• HOME
  • BLOG
  • カメラ
  • 本家ピークデザインを凌駕。SWFOTOの「CQC-01」カメラホルスターがコスパ最強だと判明。

本家ピークデザインを凌駕。SWFOTOの「CQC-01」カメラホルスターがコスパ最強だと判明。

カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,軽量

新しいカメラホルスター、買いました。

僕はこれまでUONNERの「カメラクリップ」というカメラホルスターを使っていたのですが、今回かなり使い勝手のいい別のカメラホルスターを見つけたので、それを皆さんと共有できればと思い、購入レビューを綴ることにしました。新しいカメラグッズの購入を検討されている方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入したカメラホルスターはSWFOTO「CQC-01」です。

カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,スムーズ

カメラホルスターって、何?

普段カメラをやっている人は結構利用者も多いと思いますが、一眼レフやミラーレス一眼などを簡単にカバンやベルトに固定・携帯できる便利アイテムが「カメラホルスター」です。

カメラホルスター,UONNER,ミラーレス一眼,一眼レフ,黒,安い,コスパ,軽い

カメラっていちいち鞄から出し入れするのが結構面倒なんですが、カメラホルスターがあると一時的に引っ掛けておけるので、両手をあけることができるんですよね。一度これを使うと、その便利さから抜け出せなくなります。旅行中とかは必携のアイテムです。

そしてこのカメラホルスターには“定番”と言われるモノがあって、それがピークデザインの「キャプチャー」。非常に作りが良くて大人気なんですが、お値段が結構お高めで、1つ6,000円〜8,000円くらいはします。


今まで使っていたカメラホルスターはUONNER「カメラクリップ」

今まで僕が使っていたカメラホルスターはUONNERというブランドの「カメラクリップ」です。なかなかしっかりした作りで、ダブルロック機構付き。ピークデザインの「キャプチャー」と比べると、値段も半額〜1/3程度で購入できます。

カメラホルスター,UONNER,ミラーレス一眼,一眼レフ,黒,安い,コスパ,軽い

とても便利だったので重宝していたのですが、ただ1点難点があって、それは重さ。この子、作りがしっかりしている分、重さもそれなりにあります。手に持った時もズシッと感じるレベル(大体200g前後あります)。一日鞄に着けて歩いていると、結構このホルスターの重さが効いてくるんですよね。


SWFOTO「CQC-01」のここが良い

それでもう少し軽くて使い勝手のいいカメラホルスターはないかなと探していたところ、SWFOTO「CQC-01」に出会いました。そしてこのアイテムに出会ったことで、僕のカメラホルスターを探す旅は完全に終わることに。それほどに素晴らしいアイテムでした。

SWFOTO「CQC-01」の良いポイントは以下になります。

  • とにかく軽量・コンパクト。
  • 作りがしっかりしていて丈夫なので、安心感も抜群(耐荷重50kg)。
  • お値段が安い(ピークデザイン「キャプチャー」の半額)。
  • とにかくこのSWFOTO「CQC-01」はコンパクトで軽量。後ほど写真で比較しますが、今まで使っていたUONNER「カメラクリップ」よりも2周りくらい小さい。そして重さもおよそ半分程度(100g以下)なんです。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,コンパクト

    そして作りもしっかりしていて耐荷重は50kg。サイズ感・重量・性能面では王者ピークデザイン「キャプチャー」に完全に肩を並べるレベルです。それなのに値段は「キャプチャー」の半額(2,900円)なんですから、最高としか言いようがありません。

    メーカー公表の仕様も念のため以下にまとめておきます。

  • メーカー:SWFOTO
  • サイズ:83×40×20mm
  • 重量:97.8g(プレートの重さ:17.6g)
  • 対応ベルト幅:5.5cm
  • 素材:アルミニウム合金
  • プレート規格:アルカスイス規格
  • 保証期間:6年

  • SWFOTO「CQC-01」を細かく見てみる

    先日Amazonで購入したものが手元にあるので、SWFOTO「CQC-01」の全容を改めてご紹介します。

    本体と同梱物

    本体とその他同梱物はこんな感じ。内容としてはシンプルで、本体(クイックシュー、クイックリリースプレート)と固定ネジ2本×2種類(短・長)、保管・持ち運び用の巾着でした。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,同梱物

    本体はアルミ合金でできていて、なかなか作りもしっかりしています。マットブラックなカラーリングから高級感も感じるくらい。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,どう風物

    本体のサイズはメーカー公表値では83×40×20mm。コンパクトです。今まで使っていたUONNER「カメラクリップ」と比較してみると、そのコンパクトさがよくわかります。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,小さい
    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,薄い

    厚みはそれほど変わりませんが、わずかにSWFOTO「CQC-01」の方が薄いかな?コンパクトなので、重量もかなり軽い。これなら長時間バッグなどに付けていても疲れないと思います。

