ビッグカメラの抽選に当選。PlayStation5が運良く買えたお話。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,コントローラー




PlayStation5、買いました。

僕はゲーマーというわけではないですが、趣味の1つとして時々ゲームも嗜んでいます。今回、すごくラッキーなことに噂のPlayStation5を購入することができたので、そのご報告、というか自慢記事を綴ることにしました。

早速開封してみて、気になった点もあったので、それも併せて共有できればと思います。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,本体

これまでのゲーム遍歴

あまり興味はないと思いますが、一応僕のこれまでのゲーム遍歴を書いておくと、以下のようなゲーム機を楽しんできました。やっぱりよくゲームをやってたのは10代ですね。

  • ゲームボーイ:幼稚園の時に父親が急に買ってきたもの。人生初のゲーム体験(ソフトは「テトリス」だった気がする)。
  • スーパーファミコン:幼稚園年長の時?に買ってもらったもの。マリオとか色々やったなぁ。
  • ニンテンドー64:おそらく一番遊んだゲーム機。「マリオカート64」のやり込み具合は半端なかった。
  • PlayStation:「FF7」にハマりまくった。ほとんどその記憶しかないくらい。
  • PlayStation2:大学時代によく友達と「ウイニングイレブン」で遊んだなぁ。
  • PlayStation3:就職してゲームへの関心がかなり薄れ、一応買ったけど、あまり遊ばなかった。
  • Nintendo Switch:「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」がやりたくて、それだけのために買ったゲーム機。ゼルダ、本当に面白かった。

10代の時は本当によくゲームしてました。特に「64」はよくやって、友達とも対戦とかしてました。ただ就職すると、やっぱり日頃の関心事が変わってきて、徐々にゲームから離れていくことに。それでも時々すごくやりたいゲームが出てきて、それのためだけにゲーム機本体を買うようになった感じ。特にNintendo Switchは「ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド」がやりたいだけで買いました。


PlayStation5を買おうと思ったワケ

昔より明らかにゲームへの関心は薄くなっていたワケですが、今回なぜPlayStation5を購入しようと思ったかというと、理由としては以下の3点になります。

  • 圧倒的クオリティのティザー動画を見て、その映像美に感動した。
  • それでいて値段が意外と安かった(3万円台)。
  • 「FF7 リメイク」をその映像美でプレイしたくなった、無性に。

偶然ですがYouTubeでティザー動画を見たときに、そのクオリティの高さに衝撃を受けたんですよね。本当に実写映画を見ているのかと錯覚したほど。ゲームもここまで来たかと感動しました。

そしてその映像美に驚くと同時に、僕の中でもう1つの感情が一気に湧き上がってきたのです。「FF7リメイクがやりたい!」と。

僕のゲーム人生の中で、めちゃくちゃやり込んだゲームが3つあって、その中の1つが「FF7」でした。とにかくこれはハマった。そんな「FF7」が2020年4月にプレステ4でリメイクされ、その時に買おうかと悩んだのですが、近々プレステ5が発売されるという噂もあったので、踏みとどまった経緯がありました。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,ロゴ

そして今回満を辞してプレステ5が発売されたので、購入に踏み切ったわけです。あのクオリティなのに、値段も3万円台(税別)から買えるということで、思ったよりも安かったですし。もちろんプレステ4も良いゲーム機だったんですけどね。


ビッグカメラの抽選に当選

ただご存知の方も多いと思いますが、現在PlayStation5は品薄が続いており、買いたくても買えない人が続出しています。もちろん僕も発売当初は買えなかった。そこで各所で行われている抽選に申し込むことに。

ソニーストアはもちろんのこと、ヨドバシカメラ、ゲオなど色々な抽選に申し込み、最終的に今回僕はビッグカメラで当選しました。正直ほぼ期待せずに応募していたので、当選のメールが届いた時、リアルに二度見しました。


本当に今回はラッキーでした。とりあえず我慢できずに転売ヤーから購入したのではありませんので、その点申し添えておきます(転売。ダメ、ゼッタイ)。

「PlayStation5」をざっくり見てみる

先日ビッグカメラで当選・購入したものが手元にあるので、その全容をざっくりご紹介します。今回僕が購入したのは「PlayStation5 デジタル・エディション」です。

全体

まず全体はこんな感じ。今までのPlayStationって基本的にカラーはブラックが多かったですが、今回のPlayStation5は真っ白。結構斬新。左上にプレステのロゴがあるだけで、それ以外には特にデザインはありません。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,本体

サイズ的には正直大きいと感じました。以前持っていたPS2やPS3が意外と小さいので、余計にそう感じたのかな? ただ幅は結構薄めです。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,薄い

裏側には各種端子類が用意されています。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,USB

ケーブル

同梱されていたケーブル類はこんな感じ。電源ケーブルやHDMIケーブルなどが入っていました。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,ケーブル

ベース底面

あと本体関係だと、縦置きにする時に使う「ベース底面」なるものもありました。本体を溝に合わせる形で載せて、下からネジで留めて使います。これはかなりプラスチッキーで、正直ちょっと安っぽい感じ。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,縦置き用,ベース底面

コントローラー

そしてコントローラーはこんな感じ。こちらもホワイトがベースカラーになっていて、ボタンも全部白。デザイン的には僕は結構好きです。ちょっとガンダムを感じるのは僕だけでしょうか。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,コントローラー

ボタンを押した感じのクリック感は思っていたよりも柔らかい。しっかりした押し心地が好きな人はちょっと微妙かも。この辺りは好みが分かれそうですね。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,お洒落

「PlayStation5」の気になったところ

今回ラッキーで購入できたPlayStation5ですが、開封してみて気になった点を一応共有しておきます。

思っていたよりも大きい

1つはサイズ。正直、結構大きいです。縦置きで置くと高さがかなりあるので、地震とかがあった時に簡単に倒れてきそうな気もします。かといって横置きにすると元々のサイズが大きいので場所を取りそうだし。この点はちょっと気になる。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,本体

ホワイトは綺麗だけど汚れそう

あとはカラーですが、今回全体のベースカラーがホワイト。コントローラーも綺麗な白い色になっていますが、使っているとこれ結構汚れが目立ちそう。

PlayStation5,プレステ5,プレイステーション5,ビッグカメラ,どこで買える,コントローラー

手垢とかも残りそうなので、ここが気になる。汚れるのが嫌な人は、別売りのサードパーティ製コントローラーカバーとかを買った方がいいかも。これをつけていれば、ある程度汚れは防げますからね。


当ブログの中の人の感想

まだ開封しただけで、実際にPlayStation5をプレイしていないのですが、早くやりたくて久々にウズウズしています。

それにしても今回僕は運よく抽選に当選しましたが、いつ頃になると品薄状態が解消するんですかね。早く多くの人が買える状態になるよう、祈っています。

とりあえず僕はお先に「FF7 リメイク」をプレイさせてもらいます。6月にプレステ5に対応した続編も出るみたいなので、それも買わなきゃ。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