リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」が大容量・タフなガジェットケースとして便利過ぎたので紹介します。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,黒




新しいガジェットポーチ、買いました。

今まで僕は、以前ご紹介したELECOMの「オーガナイズポーチ ウォレットタイプ」というガジェットポーチを使っていました。すごくお気に入りだったのですが、あまりに便利過ぎて会社の同僚に半ば強引に奪われてしまいまして汗、結局また新しいガジェットポーチを購入することに。

今回新しく購入するにあたって使い勝手の良いモノに出会えたので、それを皆さんと共有したいと思い、購入レビューを綴ることにしました。新しいガジェットポーチの購入を検討している方のご参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのはリヒトラブの「ALTNA ツールポーチ」です。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,軽量

新しいガジェットポーチを探す上で重視していたこと

今回新しくガジェットポーチを探すにあたって重視していたことは以下の点です。

①大容量であること
②収納部が細かく分かれていてポケットが多いこと
③ガバッと開く見開きタイプであること

以上の3点を意識していました。

特に大切だったのは②。僕は普段細かなガジェットをたくさん持ち歩くことが多いのですが、ポケットの少ないポーチだとそれらを一緒くたに入れないといけなくなって、必要なものを必要なときに取り出しにくいんですよね。なのでたくさんのポケットやバンドなどでガジェットを整理しながら収納できるようなポーチを探しました。

また以前使っていたELECOMの「オーガナイズポーチ」はウォレットタイプだったので、今度は見開きタイプにしてみようかなと。これは特に理由はなく、なんとなくそう思っただけです。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ポケット

人気ガジェット系YouTuber・トバログさんがお勧めしていた

そんな条件で今回新しいガジェットポーチを急遽探すことになったわけですが、YouTubeで「何か良さそうなのないかな〜」と見ていると、ガジェット界隈では有名な人気YouTuberのトバログさんが、リヒトラブの「ALTNA ツールポーチ」を紹介されていました。

引用:トバログ「このガジェットポーチがすごく良い」

そして何となくその動画を見始めたら、まさにそのポーチが僕が探していた条件にぴったりだったわけです。これは買うしかない!と思い、すぐさまAmazon先生でポチりました。

リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」のここが良い

トバログさんの動画をみて、一気にリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」に心惹かれたわけですが、特にこのポーチで僕が気に入ったところは以下の点です。

  • シンプル・ミニマルなデザイン
  • 多くのポケットが付いている収納力の高さ
  • タフに使えるコーデュラナイロンを使用
  • 2,000円前後という安価な価格設定
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット

シンプル・すっきりとしたミニマルなデザインながら、開いてみるとびっくりするほどに大容量。ポケットやケーブル収納用のバンドなどもたくさんついていて、整理整頓しながらガジェットが収納できる。この時点で、僕の中では合格点。

さらに素材がコーデュラナイロンが使われているとのことで、かなり軽量かつ丈夫。そしてさらに驚いたのが、こんなにも高機能なので値段が2,000円前後という安さ(僕が購入した時は1,700円くらいでした)。これは買わないわけにはいかない、そんな結論に至ったわけです。

その他、リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」の特徴やメーカー公表の仕様も以下に載せておきます。

  • メーカー:リヒトラブ
  • 品番:A7764-24K
  • サイズ展開:2種類(スタンダード/ダブル)
  • 素材:コーデュラナイロン
  • カラー展開:3色(ブラック、ネイビー、オリーブ)
  • 形式:見開きタイプ


リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」を細かくみてみる

先日Amazonで購入したものが手元にあるので、リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」の全容を改めてご紹介します。

上記の通り、このリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」はサイズ展開が2種類(スタンダード、ダブル)ありますが、今回僕はスタンダードを購入しました。トバログさんはダブルの方をYouTubeで紹介されていましたが、僕にはダブルはさすがに大き過ぎるかなと思いまして。結果的にはスタンダードでちょうど良かったです。

全体外観

まず全体外観はこんな感じ。表裏ともにとってもシンプルなデザインで、特に柄などは入っていません。ミニマルデザインが好きな僕には最高。表側にはポケットもついていました。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,コンパクト,スタンダード
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ポケット

今回僕はブラックのカラーを選びましたが、色合いもなかなかいい感じ。時々ブラックと言いつつ「これ、グレーじゃない?」的なアイテムもありますが、このガジェットポーチは完全に真っ黒です。

側面には持ち運びに便利なハンドル・フラップも付いているので、使い勝手も良い。きちんとコーデュラナイロンを表すタグも付いています。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,持ち手
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット

ファスナーストラップもきちんと持ちやすいように加工がされていました。細かいところまで使い勝手が考えられていて嬉しい。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ジッパー

サイズ感

今回購入したスタンダードのサイズは縦215×横95×厚さ70mm。わかりやすいようにiPhone SE2と並べてみると、こんなサイズ感でした。スタンダードサイズでも結構大きめな印象。厚みも意外とあります。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,サイズ
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,厚み

