• HOME
  • BLOG
  • ガジェット
  • 格安中華製スマートウォッチを選ぶ時のポイントは?現ユーザーが大事な点を解説します

格安中華製スマートウォッチを選ぶ時のポイントは?現ユーザーが大事な点を解説します

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,バッテリー,長持ち

ポイント④:フルタッチスクリーンかどうか

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,タッチスクリーン

比較的新しいものであれば、画面のどこを触っても操作ができる「フルタッチスクリーン」になっていますが、ちょっと古いスマートウォッチだと画面下部しかタッチに反応しなかったり、画面はタッチ操作できなくて横のサイドボタンでのみ操作可能なものもあったりします。

やはりフルタッチスクリーンの方が操作しやすいですし、様々な機能に最短でたどり着ける(操作数が少なくて済む)ので、なるべくフルタッチスクリーンのものを選ぶのをお勧めします。

ポイント⑤:運動系・健康系モードはどの中華製スマートウォッチも同レベルなので気にしなくていい

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,連携

結構運動系のモード(各種運動時の消費カロリーなどを計測)や健康系モード(心拍数、血中酸素、睡眠時間などを計測)の違いを気にされる方が多いと思いますが、実際のところ格安中華製スマートウォッチの場合は、どのウォッチでもこの機能の精度はほとんど同レベルです。

これは中に入っている計測用のチップ(?)が、どのメーカーも同じものが使われていることが多いからだとか。なのでこの部分の精度の面では比較時に特に気にしなくてOKかと思います。

ちなみに、運動系モード全般と、健康系の中の心拍数や睡眠時間などは、中華製でも結構正確みたいです。ただ血中酸素や体温計測については、正直精度としてはあまり正確ではないらしい。おまけ程度の機能と割り切って考えた方が良さそうです。

ポイント⑥:日本語対応しているかどうか

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,アプリ

あと意外と見落とされがちなところですが、スマートウォッチと対応アプリが日本語対応しているかどうかも、事前にチェックするのをお勧めします。ものによっては全く日本語が表示されない(全て英語のみ)ウォッチもありますし、一応日本語対応しているものの訳が変でわかりづらいものなども結構あります。

これについてもAmazonの商品購入画面のサンプル画像などをしっかり見て、表示のチェックをしておくと良いと思います。


格安中華製スマートウォッチを購入するならどこで買うのがお得?

ひと通り格安中華製スマートウォッチを選ぶときのポイントなどをお話ししましたが、あとはどこで購入するとお得に買えるのかも書いておきます。

僕が色々調べた限りでは、やはりAmazonで購入するのが一番お得かなと感じました。Amazon以外(Yahooショッピング、楽天など)でももちろん買えますが、Amazonだと最近頻繁にスマートウォッチのタイムセールをやってるんですよね。僕も実際にタイムセールで2,500円くらいで購入しました。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,パッケージ,Z12

Amazonのセール時だと、中華製スマートウォッチは約30〜40%くらいは値引きされる傾向があるので、もともと格安な3,000円台の時計でもさらに安くなって2,000円前半とかで購入できちゃう。

特にAmazonのタイムセールの頻度がスマートウォッチは非常に多くなっているので、「これ良さそう」と思った時計があったらセールになるまでちょっと待って購入すると良いと思います。たぶん少し待つだけでタイムセール対象になってくれると思うので。

まとめ:自分にとって「何が必須なのか」をしっかり考えた上で選ぶのがマル

本当にたくさんの格安中華製スマートウォッチが販売されていて、購入するとき迷ってしまう方も多いと思いますが、大切なのは自分の中で「何が外せないのか」を明確にしておくことだと思います。

僕も「ウォッチフェイスがとにかく多いもの」「メールやSNSの通知・内容がきちんと表示されるもの」など、自分にとって必須条件を考えた上で、それに合ったものを丁寧に探すようにしたので、満足のいくスマートウォッチに出会えました。

細かなところでそれぞれのウォッチは異なることも多いので、購入を検討している方は、ぜひ今回の記事を参考にしていただきながら、自分に合ったスマートウォッチを探してみてくださいね。

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事