• HOME
  • BLOG
  • ガジェット
  • インナーイヤー型ならこれ一択。SOUNDPEATS「TrueAir2」が3,000円台で買えてコスパが凄過ぎる。

インナーイヤー型ならこれ一択。SOUNDPEATS「TrueAir2」が3,000円台で買えてコスパが凄過ぎる。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,カッコいい

新しいワイヤレスイヤホン、買いました。

僕はこれまで「AirPods第一世代」や「SoundLiberty 94」というワイヤレスイヤホンを使ってきました。ただあるトラブルがあり、再度新たなイヤホンを買わざるを得なくなりまして。

色々と探す中でなかなか良いモノにまた出会えたので、皆さんと共有したいと思い、その購入レビューを綴ることにしました。ワイヤレスイヤホンを探している方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのはSOUNDPEATS「TrueAir2」です。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,黒

今まで使っていた完全ワイヤレスイヤホンはこれ

僕は今までAppleの「AirPods第一世代」とTaoTronics「SoundLiberty 94」を使っていて、特に「SoundLiberty 94」はお気に入りでした。

SoundLiberty 94」は、ノイズキャンセリング機能や外音取込み機能などもついて、なんと6,000円台で購入できる高コスパ完全ワイヤレスイヤホン。当ブログでも以前「1月に買って良かったモノ」の2位にランキングしていました。

詳細は以下の記事で綴っているので、気になる方はご覧ください。


「SoundLiberty 94」の片耳を失くす事件が発生

そんなお気に入りの「SoundLiberty 94」でしたが、なんと先日片耳を紛失する事件が起きました。…まぁ事件というか、単なる僕の不注意なんですけど。気づいたら片方が無くて、どこを探しても見当たらないのです。

「SoundLiberty 94」は片耳でも聴くことができますが、やっぱり音楽は両耳で聞きたいじゃないですか。なので泣く泣く新しいものを購入することに。

SOUNDPEATS「TrueAir2」に出会う

「SoundLiberty 94」を再購入してもよかったんですけど、ワイヤレスイヤホンてどんどん新しいモデルとかがリリースされているんですよね。なので他にも良いモノが出たのでは?と思い、色々と調べていたところ、今回購入したSOUNDPEATSの「TrueAir2」を見つけました。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,お洒落

SOUNDPEATS「TrueAir2」のここが良い

SOUNDPEATSは比較的新しい音響機器メーカーですが、最近かなり良いワイヤレスイヤホンを出してきてますよね。今回僕が購入したSOUNDPEATS「TrueAir2」は以下の点が良い感じでした。

  • 「VGPアワード2021」で金賞を受賞するほどハイクオリティ
  • スマートでコンパクトなデザイン
  • バッテリーが長持ち
  • 音声通話時のノイズキャンセリング機能あり
  • それなのにむちゃくちゃ値段が安い(Amazonならセール時3,000円台)
ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,Bluetooth

このSOUNDPEATS「TrueAir2」の特徴といえば、とにかく安くて音質が良いこと。値段はAmazonならなんと3,000円台で購入も可能です(セール時)。それなのに日本のオーディオの最高権威といわれるVGPアワードでなんと金賞を受賞するほどにプロダクトとしてハイレベル。あとで後述しますが、音としてはAppleのAirPodsにかなり近い印象です。

そしてバッテリーも連続25時間持つし、通話時のみですがノイズキャンセリングも働きます。「SoundLiberty 94」と比べてしまうと機能面でやや劣る(音楽再生時のノイキャン無し、外音取り込み機能無し等)ものの、その分値段が激安ですからね。3,000円台でこのパフォーマンスとは、正直驚きでした。

念のため、メーカー公表の仕様も下に載せておきます。

  • ブランド:SOUNDPEATS
  • 接続方式:完全ワイヤレス
  • 装着方式:インナーイヤー型
  • コネクタ:USB Type C
  • Bluetoothバージョン:Bluetooth 5.2
  • サイズ(ケース):5.25×5.25×2.14cm
  • 重量:ケース33g、イヤホン片耳3.5g
  • 再生時間:単体最大5時間、ケース充電込みで合計最大25時間
  • 充電時間:イヤホン1.5時間、ケース1.5時間
  • ドライバー:14.2mmダイナミックドライバー
  • 防水等級:IPX4防水防汗
  • ノイズキャンセリング機能:cVcノイズキャンセリング(通話時のみ)
  • 搭載機能:タッチコントロール、片耳モード等
  • カラー:ブラック、ホワイト


SOUNDPEATS「TrueAir2」を細かくみてみる

先日Amazonで購入したものが手元にあるので、SOUNDPEATS「TrueAir2」の全容を改めてご紹介します。今回セールで購入したので値段は3,723円(税込)でした。本当に安い。

外箱

まず外箱はこんな感じ。謎の外国人美女が描かれていました。海外製品パッケージあるあるです。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,パッケージ

充電ケースと同梱物

続いて充電ケースと同梱物。入っていたのはワイヤレスイヤホン本体と充電用のUSB-Cケーブル1本でした。シンプル。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,パッケージ
ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,同梱物

イヤホンケース

ケースはとってもシンプルなデザインで薄型。ケース上部にSOUNDPEATSのロゴが刻まれている意外、目立った装飾はありません。清い。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,コンパクト

素材感としては結構プラスチッキーでさらさらとした質感な感じなので、パッと見はマットブラックで高級感ありますが、触ってみると正直ちょっと安っぽいと思う人もいるかも(僕です)。この辺りにお値段の安さが出ていますね。

ケース側面には充電用の端子があって、ここに直接USB-Cのケーブルを挿すと充電できます。充電中はすぐ横にあるLEDライトが点灯します。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,usbc

イヤホン本体

ケースを開けるとイヤホン登場。こちらもシンプルでなかなかお洒落なデザイン。意外だったのは、イヤホン本体はケースほどの安っぽさを感じなかったこと。ここはかなり良い。下の写真のように、充電中はLEDライトが点灯しますが、音楽再生中は点灯しません。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,シンプル
ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,軽い

このSOUNDPEATS「TrueAir2」はインナーイヤー型の完全ワイヤレスイヤホンなので、密閉感のあるカナル型が苦手な方でも心地よく使えます。

ただイヤーピースが付いていなかったので、もしかしたら激しい運動をすると、ポロッと耳から落ちてしまうこともあるかも。この辺りは今後検証が必要です。僕は耳の穴がちょっと小さいので、むしろぴったりハマるサイズ感でした。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,マグネット

イヤホンの裏側には充電ケースとの電子接点が2つ付いています。マグネットも内蔵されているようで、ケースに収納しようとすると、吸い寄せられるようにピタッとケースに収まってくれます。うまくハマらずに「充電できていなかった」なんてことが防げる設計ですね。

ワイヤレスイヤホン,サウンドピーツ,trueair2,soundpeats,ノイズキャンセリング,高音質,通話,安い,コスパ,片耳

あとイヤホン外側のロゴ部分は、タッチセンサーになっていました。ここをタッチすると音楽の再生・停止や音量調整、通話開始などが可能です(操作方法は後述)。


NextPage:AirPods第一世代とサイズを比較してみた

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事