• HOME
  • BLOG
  • ガジェット
  • 在宅ワーク・オンライン会議には十分使える。格安ワイヤレスイヤホン「H8」使用レビュー。

在宅ワーク・オンライン会議には十分使える。格安ワイヤレスイヤホン「H8」使用レビュー。

ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,手軽

僕は普段ワイヤレスイヤホン・ヘッドホンを複数使い分けているヘビーユーザーなのですが、先日1つ新しいワイヤレスイヤホンを仕事の関係でいただきました(余っていたのを貰っただけなんですけど)。

いただいたのは中華製のいわゆる“格安ワイヤレスイヤホン”なのですが、いざお試しで使ってみたら「あれ?これ意外と使えるな…」と思いまして。なので今回はそれを皆さんと共有したいと思い、使用レビューを綴ることにしました。新しいワイヤレスヘッドホンの購入を検討している方の参考になりましたら幸いです。

今回僕が使用したのは中華製ワイヤレスイヤホン「H8」です。

ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,インナーイヤー式

僕が愛用しているワイヤレスイヤホン・ヘッドホン

「H8」を紹介するにあたって、普段僕が使用しているワイヤレスイヤホン・ヘッドホンとの比較も少ししたいと思いますので、先にそれらをお伝えしておきます。日頃僕が愛用しているものは以下の3つです。

  • Apple「AirPods 第1世代」:移動中に音楽を聴くときに使用
  • VANKYO「CY750」:仕事中・動画編集時に使用
  • TaoTronics「SoundLiberty 94」:移動中に音楽を聴くとき、またはジムで運動をするときに使用
  • ワイヤレスイヤホン,ワイヤレスヘッドホン,vankyo,ノイズキャンセリング,音質,高音質,低音,安い,軽い

    最近、Apple「AirPods 第1世代」はバッテリー持ちが悪くなってきている関係で使用頻度は低め。その代わり、VANKYO「CY750」とTaoTronics「SoundLiberty 94」のコスパ最強2トップはほぼ毎日使用していて大活躍してくれています。

    特にVANKYO「CY750」は音質◎、ノイズキャンセリング機能付き、マルチペアリング・マルチポイント(2台同時接続)対応、連続使用時間30時間超え、それでいて6,000円台で購入可能という鬼コスパなアイテムなので、大のお気に入りワイヤレスヘッドホン。今回の格安ワイヤレスイヤホン「H8」はこれらに割って入れるか。

    中華製ワイヤレスイヤホン「H8」の特徴

    今回中華製ワイヤレスイヤホン「H8」を急遽いただいたので、特徴などもイマイチわかっていませんでした。なので、まずはAmazon先生で特徴・商品概要を確認してみると、以下のような点がポイントとして挙げられていました。

  • 10時間連続再生可能(待機時間約240時間)
  • 無線Bluetoothブルートゥース5.0搭載で高音質
  • マルチペアリング(2台同時接続)にも対応。
  • ノイズキャンセリング機能搭載
  • マグネット収納機能で未使用時に首からネックレスのようにぶら下げることが可能
  • IPX5防水設計
  • 価格は2,799円(Amazonでの通常価格)。
  • ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,携帯

    商品概要をみてみると、なかなかすごいことが列挙されていました。特に「連続再生時間10時間」「マルチペアリング対応」「ノイズキャンセリング機能搭載」で価格がなんと2,000円台。さすが中華製、驚くほどのコスパです。

    ただ、そうは言っても中華製。そう、中華製なんです。本当に上記特徴が実現されているのか、値段を考えると少々疑わしいのが正直なところ。

    なので実際のところを試用して確認してみることにしました。


    中華製ワイヤレスイヤホン「H8」を細かく見てみる

    先日いただいたものが手元にあるので、中華製ワイヤレスイヤホン「H8」の全容を改めてご紹介します。Amazonでの通常の値段は2,799円のようですが、Amazonでは結構頻繁にセールや割引クーポンが発行されているので、タイミング次第では1,000円台で買えることもあるようです。

    パッケージ

    パッケージはこんな感じ。正直なところ、パッケージは安っぽいですね笑。お値段相応で、いかにも中華製のアイテムって感じ。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華

