ウォッチフェイス250種類以上。高コスパなZagzog「Z12 スマートウォッチ」購入レビュー。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,軽い




スマートウォッチ、買いました。

スマートウォッチが流行ってきてますよね。僕は元々腕時計が好きで、色々と持っているのですが(以前下の記事等でもご紹介しています)、最近はスマートウォッチもちょっと気になっていまして、ついに購入してみることに。

今回なかなか良い感じのものに出会えたので、それを皆さんと共有したいと思い、購入レビューを綴ります。同じようにスマートウォッチの購入を検討している方のご参考になれば幸いです。

今回僕が購入したのはZagzog「Z12 スマートウォッチ」です。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,黒

人気の「Apple Watch」じゃなくて安価な中華製を購入したワケ

そう、今回僕が購入したスマートウォッチは、いわゆる“中華製”のモノ。現在スマートウォッチというと非常に多くのブランド・メーカーから様々な種類のものが販売されていて、特に人気を集めているのが「Apple Watch」。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,
出展:Amazon

もちろん僕も今回購入を検討するにあたって「Apple Watch」も候補にあがっていたのですが、改めて自分の“スマートウォッチに求めるもの”を考えてみると、実は「Apple Watch」ほどの高機能は必要ないんじゃないかなという結論に至ったんですよね。

今回僕がスマートウォッチに求めていたことは以下の点です。

①健康・運動面の記録(歩数・消費カロリー・睡眠時間等)がとれる
②メールやSNSの通知が見られること
③ウォッチフェイス(待ち受け画面)が変えられること
③バッテリーが長持ちであること

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,フルスクリーン

この4点。特に最近運動をよくするので、その時に着けて簡単・手軽に歩数や消費カロリーをとったり、メールやSNSの通知を確認したかった。

それでスマートウォッチに興味があったんですが、その上で色々と調べてみると、実はこの程度なら「Apple Watch」ほどの高機能なモノは全然必要ないことがわかったんですよね。むしろ「Apple Watch」はバッテリーの持ちが非常に悪いことで有名だったので、④の条件から外れてしまう。

そこで候補として出てくるのが中華製のスマートウォッチです。中華製のものは「Apple Watch」と比べれば機能的には劣るんですけど、僕が求めているレベルの機能であれば十分備えている。そして値段はAppleのそれの約10分の1程度。これは買うしかない、という結論に至ったわけです。

そもそも「Apple Watch」と中華製スマートウォッチは根本的な仕様の違いがあるんですけど、これについてはまた別の記事で書きたいと思います。


Zagzog「Z12 スマートウォッチ」のここが良い

そんなこんなで今回は中華製のスマートウォッチを購入することにしたわけですが、ただ中華製のものでも現在は非常に多くの種類が販売されていて、どれを選んでいいか最初はすごく悩みました。

で、めちゃくちゃ調べて最終的にZagzog「Z12 スマートウォッチ」を選びました。こいつが中華製ウォッチの中でもなかなか高機能で、僕が求めている条件をバッチリ満たしてくれていたんですよね。

特に僕が気に入ったところは以下の点です。

  • 複数の運動機能があって歩数・運動距離・時間・消費カロリーなどを記録できる
  • 電話・メール・SNS(LINE、Facebook、Twitterなど)の着信を通知してくれて、メッセージも読める
  • ウォッチフェイスがデフォルトで250種類以上用意されている。かつ自分で撮った画像もウォッチフェイスにできる
  • バッテリーがめちゃくちゃ長持ち。1回の満充電で12〜15日間は連続使用できる。
  • それでいて値段が3,980円という超安価。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,待ち受け

中華製スマートウォッチって本当に今種類が多いんですけど、実はちゃんと調べてみると、1つ1つは少しずつ「できること・できないこと」が異なります。

例えば、「LINEの着信を通知してくれるけど、メッセージの中身までは読めない」とか、「ウォッチフェイスが替えられるけど、4種類くらいしかデフォルトでは用意されていない」とか。

それぞれ一見すると些細な違いにしか見えないんですけど、いざ使うとなるとその違いが結構大きかったりするんですよね。なので中華製スマートウォッチを購入する際は、結構細かいところまで事前にチェックしないと、自分の好みのモノ(欲しい機能・条件)に出会えません。

今回僕はかなり細かく下調べをして購入したので、自分好みのウォッチに出会うことができました。Zagzog「Z12 スマートウォッチ」は完璧に条件を満たしてくれたのです。

