インナーイヤー型ならこれ一択。SOUNDPEATS「TrueAir2」が3,000円台で買えてコスパが凄過ぎる。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,カッコいい




新しいワイヤレスイヤホン、買いました。

僕はこれまで「AirPods第一世代」や「SoundLiberty 94」というワイヤレスイヤホンを使ってきました。ただあるトラブルがあり、再度新たなイヤホンを買わざるを得なくなりまして。

色々と探す中でなかなか良いモノにまた出会えたので、皆さんと共有したいと思い、その購入レビューを綴ることにしました。ワイヤレスイヤホンを探している方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのはSOUNDPEATS「TrueAir2」です。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,黒

今まで使っていた完全ワイヤレスイヤホンはこれ

僕は今までAppleの「AirPods第一世代」とTaoTronics「SoundLiberty 94」を使っていて、特に「SoundLiberty 94」はお気に入りでした。

ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,お洒落

「SoundLiberty 94」は、ノイズキャンセリング機能や外音取込み機能などもついて、なんと6,000円台で購入できる高コスパ完全ワイヤレスイヤホン。当ブログでも以前「1月に買って良かったモノ」の2位にランキングしていました。


「SoundLiberty 94」の片耳を失くす事件が発生

そんなお気に入りの「SoundLiberty 94」でしたが、なんと先日片耳を紛失する事件が起きました。…まぁ事件というか、単なる僕の不注意なんですけど。気づいたら片方が無くて、どこを探しても見当たらないのです。

「SoundLiberty 94」は片耳でも聴くことができますが、やっぱり音楽は両耳で聞きたいじゃないですか。なので泣く泣く新しいものを購入することに。

SOUNDPEATS「TrueAir2」に出会う

「SoundLiberty 94」を再購入してもよかったんですけど、ワイヤレスイヤホンてどんどん新しいモデルとかがリリースされているんですよね。なので他にも良いモノが出たのでは?と思い、色々と調べていたところ、今回購入したSOUNDPEATSの「TrueAir2」を見つけました。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,お洒落

SOUNDPEATS「TrueAir2」のここが良い

SOUNDPEATSは比較的新しい音響機器メーカーですが、最近かなり良いワイヤレスイヤホンを出してきてますよね。今回僕が購入したSOUNDPEATS「TrueAir2」は以下の点が良い感じでした。

  • 「VGPアワード2021」で金賞を受賞するほどハイクオリティ
  • スマートでコンパクトなデザイン
  • バッテリーが長持ち
  • 音声通話時のノイズキャンセリング機能あり
  • それなのにむちゃくちゃ値段が安い(Amazonならセール時3,000円台)

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,Bluetooth

このSOUNDPEATS「TrueAir2」の特徴といえば、とにかく安くて音質が良いこと。値段はAmazonならなんと3,000円台で購入も可能です(セール時)。それなのに日本のオーディオの最高権威といわれるVGPアワードでなんと金賞を受賞するほどにプロダクトとしてハイレベル。あとで後述しますが、音としてはAppleのAirPodsにかなり近い印象です。

そしてバッテリーも連続25時間持つし、通話時のみですがノイズキャンセリングも働きます。「SoundLiberty 94」と比べてしまうと機能面でやや劣る(音楽再生時のノイキャン無し、外音取り込み機能無し等)ものの、その分値段が激安ですからね。3,000円台でこのパフォーマンスとは、正直驚きでした。

念のため、メーカー公表の仕様も下に載せておきます。

  • ブランド:SOUNDPEATS
  • 接続方式:完全ワイヤレス
  • 装着方式:インナーイヤー型
  • コネクタ:USB Type C
  • Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.2
  • サイズ(ケース):5.25×5.25×2.14cm
  • 重量:ケース33g、イヤホン片耳3.5g
  • 再生時間:単体最大5時間、ケース充電込みで合計最大25時間
  • 充電時間:イヤホン1.5時間、ケース1.5時間
  • ドライバー:14.2mmダイナミックドライバー
  • 防水等級:IPX4防水防汗
  • ノイズキャンセリング機能:cVcノイズキャンセリング(通話時のみ)
  • 搭載機能:タッチコントロール、片耳モード等
  • カラー:ブラック、ホワイト


SOUNDPEATS「TrueAir2」を細かくみてみる

先日Amazonで購入したものが手元にあるので、SOUNDPEATS「TrueAir2」の全容を改めてご紹介します。今回セールで購入したので値段は3,723円(税込)でした。本当に安い。

外箱

まず外箱はこんな感じ。謎の外国人美女が描かれていました。海外製品パッケージあるあるです。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,パッケージ

