• HOME
  • BLOG
  • ホビー
  • 奥が深い。プレゼントに最適な「テディベア」の人気ブランドや価格を調べてみた。

奥が深い。プレゼントに最適な「テディベア」の人気ブランドや価格を調べてみた。

テディベア,人気,シュタイフ,ブランド

僕には姪っ子がいるのですが、その子は最近テディベアが大好きらしいのです。

なので今度のクリスマスにテディベアをプレゼントしてあげようかなと思い、色々調べていたのですが、テディベアの世界の奥深さにびっくりしました。世界中にコレクターがいるのも納得できる。

“日々の生活を豊かにしてくれるもの”という、当ブログのテーマにもぴったりなアイテムだと思ったので、今回は僕のテディベア備忘録という意味も含めて「テディベアの世界」を綴ってみたいと思います。

誕生日やクリスマスのプレゼントを検討中の方々の参考にもなれば幸いです。

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,初めて
引用:シュタイフ公式オンラインショップ

そもそも「テディベア」って何?

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,初めて

テディベア。その名前を聞けば多くの方がそのフォルムなどを容易にイメージできる、それほどに世界中に浸透しているぬいぐるみ。

テディベアは昔から熱狂的なコレクター・マニアがいることもよく知られていますが、なぜそこまで人気を集めているのか、僕はこれまでよくわかっていませんでした。

そもそもテディベアとはどのようなぬいぐるみのことをいうのか、それも実はボヤッとしていたので、今回改めてその定義を確認してみると、日本テディベア協会のHPには以下の通り書かれていました。

テディベアには基本的に厳密な定義はありません。 現在ではクマのぬいぐるみ全般をテディベアと呼んでいます。日本テディベア協会

僕にとっては、いきなり衝撃の事実。まさか定義なしとは笑。ただ定義が広いからこそ、様々なスタイルのテディベア(クマのぬいぐるみ)が生まれ、世界中の人々に愛され続けているとも言えるかもしれません。

ただ、気になるのは「クマのぬいぐるみ全般をテディベアと呼んでいます」という一言。これはつまり、北海道の木彫りの熊に代表されるような、鮭を咥えた荒々しい表情のクマのぬいぐるみがあったとしても、それもテディベアと呼んで良いということでしょうか?僕は定義通りテディベアと呼ぶことにしますが。


テディベアの名前の由来

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,人気

テディベアについて段々と興味が湧いてきたので、続いてテディベアの名前の由来についても調べてみました。こちらも日本テディベア協会のHPを見てみると、次のような記載が。

“テディベアの”テディ”というのは、 アメリカ第26代大統領セオドア・ルーズベルトの愛称からきています。ルーズベルト大統領は熊狩りに行き、瀕死のクマに出くわしました。ところが、大統領は打ち殺すことを拒み、その熊を助けました。その出来事が美談としてワシントンポスト紙に掲載されました。それを見たお菓子屋さんが、一体のクマのぬいぐるみを作り、セオドア・ルーズベルトのニックネーム”テディ”をもらって”テディベア”と名付けたのがはじまりと言われています。日本テディベア協会

ルーズベルト大統領が関係しているというのは、昔TV番組でチラッと聞いたことがあったのですが、なるほどこんな背景があったんですね。

「シュタイフ」の存在も重要

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,初めて
引用:シュタイフ公式オンラインショップ

ただもう少し調べてみると、「シュタイフ」というメーカーもテディベアという名前が定着するにあたって重要な役割を担っていたことも判明。

先ほどのルーズベルト大統領の話に加えて、ドイツの人気ぬいぐるみメーカーであった「シュタイフ」が博覧会にクマのぬいぐるみを出品したそう。それがアメリカで大ブームとなり、「テディベア」と呼ばれるようになって、名称が定着したということらしいです。

人気アイテムに歴史ありですね。

ルーズベルトの行為は本当は“美談ではない”

ルーズベルト,大統領,テディベア
引用:ナショナルジオグラフィック公式HP

そして名前の由来に関してもう1つ面白い話も知りました。前述の「ルーズベルトが熊を助けた話」には実は真実が漏れているそうで、というのもルーズベルトが熊を撃たなかったのは決して助けたかったからではなく、「瀕死の熊を撃つのは“狩猟でなはい”と思ったから」だったという。

色々調べてみたところ、実際にこの時のクマはルーズベルトに撃たれなかったものの、その後ナイフで止めを刺されているらしい。エピソードとして人伝てに語られていく中で、いつの間にか「殺さずに生け捕りにした」という美談に変わっていってしまったということでしょうか。

しかもルーズベルトはこの美談をうまく利用し、1904年の選挙の時にはテディベアのバッジを付けて好感を呼び、再選を果たしています。深く調べすぎて、段々とルーズベルトが憎くなってきたので、名前の由来についてはこの辺りで終わりにしておきます。

テディベアの価格帯

テディベア,シュタイフ,ぬいぐるみ,プレゼント,可愛い,安い,初めて

プレゼントするときにどうしても気になってしまう価格について調べてみました。そして調べてみて改めてわかったところとしては、価格は本当にピンキリだということ。

比較的安価なモノであれば数百円から2,000〜3,000円程度のものも多いのですが、上を見上げてみると数万円〜数十万円もするようなレアリティの高いテディベアもありました。

本格的なコレクターの方だと、そのレアリティの高いものまで集めているのでしょうね。しっかりコレクションしようとすると、結構お金がかかる趣味になるんだろうなということも痛感。姪っ子にはあまり深入りしないように伝えたい笑。

NextPage:テディベアの人気ブランドは?

編集者兼アートディレクター。裏の顔はカメラ・ガジェット・おしゃれで便利な雑貨等を愛するモノ追い人。

関連記事