とにかく高機能でコスパ最強の時計。メーカー公表の仕様も以下に載せておきます。機能については後述します。

  • サイズ:16.2×9.4×2.4cm
  • 電池:リチウムイオン電池
  • カラー展開:1色(ブラック)
  • バンド交換:可能
  • 通信方式:Bluetooth
  • 耐水レベル:IP68防水(生活防水)
  • 専用アプリ:あり(HeroBandⅢ)


Zagzog「Z12 スマートウォッチ」を細かくみてみる

先日Amazonで購入したものが手元にあるので、Zagzog「Z12 スマートウォッチ」の全容を改めてご紹介します。元々の定価は3,980円ですが、Amazonでは頻繁にタイムセール等を行なっているので、この時計もタイミング次第では2,000円台で購入可能です。僕もセールで買いました。

同封物

まず同封物。以下のものが入っていました。

  • スマートウォッチ本体
  • ベルト2種類(シリコン製)
  • 充電ケーブル
  • 説明書

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華

同封物としてはシンプル。中華製ですが、説明書は日本語対応しています。ただちょっと日本語がわかりにくいところもあるので、少し想像力を働かせる必要があるかも笑。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,説明書

全体外観

全体外観はこんな感じ。全体的にとってもシンプルな表情で、マットブラックのベゼルがお洒落。横にはサイドボタン(リューズ)が1つ付いているだけです。見た目的には「Apple Watch」にとても似ています。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,高級

本体裏には各種センサーが付いていて、ここで運動機能や心拍数・血中酸素などを測定する模様。なかなかよくできてる。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,センサー

センサーの上には充電ケーブルを付ける接続部もあります。ここは磁石式になっているので、ケーブルをそっと乗せるだけで充電が開始されます。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,充電
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,充電方法


画面

画面はスクウェアタイプで、1.4インチスクリーンが採用されています。他のスマートウォッチよりも少し大きめで見やすい。ただ表示画面が端っこまで広がっていないので、上下のベゼルが少し余っているのはちょっと残念。「Apple Watch」だと端まで綺麗に表示画面が入っているんですよね。まぁこの辺りは値段が安いのでしょうがないところでしょうか。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,フルスクリーン

ただフルタッチスクリーンなので、画面のどこを触っても時計を使うことができます。中華製の他のスマートウォッチの中にはフルタッチスクリーンじゃないモノ(画面下部に付いているボタンでしか操作ができない)もあるので、この辺りはよくできています。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,タッチスクリーン

ベルト

ベルトはシリコン製でとっても柔らか。長い時間着けていても腕が痛くなりません。留め方はフックを引っ掛けた後に内側に通すタイプ。最近のスマートウォッチに多い形です。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,バンド

Zagzog「Z12 スマートウォッチ」にはこのベルト以外にも、通常の時計のベルト(フックを引っ掛けた後に外側に通すタイプ)も同封されているので、好みで付け替えることも可能です。もちろん、別売のベルトも装着できます(ベルト幅は19mmだそうです)。その日のファッションに合わせてベルトを替えるのも良さそう。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,バンド,20mm


Zagzog「Z12 スマートウォッチ」を実際に使ってみた

ひと通りチェックした後は、実際にZagzog「Z12 スマートウォッチ」を使ったところをご紹介したいと思います。

スマホとの連携方法

このスマートウォッチはスマホと連携することで、全ての機能が使えるようになります。スマホとの連携方法はすごく簡単で、専用アプリ「HeroBandⅢ」をインストールした上で、スマホとZagzog「Z12 スマートウォッチ」をBluetoothで繋ぐだけ。

説明書にやり方も書いてあるので、誰でもすぐに連携できます。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,スマホ連携

Zagzog「Z12 スマートウォッチ」でできること(使える機能)

Zagzog「Z12 スマートウォッチ」はなかなか多機能なので、とりあえずできること(機能)を一覧でご紹介しておきます。

  • ウォッチフェイス変更
  • 目覚まし時計
  • 8つの運動モード(歩く・ランニング・自転車・縄跳び・バドミントン・バスケ・サッカー・水泳)
  • 心拍数計測
  • 血中酸素計測
  • メール・SNS等のメッセージ閲覧
  • 現在の天気・明日の気温確認
  • スマホカメラ遠隔操作
  • 音楽再生・停止、音楽次へ送る・戻る
  • タイマー
  • スマホを探す