ダブルだとさらに大きくなり、サイズは縦215×横125×厚さ90mmになるそう。これくらいのサイズになると、さすがに鞄の中でも結構存在感が出てきて嵩張ってきそうなので、やはり僕にとってはスタンダードで正解でした。


ポーチ内部

ポーチは見開きタイプで、ファスナーが端まで付いているのでガバッと開くことができます。一覧性が高くなって、何が入っているのかすぐにわかるので、これがめちゃくちゃ便利。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,見開き

開くと真ん中に仕切りが1つあって、この仕切りにも複数のポケットやバンドが付いています。高機能です。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,たくさん入る

内部のポケット・バンド

気になるポケット・バンドの数ですが、全部でポケット6つ、バンドが8つ。収納力としてはかなり高いですね。

ポーチ内側側面には大きめのポケットが3つ付いています。特に片側のポケットはマチが広く設計されているので、少し大きめのガジェットなどでも十分収納できます。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,内側
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,バッテリー

またポーチ内側はベロア生地になっているので、クッション性も高いしガジェットを傷つける心配もなさそう。こういった細かな配慮がまた嬉しい。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ベロア

中央の仕切り部分はポケット3つとバンドが6つも。ポケット1つはファスナー付なので、失くしやすい小物の収納に便利そう。バンドもたっぷりなので多くなりがちなケーブルや有線イヤホンの収納に便利。改めてすごい収納力です。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,スタンダード


リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」を実際に使ってみた

ひと通りチェックした後は、実際にリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」を使ってみました。

各ガジェットを入れてみた

今回は普段僕がよく持ち歩いている以下のガジェットを入れてみました。

  • USB-Cケーブル×1本
  • ライトニングケーブル×1本
  • マイクロUSBケーブル×1本
  • モバイルバッテリー(「TNTOR モバイルバッテリー」)×1本
  • ポータブルSSD×1個
  • 有線イヤホン×2本
  • マウス(ミニサイズ)×1個
  • マルチツール×1個

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット

最近オンライン会議が中心になったことで、その関係ガジェットが段々と増えてしまい、なかなかたっぷりなアイテムを入れざるを得ない形に。

でもリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」はこれらが全部すっきり入ってしまいました。というより、まだ容量的には余っています。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ケーブル

特にありがたかったのは、マウスのようなちょっと大きめなガジェットでもしっかり持ち運べるということ。内側のマチの広いポケットなら余裕でマウスが入ってしまいました。これは嬉しい。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,マウス

ガジェットを入れた状態でポーチを閉じてみた

続いてガジェットを入れた状態でリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」を閉じた時の大きさを確認。以下の写真は、ガジェット入りで閉じた状態(上)とガジェットを入れずに閉じた状態(下)の比較です。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,軽量
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ミニマル

うん、ほとんど差がない笑。結構ゆとりを持った内部構造設計のようで、ガジェットをパンパンに入れても、ポーチが大きく膨らんでしまうことはありませんでした。鞄が嵩張らないのでこれも嬉しいですね。かなり良い感じ。


リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」の気になったところ

気になったところとしてはそんなにないのですが、唯一あげるとするなら前述の通りそもそものサイズが少し大きめというところでしょうか。

たくさんガジェットを入れても膨らまないのでそこは嬉しいのですが、元々全体サイズが少し大きめのように感じるので、めちゃくちゃコンパクトなガジェットポーチを探している人や小さな鞄に入れて持ち運びたいという人は少し注意が必要です。

リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,サイズ

特にダブルのサイズを選ぶとかなり大きいと思うので、気になる方は事前に店舗等で実物を確認した方が良いかもしれません。

このガジェットポーチが向いている人・向いていない人

総じてリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」はとっても良い感じだったわけですが、一通りご紹介したところで、改めて良いところ・悪いところを踏まえながら「このガジェットポーチが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

このガジェットポーチが向いている人

  • 細かく1つ1つのガジェットを整理して収納できるポーチがいい人
  • 大容量なガジェットケースがいい人
  • タフに使える丈夫なガジェットポーチが良い人
このガジェットポーチが向いていない人

  • とにかくコンパクト・小さいポーチがいい人
  • 中に入れる量によってポーチサイズが調整できるものが良い人
リヒトラブ,CORDURA,ツールポーチ,ペンポーチ,トバログ,ガジェット,ポケット

当ブログの中の人の感想

これまで使っていたELECOM「オーガナイズポーチ ウォレットタイプ」はかなり便利でお気に入りのポーチでしたが、今回購入したリヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」も負けず劣らず有能なアイテムでした。

リヒトラブ「ALTNA ツールポーチ」の方がサイズ調整ができないので、ELECOMのポーチと比べるとやや鞄の中での存在感は大きくなりますが、ただ容量的にはリヒトラブの方が上。最近持ち運ぶガジェットが増えてきた僕にとっては、もしかしたらこちらの方が合っているかなと思いました。

ガジェットポーチ・ケースの購入を検討しているは、ぜひチェックしてみてくださいね。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