お洒落・個性的・安い。最高の名刺入れHIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,レディース




新しい名刺入れ、買いました。

デジタル化が進む現在でも名刺は社会人にとってまだ必需品。僕は社会人になって初めて購入した名刺入れに想い入れがあって、ずっと使い続けていたのですが、さすがにかなりくたびれてきていまして。

そこでそろそろ買い替え時かなと思い、色々と探していたところ、なかなか良い感じのモノを見つけたので、購入してみました。今回は先日僕が購入したその名刺入れについて購入レビューを綴りたいと思います。新しい名刺入れの購入・買い替えを検討されている方の参考になれば幸いです。

今回僕が購入した名刺入れはHIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」です。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,メンズ

これまで使っていた名刺入れはこれ

僕が社会人になって初めて購入し、ずっと使い続けていた名刺入れは、このBurberryの名刺入れ(改めて見ると相当年季入ってますね)。シンプルで無難なものを使っていました。当時は小物系のアイテムは全部Burberryに揃えていたので、この名刺入れだけでなく財布やパスケースもBurberryでした。

名刺入れ,Burberry,バーバリー

その後財布やパスケースは何度か買い換えたのですが、名刺入れだけそのまま使い続けることに。親戚が社会人のお祝いで買ってくれたものだったので、想い入れがあったんですよね。

ちなみに小物系でこれまで一番買い換えた回数が多いのは財布。今はとっても小さくてミニマルなミニ財布「サンローラン タイニーウォレット」を使っています。

今回名刺入れを探す時に重視していたこと

十数年ぶりに新しく名刺入れを買い換える上で、どんな名刺入れを買おうか考えたのですが、主には以下の点を選ぶ際のポイントにしました。

①自分の名刺と、もらった名刺を分けて収納できる
②ミニマルなデザイン
③スタイリッシュでビジネスシーンに合う

シンプルにこの3つの要素を重視することにしました。特に①は大事。名刺入れにはポケットが1つしかないタイプも結構ありますが、それだと自分の名刺ともらった名刺が名刺入れの中で混ざってしまうんですよね。

もらったらすぐに別の名刺管理用のカードケースとかに入れ直せば良いんでしょうけど、僕は結構もらった名刺も名刺入れに溜め込んでしまうタイプ。なので自分のものといただいたものは分けて収納できる名刺入れがよかったわけです。

あとはやっぱりビジネスシーンで使うアイテムなので、落ち着いたスタイリッシュなデザインのものであることも大切でした。


HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」のここが良い

そこで色々と名刺入れを探していたときに、HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」をAmazonで見つけました。とっても使い勝手が良さそうで探していた条件にぴったりだと思い、すぐさまAmazonでポチり。

HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」の特筆すべき特徴は以下になります。

  • 自分の名刺ともらった名刺の2つを分けて収納できる。
  • 強力なマグネットを使って名刺を挟み込む仕様。取り出し時の“所作”がスマートに見える。
  • ミニマル・スタイリッシュでお洒落な表情
  • それでいて価格がとっても安い
名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,使いやすい

このHIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」の一番の特徴は、名刺をマグネットで挟んで収納するという点です。片側15枚程度の名刺ならしっかりホールドしてくれるとのことで、磁力はかなり強力。名刺が落ちる心配はありません。

自分の名刺ともらった名刺も分けて管理できますし、デザインもとってもスマート。それでいて価格はなんと定価2,200円という安さ。人と違う個性的な名刺入れでお洒落度も抜群だったので、とっても心が躍りました。

ブランド公表の仕様も念のため以下にまとめておきます。

  • カラーバリエーション:7色展開(ブラック、レッド、ネイビー、グレー、ベージュ、ブラウン、ライトピンク)
  • サイズ:幅10.5 × 高さ7.5 × 奥行1.0cm
  • 素材:PU(フェイクレザー)、磁石
  • 重量:84g
  • 収納力:片側に約15~20枚、計30~40枚程度収納可能

HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」を細かく見てみる

先日Amazonで購入したものが手元にあるので、HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」の全容を改めてご紹介します。購入したカラーはブラック。僕はモノトーンの小物が大好き。

パッケージ

パッケージはこんな感じ。マット系のお洒落な箱に、銀押しで「DOUBLE FLAP CARD HOLDER」の文字が印字されています。安価なアイテムですが、パッケージから高級感が漂っています。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,黒,モノトーン

名刺入れ全体

パッケージを開けて名刺入れ本体を取り出してみると、とってもミニマルでお洒落な「ダブルフラップカードホルダー」本体が登場。素材は本革ではなくフェイクレザーですが、その分しっとり柔らかな手触りが最初から楽しめます。