    リリースプレート

    写真右側がSWFOTO「CQC-01」のリリースプレート。こちらもアルミニウム合金でできていて、かなりしっかりとした造りです。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,プレート,アルカスイス

    ネジは1/4ネジになっているので、ほとんどのカメラに対応しています。ただネジ裏にはツマミが付いていなかったので、10円玉などの硬貨を溝に入れてひねって固定しなければいけませんでした。ここはちょっと残念。UONNER「カメラクリップ」はツマミが付いていたんだけどなぁ(下写真)。

    カメラホルスター,UONNER,ミラーレス一眼,一眼レフ,黒,安い,コスパ,クイックシュー

    クイックシュー

    受け皿となるクイックシューもなかなか造りは頑丈そう。見た目の良さはピークデザインの「キャプチャー」にも負けていないでしょう。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,簡単


    SWFOTO「CQC-01」を実際に使ってみた

    一通りSWFOTO「CQC-01」をチェックしたあとは、実際にバッグに付けて使ってみました。

    バッグへの取り付け方

    取り付け方はとても簡単で、まずはクイックシューの横についているストッパーを押し込み、リリースプレートを外します。そしてそのプレートをカメラの底部に装着。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,外しやすい
    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,アルカスイス

    次にクイックシューについている固定ネジを外すと、シューが上下でズレる(離れる)ようになるので、その状態でバッグのストラップをシューで挟み込みます。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,
    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,ねじ

    後は任意の位置に調整し、再度固定ネジを締めれば取り付け完了。簡単です。

    固定ネジは短いものと長いものの2種類が用意されているので、バッグのストラップの厚みによって使い分ける形。僕のバッグはストラップが少し分厚かったので、長い固定ネジを使いました。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,ネジ
    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,スムーズ

    使用感

    バッグストラップに付けた感じは、しっかり挟み込めていて、固定力はかなり良さそう。これならどんなに激しい動きをしてもズレ落ちることはないと思います。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,安価

    バッグにSWFOTO「CQC-01」を付けた状態で実際にカメラを装着してみたところ、ホールド感も素晴らしい。Amazonのレビューでは少しガタガタする的なことを書いている人もいたのですが、僕のものは全くガタツキはありませんでした。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,丈夫

    クイックシューへ装着するときのプレートの滑りも滑らかなので、着脱も非常にスムーズ。ただUONNER「カメラクリップ」にはあったダブルロック機構がSWFOTO「CQC-01」にはないので、安心感という面ではややUONNER「カメラクリップ」の方が上でしょうか。

    カメラホルスター,UONNER,ミラーレス一眼,一眼レフ,黒,安い,コスパ,簡単

    それでもガタツキは基本的にないですし、何しろこのコンパクトさ・軽さが素晴らしい。バッグに付けていてもほとんど違和感を感じることはありませんでした。このクオリティでピークデザイン「キャプチャー」の半額とは、コスパ高過ぎです。


    気になったところ

    SWFOTO「CQC-01」はめちゃくちゃ気に入ったわけで、あまり気になったところはなかったのですが、少しだけ挙げるのであれば「装着できるバッグストラップの幅」と「固定ネジ(長)の色」でしょうか。

    まず前者の方ですが、SWFOTO「CQC-01」は非常にコンパクトであるが故に横幅がやや狭いため、バッグストラップが太いものにはおそらく装着ができないと思われます。とても大きなカメラバッグや旅行バッグだと付けられないかもしれないので、その点は少し気になる。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,

    あともう1つは細かい話ではありますが、長い方の固定ネジの色がシルバーなんですよね。短いネジはブラックなのに。全体のデザイン的にブラックの方が格好いい気がするので、固定ネジ(長)のカラーには少し不満が残りました。まぁ、大したことではありませんけど。

    カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,どう風物

    このカメラホルスターが向いている人・向いていない人

    一通りご紹介したところで、改めてSWFOTO「CQC-01」の良いところ・悪いところを踏まえて「このカメラホルスターが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

    このカメラホルスターが向いている人

  • とにかくコンパクト・軽量なカメラホルスターがいい人
  • ピークデザイン「キャプチャー」はちょっと高い…と思っている人
  • このカメラホルスターが向いていない人

  • バッグストラップが太い人
  • ダブルロック機構がついているカメラホルスターがいい人
  • カメラホルスター,SWFOTO,ミラーレス一眼,一眼レフ,安い,コスパ,軽い,コンパクト

    当ブログの中の人の感想

    今まで使っていたUONNER「カメラクリップ」でも満足度は高かったのですが、今回であったSWFOTO「CQC-01」は総合力という意味では圧倒的。はっきり言って、王者ピークデザイン「キャプチャー」よりも僕個人としては上だと思います。もう1つ買い増そう。

    趣味や仕事でカメラを使うことが多い方やこれからカメラを始めようとしている方は、ぜひ一度チェックしてみてはいかがでしょうか。ピークデザインの「キャプチャー」よりも本当におすすめです。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事