    あと商品名の「H8」ってのも、“ザ・中華製”ですよね。「アルファベット+数字」で名前を表すのは中華製アイテムでは定番。次の後継機が出てくると、数字が1つ増えるみたいな。

    全体

    「H8」は完全独立ワイヤレスイヤホンではなく、左右のイヤホンが繋がっているタイプ。首の後ろ側にくる部分は硬い素材になっています。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,コンパクト

    僕はこのタイプのワイヤレスイヤホンは今まで使ったことがなかったのですが、使っていないときに首に引っ掛けられるのは意外と便利かも。

    イヤホン部分

    イヤホンは耳穴に差し込むカナル式ではなく、耳穴に引っ掛けるだけのインナーイヤー式。僕はカナル式が苦手なので、インナーイヤー式は大歓迎。

    値段の割には結構しっかりとした作りになっていて、チープな感じはありません。これはプラス点ですね。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,高級感
    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,インナーイヤー式

    イヤホン背面にはマグネットが内臓されているので、使っていない時・首からぶら下げているときには左右のイヤホンをくっつけておくことができます。

    完全独立ワイヤレスイヤホンの場合、“ちょっとだけ外しておきたい”ときの着け外しや置いておく場所に意外と困ったりするんですけど、これならパッと外して首から下げながら歩いたりするときに便利。いいですね。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,マグネット

    リモコン

    リモコンは右イヤホン側についていました。プラスチックでできていて、ここの作りはちょっとチープです。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,リモコン

    ボタンはシンプルに3つだけ。真ん中に「マルチファンクションボタン」(電源ON/OFF、音楽再生、着信受信等)、それを挟むように「+/−」(音量の上下、音楽のスキップ等)のボタンがついてます。

    リモコン側面には充電用のmicro USBの端子が。できればUSB-Cの端子がよかったですが、これは値段から考えてもしょうがないですね。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,マイクロusb

    ちなみに左側にも「リモコンらしきものがついているなぁ」と思って見てみると、こちらには何もボタンがついていませんでした。バッテリーが内蔵されているのかな?ちょっとこの辺りは中華製なのでよくわかりません。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,

    イヤホンコード

    リモコンからイヤホンまでの間のコードは柔らかい素材になっていて、一般的な有線イヤホンと同じ感じでした。少し太め?な気もしますが、この方が断線のリスクは少なくなりそうなのでOK。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,ケーブル


    中華製ワイヤレスイヤホン「H8」を実際に使ってみた

    ひと通りチェックした後は、実際に中華製ワイヤレスイヤホン「H8」を使ってみました。

    デバイスとの接続

    デバイスとの接続はとっても簡単で、一般的なワイヤレスイヤホンと全く同じ。「H8」の電源を長押しでオンにし、あとはiPhoneのBluetooth接続画面に表示される「H8」の文字をタップするだけ。これですぐに接続が完了しました。

    いつも使っているAirPodsやVANKYO「CY750」などと比較しても、接続スピードは全く変わらなかったので、この辺りはなかなかよくできています。次回以降も電源をONにすれば自動で繋がります。

    マルチペアリング(2台同時接続)ができない…

    ただ、特徴にも挙げた「マルチペアリング(2台同時接続)」については、何度やってもできませんでした。説明書に書いてある通りの操作をしているんですが、どうやっても一台にしか繋がらない。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,軽い

    まぁ、説明書の操作説明も正直ちょっと記述が矛盾しているところとかもあったりして、怪しいなぁとは思っていたのですが。この辺りは中華クオリティですね。

    装着感・着け心地

    耳に着けてみると、装着感としては可もなく不可もなくといった感じ。イヤホンカバーが付属されていませんが、それはAirPods第一世代も同じなので、僕個人としては装着感としては悪くないように感じました。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,インナーイヤー式

    ただ、ちょっと耳から外れやすいような気もします。僕は比較的耳が小さい方なんですけど、それでも少し激しく動くと耳からポロッと落ちてしまう(動かずに使用する分には問題ありません)。

    やっぱりそういう意味でも、イヤホンカバーはやっぱりあった方がいいかも。百均とかにイヤホンカバー単体で販売されているので、それを付ければもう少し外れにくくなるはず。ただ、それでも運動とかにはあまり向いていない気がしました。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,携帯