2,200円には到底見えない高級感も良い。ビジネスシーンでポケットから取り出せば、スマートに見えること間違いなしでしょう。厚みもほとんどなく、薄くフラットなデザインなので持ち運びもしやすそうです。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,黒,かっこいい
名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,使いやすい

名刺収納部

「ダブルフラップカードホルダー」を開いてみると、名刺の収納部が現れます。中はベロア生地になっていて、名刺を柔らかに支えてくれる。ここも高級感があって良いですね。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,ユニーク
名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,コスパ

肝心の名刺の収納部にはマグネットが内蔵されたフラップが2つ付いていました。自分の名刺を挟むフラップには「Give」の文字が、もらった名刺を挟むフラップには「Take」の文字がさり気なく印字されていて、これまたお洒落。フラップ部分も表面の素材・デザイン感がそのまま使われています。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,マグネット
名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,渡す
名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,便利

渡す名刺・もらう名刺の収納部がはっきり分かれているので、名刺入れ内での管理もしやすい。名刺を一定期間溜め込んでしまうタイプの僕にとってはわかりやすくて嬉しい仕様です。


HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」を実際に使ってみた

一通りHIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」をチェックしたあとは、実際に名刺を入れて使ってみました。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,レディース

手元にあった名刺をとりあえずフラップに挟んでみました。マグネットは思っていたよりもしっかり。正直なところ、名刺が落ちてしまうのではと少し心配していたのですが、これなら本当に落ちることはなさそう。結構強力です。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い

名刺も簡単に取り出せました。マグネットがしっかりしているので取り出しづらいのかな?とも最初は思ったのですが、意外なほどに取るときはスムーズ。「落ちない、でも取り出しスムーズ」って、素晴らしいですね。もちろん、もらった名刺を挟むのも同様にスムーズにできます。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,簡単

この「カードを挟む・スライドして取り出す」という動きは、ビジネスシーンではすごくスマートな“所作”に見えるのではないでしょうか。良い感じです。持った時の重量もとても軽い。スーツやジャケットの胸ポケットに入れていても、ほとんど重さを感じないと思います。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,ミニマル

気になったところ

HIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」の気になったところとしては、名刺の収納枚数。マグネットで挟むタイプなので、大量の名刺を収納しておくのは難しそう。

名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,軽い

公表の収納枚数では片側15枚程度までとのことなので、やはりある程度もらった名刺が溜まってきたら、別の名刺ホルダーなどにきちんと移す必要があります。僕みたいなズボラ人間にとっては、きちんと名刺を管理するきっかけになるかもしれないので、むしろ良いことかもしれませんね。


この名刺入れが向いている人・向いていない人

一通りご紹介したところで、改めてHIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」の良いところ・悪いところを踏まえながら「この名刺入れが向いている人・向いていない人」という視点で、以下に整理してみました。

この名刺入れが向いている人

  • 人とはちょっと違うお洒落な名刺入れが欲しい人
  • 自分の名刺ともらった名刺を分けて収納できる名刺が欲しい人
  • ビジネスシーンに合うスマートな名刺入れがいい人
この名刺入れが向いていない人

  • 大量の名刺を収納できる名刺入れがいい人
  • カラフルで派手めな名刺入れがいい人
名刺入れ,お洒落,ビジネス,ハイタイド,安い,革

当ブログの中の人の感想

本当に久々に名刺入れを買い替えましたが、やっぱり小物が変わると気分が上がりますね。特に今回購入したHIGHTIDE「ダブルフラップカードホルダー」は、周りの人のモノとはちょっと違うユニークでお洒落なデザインになっているので、ついつい無駄に使いたくなってしまうほど。価格も安いですし、かなり良い買い物でした。

新しい名刺入れを購入予定の方は、ぜひチェックしてみてはいかがでしょうか。男性でも女性でも使えるユニセックスなデザインだと思うので、お洒落さんにおすすめです。





ABOUTこのブログの中の人

1984年東京生まれ。 デザイナーであった親の影響もあり、学生時代からデザインに関心を持ち、デザインの中ですくすくと成長。大学卒業後は都内出版社に入社し、編集部で書籍やWebサービスの企画・編集・ディレクションを幅広く担当。その後経営企画部を経て独立し、2017年に株式会社トリッジを設立。 現在は、同社でWeb・グラフィックデザイン、メディア運営等を展開。著書に『ひと目で伝わるプレゼン資料の全知識』(株式会社インプレス、2020年3月発行)がある。 趣味は、美味しいものを食べて飲んでケラケラ笑うこと♪