めちゃくちゃ多機能。これで3,000円前後で購入できるんだから、すごい時代になったものです。
各種機能を使った時の実際の画面は以下のような感じ。結構見やすいです。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,機能
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,万歩計
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,睡眠
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,心拍数

運動系データ・睡眠データはスマホアプリにも蓄積される

運動系のデータや睡眠データはスマートウォッチでも確認できますし、スマホのアプリではさらに詳しいデータが見られます(1週間のデータも蓄積されます)。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,アプリ
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,スマホ


着信はメッセージもきちんと表示される

電話・メール・SNS(LINEやFacebook等)からの着信もきちんと通知されます。スマートウォッチによっては「着信があった」ということだけしか通知されないものもありますが、Zagzog「Z12 スマートウォッチ」はちゃんと画面でメッセージ文面も読めます。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,通知

ちなみにZagzog「Z12 スマートウォッチ」で対応している通知は以下の通りです。僕は仕事でGmailを使っているので、これも通知してくれるのは嬉しい。Gmailはスマートウォッチによっては通知してくれないものも多いです。

  • 電話
  • メッセージ
  • Facebook
  • Twitter
  • WhatsApp
  • WeChat
  • Instagram
  • Skype
  • KakaoTalk
  • Line
  • その他(Gmail等)

ウォッチフェイスがめちゃくちゃ豊富だから、つい替えたくなっちゃう

そしてこのZagzog「Z12 スマートウォッチ」の大きな特徴の1つでもあるのがウォッチフェイスの豊富さ。モノによっては3〜4種類くらいしか用意されていない時計もありますが、Zagzog「Z12 スマートウォッチ」はデフォルトで250種類以上用意されています。アプリを使えば簡単に好みのものに替えられるので、僕は今のところ毎日替えています。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,ウォッチフェイス
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,見やすい

自分で撮った写真もウォッチフェイスに設定できる

あとなかなか凄いのが、自分で撮影した写真もウォッチフェイス・待ち受けに設定できるんですよね。やり方もすごく簡単。アプリ経由で写真を指定するだけ。時計の位置や文字色も替えられるので、カスタマイズ性能もいい感じ。ここまでできる中華製スマートウォッチは結構レアです。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,待ち受け
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,ウォッチフェイス,種類

本当に高機能。何度も言うようですが、これで3,000円台ですからね。コスパが良過ぎる。


Zagzog「Z12 スマートウォッチ」の気になったところ

めちゃくちゃ高機能で値段も安いスマートウォッチ。すごくお気に入りになったのですが、気になったところもあります。それは充電ケーブル。

充電する時は前述の通り本体裏の接続部に充電ケーブルを乗せて充電するのですが、ここの磁石が弱いのか、ちょっと揺れただけでケーブルが外れてしまいます。なので充電する時はケーブルが外れないように注意しないといけないので、ここがちょっと不満。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,充電方法

あと、替えのケーブルは入っていなかったので、この充電ケーブルが壊れてしまうと充電できなくなってしまうのも気になる。Micro USBやUSB-Cのケーブルで充電するなら問題なかったのですが、専用ケーブルなので大事に使わないといけませんね。

スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,充電

このスマートウォッチが向いている人・向いていない人

総じてZagzog「Z12 スマートウォッチ」はとっても良い感じだったわけですが、一通りご紹介したところで、改めて良いところ・悪いところを踏まえながら「このスマートウォッチが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

このスマートウォッチが向いている人

  • 「Apple Watch」ほどの超高機能なスマートウォッチはいらない人
  • 日頃の運動・健康系データを手軽に記録したい人
  • 色々なウォッチフェイスを使いたい人
  • 安価でめちゃくちゃ高コスパなスマートウォッチが欲しい人
このスマートウォッチが向いていない人

  • 画面全体に表示域が広がっているスマートウォッチが良い人
  • 中華製はやっぱり不安…という人
スマートウォッチ,Apple Watch,apple,高機能,安い,中華,パッケージ,Z12

当ブログの中の人の感想

ついに僕もスマートウォッチを買ってみましたが、想像していた以上に良い。特に今回スマートウォッチについてかなり調べたのですが、中華製のものの進化のスピードが凄いですね。中華製というと「安かろう悪かろう」のイメージもまだありますが、スマートウォッチ界においてはこのイメージは当てはまらないと思います。

とにかくコスパ抜群なので、僕のようにまだスマートウォッチに手を出したことのない人の“入門機”としても最適。購入を検討しているは、ぜひチェックしてみてくださいね。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