんわりやわらかな写真が大好きなのです。とても良いレンズだったので、ぜひ皆さんと共有したいと思い、購入レビューを綴ることにしました。カメラ好きな方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのは「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」です。

この記事を読むと、以下のことがわかります。

この記事を読むとわかること

  • 「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の特徴
  • 「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の外観
  • 「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」をEマウントで使う際に必要なもの
  • 「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の注意点
  • 「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」が向いている人・向いていない人


「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の特徴

コアなカメラ好きな方から人気のフォクトレンダー(voigtlander)。描写とか焦点距離とか、他とは一味違うレンズをいつもリリースしてくれるメーカーで、僕も大好き。今回はその中でも「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」を購入しました。

このレンズは特にクラシカルでレトロな写りが特徴で、どことなくオールドレンズのようなふんわりした描写が得られます。僕は下の記事でも綴っていますが、オールドレンズ好きな人間でもあるので、ここにすごく惹かれました。

「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」のここが良い

僕が「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の良いなぁと思ったところを改めてまとめてみると、以下の点です。

このレンズが向いている人

  • 絞り開放付近でオールドレンズライクな柔らかなふんわり系の画が撮れる。
  • でも絞るとカリッとした描写も撮れる。
  • 焦点距離40mmという珍しい画角。広すぎず、狭すぎず。
  • 軽くてコンパクト。
  • 外観デザインがクラシカルでめちゃくちゃお洒落。
  • このクオリティのレンズとしては値段がとっても安い(3万円台で購入可能)

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,軽い

この6点。特にオールドレンズのような雰囲気がすごく良くて、そこがめちゃくちゃ気に入りました。またデザインのお洒落さも良い。レトロクラシックな雰囲気が好きな人は絶対気にいると思う。デザイナーさん、素晴らしい仕事をしてくれています。

レンズの仕様

念のため、「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の仕様も以下に載せておきます。

レンズの仕様

  • ブランド:フォクトレンダー
  • マウント:VMマウント
  • フォーカス:MF
  • 手ブレ補正:なし
  • 焦点距離:40mm
  • 最小絞り値:F16
  • 開放絞り:F1.4
  • レンズ構成:6群7枚
  • 絞り羽:10枚
  • 最短撮影距離:0.7m
  • フィルター径:Φ43mm
  • サイズ:55×29.7mm
  • 重量:約175g


「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」の細かく見てみる

先日マップカメラで購入したものが手元にあるので、その全容をご紹介します。値段は36,800円でした。このクオリティのレンズで3万円台とは、驚きです。すぐにでも買えちゃう。

全体

まず全体はこんな感じ。もうすでにカッコいい。このどことなくクラシカルなデザインは、他のレンズではなかなか味わえません。フォクトレンダーなので、やはりライカレンズには似ていますが。

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,カッコいい
フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,小さい

サイズ感としてはとってもコンパクトで、手にすっぽり収まるくらいの小ささ。重さも約175gしかないので、軽いレンズが好きな僕にとってもこれは嬉しい。

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,軽い

レンズ

続いてレンズ面。とにかく前玉がめちゃくちゃ綺麗。この美しさはずっと見てられます。ずっとは見ないけど。

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,前玉

続いて後玉はこんな感じ。いいね、こちらも美しい。レンズ構成は6群7枚、絞り羽10枚です。


フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,絞り

あとこのレンズって「シングルコート」と「マルチコート」の2種類が用意されているのも特徴です。それぞれのざっくりな違いは以下の通り。

シングルコートとマルチコートの主な違い

  • シングルコート:オールドレンズのような柔らかくレトロな描写な画作りができる
  • マルチコート:コントラストのはっきりとした、より現代的な描写の画作りができる

僕はオールドレンズが好きな人間なので、今回はシングルコートを購入しました。よりパキッとした現代的な描写が好きな人は、マルチコートを選ぶといいかも。シングルコートの場合、前玉のところに「S・C」の文字が入っています。


ピントリング・絞り

「フォクトレンダー NOKTON classic 40mm F1.4」はとってもコンパクトなレンズなので、ピントリングや絞りが少し扱いづらいかなと思っていたのですが、それぞれのリングには“つまみ”が付いていて、回しやすく配慮されていました。よく考えられたプロダクトデザインですね。


マウント部分

このレンズは「VMマウント」なので、独特の切り欠き形状になっています。この形状ですらカッコいい。

フォクトレンダー,カメラ,レンズ,クラシック,オールドレンズ,40mm,f1.4,vmマウント

なお、僕のメインカメラであるα6600はソニーEマウントなので、直接このレンズを装着することはできません。つける時はマウントアダプターを介する必要があります(下のリンクのようなもの)。


NextPage:実際につけて撮影してみた。作例も。

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事