充電ケースと同梱物

続いて充電ケースと同梱物。入っていたのはワイヤレスイヤホン本体と充電用のUSB-Cケーブル1本でした。シンプル。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,パッケージ
ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,同梱物

イヤホンケース

ケースはとってもシンプルなデザインで薄型。ケース上部にSOUNDPEATSのロゴが刻まれている意外、目立った装飾はありません。清い。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,コンパクト
ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,ミニマル

素材感としては結構プラスチッキーでさらさらとした質感な感じなので、パッと見はマットブラックで高級感ありますが、触ってみると正直ちょっと安っぽいと思う人もいるかも(僕です)。この辺りにお値段の安さが出ていますね。

ケース側面には充電用の端子があって、ここに直接USB-Cのケーブルを挿すと充電できます。充電中はすぐ横にあるLEDライトが点灯します。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,usbc

イヤホン本体

ケースを開けるとイヤホン登場。こちらもシンプルでなかなかお洒落なデザイン。意外だったのは、イヤホン本体はケースほどの安っぽさを感じなかったこと。ここはかなり良い。下の写真のように、充電中はLEDライトが点灯しますが、音楽再生中は点灯しません。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,シンプル
ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,軽い

このSOUNDPEATS「TrueAir2」はインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンなので、密閉感のあるカナル型が苦手な方でも心地よく使えます。

ただイヤーピースが付いていなかったので、もしかしたら激しい運動をすると、ポロッと耳から落ちてしまうこともあるかも。この辺りは今後検証が必要です。僕は耳の穴がちょっと小さいので、むしろぴったりハマるサイズ感でした。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,マグネット

イヤホンの裏側には充電ケースとの電子接点が2つ付いています。マグネットも内蔵されているようで、ケースに収納しようとすると、吸い寄せられるようにピタッとケースに収まってくれます。うまくハマらずに「充電できていなかった」なんてことが防げる設計ですね。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,片耳

あとイヤホン外側のロゴ部分は、タッチセンサーになっていました。ここをタッチすると音楽の再生・停止や音量調整、通話開始などが可能です(操作方法は後述)。


SOUNDPEATS「TrueAir2」をAirPodsとサイズ比較してみた

続いてサイズ感等を共有するために、同じインナーイヤー型のAirPods第一世代とSOUNDPEATS「TrueAir2」を比較してみました。

ケースサイズの比較

まずは充電ケースを並べて、ケースサイズを比較してみます。横に並べてみると、ややSOUNDPEATS「TrueAir2」の方が横幅が広いですね。というより、AirPods第一世代がめちゃくちゃコンパクトなんですよね。この辺りはさすがAppleといった印象。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,airpods

ただ厚みに関してはそれほどの差はありませんでした。こちらもややSOUNDPEATS「TrueAir2」の方が厚いですが、横幅ほどの差は感じません。トータルで判断しても、SOUNDPEATS「TrueAir2」の充電ケースはなかなかコンパクトといえます。


イヤホンの比較

続いてイヤホンを比較してみます。サイズですが、これはSOUNDPEATS「TrueAir2」に軍配。AirPodsがかつて「うどん」と揶揄された耳から飛び出る細い部分は、SOUNDPEATS「TrueAir2」では短めに設計されています。装着した時の存在感が薄れるので、これは嬉しいですね。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,小さい

持った時の重さは、これは正直どちらもすごく軽いので、大差はありませんでした。ただ質感はやっぱりAirPodsの方が圧倒的に良い。比べてしまうとよくわかりますね。まぁ値段が5〜6倍くらい違うので、当たり前かもしれないけど。Appleのビルドクオリティの高さはやっぱり素晴らしいです。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,軽量


SOUNDPEATS「TrueAir2」を実際に使ってみた

ひと通り外観等をチェックした後は、実際にSOUNDPEATS「TrueAir2」を使ってみました。

デバイスとの接続

まずデバイスとの接続ですが、とっても簡単(今回はiPhone SE2に接続してみました)。ケースからイヤホンを取り出すと自動的にペアリングモードになるので、初回接続時はiPhoneの画面に表示されるSOUNDPEATS「TrueAir2」という文字をタップするだけ。

次回以降はケースから取り出すだけで何もしなくても自動接続されます。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,簡単

操作方法

SOUNDPEATS「TrueAir2」の操作は基本的にイヤホン外側(タッチコントロール)のタップで行います。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,片耳

以前ご紹介した「SoundLiberty 94」と同様、「右イヤホンを1回タップする」「左イヤホンを長押しする」など、操作方法が細かく分かれています。僕はこれがあまり得意ではない。というか、覚えられない。なので忘れないようにそれぞれの方法を以下の表の通りまとめておきます(僕の備忘録です)。