    音質

    これは写真ではお伝えできないので恐縮ですが、音は思っていたよりも低音がしっかりしていてまずまずでした。格安イヤホンという点を考慮すれば、それほど悪くないのでは。

    ZoomでのTV会議でも使ってみましたが、相手の声もしっかり聞こえましたし、マイクも問題なく相手に声がちゃんと届いていました。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,高級感

    あと気になるノイズキャンセリング機能ですが、これははっきり言ってしまうと全くダメ。全然効きません。

    まぁインナーイヤー式のイヤホンでノイズキャンセリング機能を搭載するのは技術的に相当難しいはずで、現在販売されているノイズキャンセリング機能搭載のワイヤレスイヤホンもほとんどカナル式なんですよね(HUAWEIの「FreeBuds 3」とかはインナーイヤー式でノイキャン搭載だったと思います)。

    なので正直「H8」にノイズキャンセリングは期待していなかったので、落胆はありません笑。まぁ格安中華製ならよくあるパターンでしょう。


    中華製ワイヤレスイヤホン「H8」が向いている使い方・向いていない使い方

    良いところも悪いところもそれぞれそれなりにあった「H8」ですが、一通りチェックしてみてはっきりとわかったことがあります。それは「シーンを限定すればかなり使える(コスパが良い)」ということ。実際に使ってみて僕が感じた向いている使い方・向いていない使い方は以下の通りです。

    「H8」が向いている使い方

    このワイヤレスイヤホンが向いている使い方

  • デスクワーク・在宅ワーク中の使用
  • ZoomやTeamsなどでのTV会議での使用
  • 向いている使い方としては、基本的に座って仕事・作業をしている時やTV会議などの時になります。仕事やTV会議での使用であれば、そこまで高音質である必要もないですし(ノイキャンもなくても良い)、体は動かないのでイヤホンが外れてしまうこともない。「H8」の弱点の部分が影響しにくいわけですね。

    むしろデスクワーク・TV会議などでの仕様に限れば、僕個人としては結構使えると思います。音・マイクはそこまで悪くないのでTV会議レベルなら十分ですし、ちょっと立ち上がってコーヒーを淹れたりするときも首から下げられるのが意外と便利でした。

    安価に手に入るので、在宅ワークにはピッタリなアイテムだと思います。

    「H8」が向いていない使い方

    このワイヤレスイヤホンが向いていない使い方

  • 運動・ジムでのトレーニング中の使用
  • 移動中の使用
  • 向いていない使い方としては、運動中やジムでのトレーニング中の使用、移動中の使用になります。前述の通り、どうしても「H8」は耳から外れやすい。なので走ったり少し激しい運動をすると、おそらく耳からポロッと落ちてしまうと思います。

    またノイズキャンセリングも全く効かないので、雑音を消して集中してトレーニングしたいときや電車での移動中などは正直使いづらいのではないでしょうか。やはりオンライン会議などの体を動かさずに使えるシーンに限定した方が無難だと思います。

    ワイヤレスイヤホン,安い,格安,コスパ,マイク付き,テレワーク,zoom,中華,コンパクト

    当ブログの中の人の感想

    格安中華製ワイヤレスイヤホンということで、正直なところあまり期待はしていなかったのですが、使うシーンを限定すれば結構使えるなと感じました。

    特に「首から下げられる」、「マグネットで左右のイヤホンがくっつく」という点は意外と便利。これ使ってみないとその便利さになかなか気づけないと思うんですけど、一度この便利さを味わってしまうと離れられなくなります。

    今は在宅ワーク中とかZoomでの会議とかが増えていると思うので、そういったシーンで使う目的であれば十分良いアイテムだと思います(めちゃ安いですし)。ワイヤレスイヤホンの購入を検討しているは、ぜひチェックしてみてくださいね。


    1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。2017年に株式会社トリッジを設立し、Web・グラフィックデザイン、メディア運営の事業等を展開。経営者&アートディレクター&編集者&モノ追い人&旅人&スヌーピー大好きっ子。

    関連記事