機能操作
再生/一時停止/受話/終話(右/左)2回タップ
音量 +右耳のタッチコントロールを1回タップ
音量 -左耳のタッチコントロールを1回タップ
曲送り/着信拒否右耳のタッチコントロールを長押し
曲戻し/着信拒否左耳のタッチコントロールを長押し
音声操作起動(Siri/Googleアシスタント)(右/左)3回タップ

音質チェック

そして気になるSOUNDPEATS「TrueAir2」の音質ですが、僕が聞いた限りではかなり良い感じです。高音から低音まで全域においてバランスがいい。音の印象としては本当にAirPods第一世代とそっくりでした。これで3,000円台って、ちょっと驚きです。長時間使っていても音途切れも全くありませんでした。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,軽い

ただ「全域でバランスがいい」ということは、例えば重低音がガツンときいてほしい!というような人とかは少し物足りなさを感じるかもしれません。クラブミュージックとか好きな人は特に。この辺りは好みでしょうね。

あと通話時の音質に関してですが、これもかなりクリアでした。仕事のオンラインミーティング等でも使いましたが、相手の声も綺麗に入る。こちらの声もくっきり聞こえていたようなので(相手に確認しました)、マイク性能もかなりのもののようです。音の遅延もほぼありません。

総合的にみて、音質・マイクはかなり高評価。「VGPアワード2021」金賞受賞は伊達じゃないですね。


SOUNDPEATS「TrueAir2」の気になったところ

SOUNDPEATS「TrueAir2」は全体的に完成度が高く、インナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンとしてはコスパ最強という印象を持ちましたが、気になった点としては2点。

ビルドクオリティがやや低い

まずはやはりビルドクオリティがやや低いところでしょうか。まぁ値段が値段なのでしょうがないところだとは思いますが、全体的なプラスチック感が強く、特に充電ケースの安っぽさが気になる。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,お洒落

見た目ももちろんですが、ケースの蓋を開け閉めした時も、なんか蓋の締まり具合とかが軽いんですよね。なんて言うか、“スカスカしてる”感じ(伝わりますかね?)。AirPodsだと蓋も「パチッ」としっかり閉まってくれて、高級感があるんですけど。こういったビルドクオリティが値段相応なので、ここが少し気になりました。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,ケース

タップ操作がシビア

あともう1つは、TaoTronics「SoundLiberty 94」と同じくタップ操作がややシビアです。前述の通りイヤホン外側をタップすることで様々な操作を行うわけですが、軽く触れただけでも「1タップ」と見なされて音量が変わってしまったりするので、ここも気になりました。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,黒

でもこれはもしかしたら僕がタップ操作が苦手なだけかもしれませんが。僕はやっぱりタップ式より物理ボタンが付いている方が好みです。

このワイヤレスイヤホンが向いている人・向いていない人

多少気になる点はあったものの、総じてSOUNDPEATS「TrueAir2」はとっても良い感じだったわけですが、一通りご紹介したところで、改めて良いところ・悪いところを踏まえながら「このワイヤレスイヤホンが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

このワイヤレスイヤホンが向いている人

  • 安価(価格5,000円以下)で高音質な完全ワイヤレスイヤホンが欲しい人
  • インナーイヤー型で高音質な完全ワイヤレスイヤホンを探している人
  • 耳につけても目立ちにくいイヤホンがいい人
  • AirPodsの値段の高さに嫌気がさしている人
このワイヤレスイヤホンが向いていない人

  • 高級感のあるワイヤレスイヤホンが良い人
  • 操作がしやすいワイヤレスイヤホンが良い人
  • 重低音が強いワイヤレスイヤホンが良い人
ワイヤレスイヤホン,タオトロニクス,taotronics,ノイズキャンセリング,ノイキャン,安い,コスパ,軽い

当ブログの中の人の感想

愛用していたTaoTronics「SoundLiberty 94」の片耳を失ったことで、新しい完全ワイヤレスイヤホンを探すことになったわけですが、今回とんでもない“化け物”に出会ってしまったかもしれません。SOUNDPEATS「TrueAir2」は現時点でおそらくインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンの最高峰だと思われます。それくらいに高音質でありながら、値段が抜群に安い。間違いなくお勧めのアイテムといえます。

Amazonなら3,000円台で購入可能なので、セールになった時は狙い目。自分で使うだけでなくプレゼント・ギフトにも良さそうです。安いから仮に故障してしまってもすぐ買い直せるのも嬉しいですし。

新しいワイヤレスイヤホンの購入を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